キャンプ

道具

黒船到来か!R5.8の冬用エアマットがネイチャーハイクから登場!即寝レビュー!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ネイチャーハイクの新作エアマット。 嘘か誠か、R5.8っていうんだから気にならないわけがありません。 悩みましたが買っちゃったのが届いたところです。実際に使ってみた感想は即買いで良かったなと思ってます。 今回はネイチャーハイクの新作R5.8エアマットをレビューしていきます。 R値 スリーピングマットの断熱性を表すR値
道具

【アンキルアンケート】ツイッターのハンモッカー達に聞いたアンダーキルトの話!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ここ数年で急激に増加しているハンモック泊を楽しむハンモッカー達。 購入ハードルが高い海外通販が主流ながらアンダーキルトの使用者も増えて情報も出回り、冬のハンモック泊デビューもしやすくなったはずです。 しかし、情報の多くが検索性の悪いTwitterにとどまり、一ヶ所に集約されていないのも事実。 今回はTwitterに潜む変
道具

カフ付き大きめテムレス05overshell!雪山登山者待望の加工無しで使える防寒テムレス!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 雪山登山、雪遊び、冬キャンの食器洗い、冬のバイク、日々の雪かきにと使われる冬の味方「防寒テムレス」 本来の用途が何だったのかなんてメーカーの想定に収まらないのが優秀な道具たらしめる所以。 冬前に登場した新作ということで実用前のファーストインプレッションですが、テムレス自体は使い知られた製品で使用感に問題はないでしょう。
道具

【2022-23】冬に着たい最新の化繊インサレーションウェア100着以上を比較!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ここ数年で一気に定着したジャンルのアクティブインサレーション。 最も暖かい化繊中綿と言われるPrimaLoft Gold Insulation with Cross Core。 裏地無しで綿が剥きだしなのに中綿ウェアに属するPOLARTEC Alpha Directや帝人 OCTA。 保温力ではダウンに敵わないまでも、強
道具

KEEN ジャスパーⅡ WPレビュー!街からキャンプまで使えるオールウェザースニーカー!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! どんなに寒くても雪の無い時のキャンプはサンダルで過ごしてましたぜつえんです。 脱ぎ履きしやすく濡れにも強いサンダルはキャンプの必需品だと思っています。 とは言っても保護力は甘く、気づいたら足を怪我してることもあれば雨の日や朝露のキャンプ場では足がずっと濡れたままでシワシワになってしまうのもサンダル。 やはり靴は必要だろう
ノウハウ

山林マッチングサービスYAMAKAS!山主とキャンパーを繋ぐレンタル野営場!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! キャンプをするために個人で山を購入、という話が珍しくない昨今。 そうは言ってもソロキャンプをするためだけに山を購入できるはずも無いし、というのが大多数でしょう。 そんな人のいない場所で自由にキャンプがしたいけど、山は購入出来ないし・・・と考えてる方に教えたいサービスが山所有者とキャンパー間での山林区画を貸し借りができる山林マッ
道具

夏キャンプはかき氷しか勝たん!とろ雪×ポータブル電源×冷凍庫でオシャレかき氷!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ひたすらに暑い夏キャンプ。 外で使える電化製品が増えたことで夏キャンの過ごし方も変わってきます。 アウトドアで過剰な電気に頼るのも考え物ですが、それでも便利さには勝てません。 今回は夏キャンプでオシャレなかき氷を作って優勝しようぜ!な話をしていきます。 ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 手ごろな価格でオシャレな
ノウハウ

アウトドアの遊び方を決める天気予報の見かたとおすすめサイト!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 大型連休に強風が重なったときはgoogle検索で「キャンプ 強風」のワードがあらぶります。 強行してるのか、天気で予定を決めていくことができない不自由なアウトドアマンが多いのか。 天気に左右されやすい自然の中で遊ぶ以上、天気予報を読みとって予定を立てるスキルは必須。 これ天気図から天気を読めといってるわけでは無いんです。
道具

HammockGear INCUBATORカスタム 0℉(-17℃)対応のハンモック用アンダーキルトをレビュー!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ハンモッカーにおいて(金額的に)最大の課題であるアンダーキルトの選択と入手。 良い物を求めると海外通販からの購入になってしまい購入自体のハードルの高さも上がります。 何シーズンもマットや代替えキルトを駆使することでアンキル無しで北海道の冬季ハンモック生活を乗り越えてきました。 が、そろそろ手に入れちゃってもいいよね。と弱
ノウハウ

友人と行くアウトドアはCanvaでしおりを作って行く前から楽しもう!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ソロボッチでのアウトドアが多かった私ですが、釣りとスキーを始めてからは友人と遊びに行くことが増えてきました。 "友人とするアウトドア"に特別な感情を抱く陰キャなわけで、そのせいか何か喜んでもらえることをしたいと思うわけです。 毎回色々と用意をするわけですが、自分主催なときは"しおり"を作ることが増えました。 これから行く
レビュー

スノーピークのOD缶充填元が韓国の会社でMSRやジェットボイルと同じかもって話!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 誰も興味も湧かなければ気にもしないし調べようなんて思わない、そんな話が大好きです。 この記事を読む前も読んでからも何もわかってないし、何も変わらない無意義な内容であることは先に断っておきましょう。そこへの期待は裏切りません。 ガスバーナーを使うためのアウトドア用ガスカートリッジ「OD缶」はブランド間で一概に同じではありません。
道具

冬のアクティビティでグローブを履いたままスマホが使えるタッチペンのススメ!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 雪が降るとお外遊びが楽しくなってしまう道民です。 冬山、冬キャン、ウィンタースポーツとやりたいことが多くて時間がいくらあっても足りません。 そんな冬のアクティビティで不便を感じるのがグローブを履いているとスマホが操作しにくいこと。 わざわざ手袋を外すのは手間ですし、「スマホタッチ対応」と売られている手袋も操作性は低かった
読者質問

【読者質問】AS WINGS2は登山とキャンプで使う初めてのテントにどうでしょう?

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 桜が散り、暖かくなってアウトドア欲が増してきます。 新規参入者が多いこの時期はアウトドアショップも大繁盛。 テントや寝袋といった大物はしっかり吟味して購入される方が多く、ネットで調べ、お店で実物を見てもまだ悩みます。 巡り巡ってこんなド田舎のブログにも道具選びを相談に来る人がいても、なんら不思議ではありません。 と
キャンプ

プロキャンパーさん(笑)のブログ運営者だったのでプロキャンパーのことを考えたw

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 先に書いておくと流行の最先端を切り取ったネタ記事です(笑) Twitterなどで数日前から「プロキャンパー」というワードを見かけてて怪しい雰囲気を感じてました。 よくよく見て行くと「あれ、もしかして私ってプロキャンパーさんなのではっ!?」と思ったので取り上げてみた次第です。 今回はネタっぽくプロキャンパーさん(笑)ってな
道具

ハンモックの調整が簡単になるウーピースリングの使い方と作り方!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 使ったことがない人がネットの情報だけじゃ中々理解できない道具「ウーピースリング」 ハンモックを設営するのに使うツリーストラップの中のひとつで、一度使ってしまえば調整が簡単になる便利な道具ですが、文字での説明ではややこしく難しいものに思いがち。 軽量コンパクトでハンモックをベンチや素早く設営撤収することを考えると使い勝手の良いツ
道具

テントのスペック表記である最小重量と総重量の違いについて!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! みんなが不確かで曖昧に覚えてることを明確にする、のは需要のあることだと思ってます。 ときに、テントを探しているときに見かける「最小重量〇〇g(総重量△△g)」の表記の意味を知っていますか? どっちが何の重量なのか、意味は知ってるけどどちらを参考にすべきか、最小重量と総重量の差がテントごとに違うのをどう考えればいいのか等。
読者質問

【読者質問】ソロキャンプとテント泊登山にTFS PANGOLIN2.0は役不足ですか?

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 読者からのレスポンス(コメントとや問い合わせ)は数少なく、一人淡々と書き続けているこのブログ。 道具の選び方や遊び方を提唱しているわけですが、万人受けする記事は浅く広くざっくりになりがちで、個人ブログのメリットが生きてきません。 理想はアウトドアショップのように読者とぼくの一対一で、それぞれの思考やスタイルに合わせて個別で対応
キャンプ

ソロキャンプブームで自分が「独りキャンプ」だったことに気付いた話!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! やあやあ、ここ数年はキャンプが大流行だ。 さらに一人でするソロキャンプも急成長でブームがきている。 ブームの良し悪しは時々だが、趣味を楽しむ人が増えればその業界は盛り上がって、道具も増えれば遊び方も増える。それは嬉しい事なのだ。 結果、ぼくを含めSNSでもソロキャンパーを名乗る人をよく見かけるようになった。 でも、