冬のアクティビティでグローブを履いたままスマホが使えるタッチペンのススメ!

冬アクティビティ タッチペン 道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

雪が降るとお外遊びが楽しくなってしまう道民です。

冬山、冬キャン、ウィンタースポーツとやりたいことが多くて時間がいくらあっても足りません。

そんな冬のアクティビティで不便を感じるのがグローブを履いているとスマホが操作しにくいこと。

わざわざ手袋を外すのは手間ですし、「スマホタッチ対応」と売られている手袋も操作性は低かったり、使っていくうちに反応しにくくなってきて満足のいくパフォーマンスは得られません。

そんな時にタッチペンがあればグローブを履いたままでも快適にスマホが操作できます。

今回はタッチペンにひと手間加えて冬のアクティビティを快適にしてくれるライフハックです。

ricoh theta sc2

冬のスマホ操作問題

雪へジャンプ

寒い寒い冬のアクティビティと切っても切れないグローブ(手袋)。

 

手袋を脱ぎ掛け

そんなグローブを履いてると、スマホを操作するときにはこんな感じで半脱ぎで対応したりとひたすらに手間がかかりますし、手が冷えてしまいます。

そんな手間とはもうお別れ、タッチペンを持って快適に遊ぼうぜって話です。

ricoh theta v

使いやすいタッチペン

冬のアクティビティ タッチペン

ゴム紐+タッチペンとか、イヤホンジャックにタッチペンとか、色々試してきましたが最近考えたこれが最適解であると確信してます。

 

冬のアクティビティ タッチペン

といっても引っ張れば伸びるリールキーホルダーにタッチペンを付けただけですが。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

黒いプラフックも付けて、ザックやウェアへの着脱をしやすくしました。

安く簡単に作ることができるので数個用意してそれぞれのザックに付けても良さそうです。

ウェアに付ける場合は胸ポケットのジッパーに付けると使いやすいです。

あとはサコッシュなんかに付けても便利。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

グローブを履いてても掴んで伸ばすのアクションでスマホ操作が出来ます。快適。

小さく短いリールキーホルダーを探し出して、あえて25cmしか伸びないモノを手に入れました。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

トリガータイプやミトンタイプなどの厚手グローブでも脱がずにスマホを使えるのが良い所です。もう手を冷やさないっ。

手袋もレイヤリングで2~3枚は重ねることも多々、もうタッチペン無しでは生きていけません。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

タッチペンの長さは好みですが、以前使っていた長いタッチペンは操作性は高いのですが邪魔でした。

今回は邪魔にならないを4.5cmのタッチペンを選びました。

ricoh theta sc2

使った道具

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

使った道具はこの3つ。

フックも、リールキーホルダーも、タッチペンも、同じ機能があれば何でもOKです。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

これを繋げるだけの簡単自作タッチペン。

これで約13gの快適ツールです。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

ビックのライターミニや6.5インチのスマホを並べてこのサイズ感。

おもちゃみたいなミニサイズです。

タフで軽量コンパクト!アウトドアでBICライターがオススメな理由!

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

ミニフックだと付ける場所が少し限定されてしまいます。

そんなときはカラビナにするのもありでしょう。ケースバイケースです。

 

タッチペン

タッチペンはイヤホンジャックに付けて使うミニサイズが嵩張らず便利です。

必要無ければイヤホンジャック差し込みパーツは外して使いましょう。欠点は5~10個程度のセット販売しかないこと。

あと短い分、使い勝手は悪め。長文を打ったり長時間使うには向きません。

アリエクスプレスはめちゃやすです。

 

邪魔にならない短さよりも使いやすさ重視なら長めのタッチペンが断然おすすめ。

通販でも買えますが、100均で1本売りを手に入れたほうが手軽。

長いタッチペンは紐を付けにくい構造になってるものも多いので注意。

あと下リンクのようなやつはキャップが取れるので接着剤で固定+紐取付を推奨。

 

冬のアクティビティ タッチペン リールキーホルダー

先月のアリエクスプレスのセールで探し出した一番小さいリールキーホルダー。

直径約2cmのリール収納部で、25cmまで伸ばすことができます。

ほぼ同じミニサイズが100均ダイソーにも置いてました。タッチペン含め、100均で作れます。

無理すると即壊れそうですが、負荷のかかりにくいタッチペンなので問題無し。

 

Amazonなどではこのサイズを見つけれなかったので現状アリエクスプレス限定。

 

国内で手に入るものだとこの4個セットが一番小さそうでした。

タッチペンリールセット4個作ればザックやウェアに複数付けて使いまわせて便利。友達にあげても喜ばれそうです。

 

フックはニフコのフックを使いました、が10個程度で買うと割高なのでカラビナとかにしちゃうのもアリ。

付け外しを考えなければリールキーホルダーを直接ザックに付けちゃうのも良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

日頃文字数が多い、書くのも読むのも大変な記事が多いこのブログ。

自分と読者へのハードルを下げたいなと思って書き始めたサクッと読めるタッチペン記事でした。

しっかり書くつもりのないレビュー記事はこんな感じでサクッと書いていくことも覚えたいモノです。

スポンサーリンク

コメント

  1. ORION より:

    私も同じような経緯を辿り冬キャンではタッチペンを使うになりました。
    ただバネ係数にもよりますがリールで引っ張られる感じが好きではなくて
    袖ポケットに1mmの細引きでつないでいます。
    リールは落としたくないスマホに付けています。

    しかしAliexpressってこんなに安いんですね。
    リールが壊れたら次はここから買おうかな。

    • ぜつえん ぜつえん より:

      ORION様
      コメント頂きありがとうございます。
      以前はゴム紐+タッチペンをポケットやザックに付けてましたが、ゆらゆらするのが邪魔でリールにしてみました。
      たしかにリールの引っ張られる感じは好みが出そうですね。長くスマホ使う場合なら気になりそうです。
      スマホ関連の小物なんかはAliExpressおすすめです!