ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

焚き火調理の直火で使えるクッカー素材はどれかという話

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190825233852j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

焚き火や炭火で調理するときに使うクッカー、鍋やフライパンですがどんなものを使うことができるか知っていますか?

実はどんなクッカーでも使うことができます。しかし向き不向きがあるので自宅用ではなく、アウトドア用のクッカーがあるのです。その中にさらにガス向き、直火向きがあるわけです。

今回は焚き火で調理をするときに使うクッカーの素材と形状での向き不向き、オススメなモノを紹介していきます。

 

合わせて読んでほしいクッカーの素材ごとの特徴記事!

www.zetuenlife.com

 

 

 

直火とは

f:id:zetuenlife:20190830235335j:plain

本来直火とは鍋を使わずに火で直接食材を焼く調理のことです。網での焼肉などが直火調理になります。

ただIHなども普及し、ガス火も直火と呼ばれるようになっています。

そしてキャンプでいわれる直火とは焚き火や炭火で調理で、焚き火などで使える鍋を直火で使える鍋と言われることが多いです。

ここでは焚き火や炭火で使える鍋のことを「直火で使える鍋」として紹介をしていきます。

焚き火と炭火

f:id:zetuenlife:20190831001745j:plain

炭を使った場合も、薪を使った焚き火もどちらも直火でいいでしょう。

ただ炭では使えるけど焚き火では使えないという物はありますが、その逆は基本ありません

炭火の場合は調理後に少し白い粉が鍋につくことがある程度。

ただ遠赤外線で火が出ないですが、周囲は高温になるので取っ手が溶けるなどは起こりやすいのが炭火です。

 

どんな鍋でも使える

f:id:zetuenlife:20190831002044j:plain
結論から言ってしまうと直火で使えないクッカーというものはありません

家で使っているフライパンでも、キャンプの焚き火で使うことが可能です。

ただ使えはするけど、ススだらけで真っ黒になるので、もう家で使おうとは思えない状況になるというのが実情です。

 

クッカー、コッヘル、鍋の違い

キャンプで使う調理用の鍋をクッカーやコッヘルと呼びますが実は全部同じものです。

クッカー→英語での鍋のことで、コッヘル→ドイツ語での鍋のこと。

呼び方の違いでしかないので、クッカーでもコッヘルでも構わないわけです。

個人的なイメージですが、コッヘルはスタッキングできたり、ふたがフライパンになるタイプの登山用のコンパクトな鍋を表すイメージです。

クッカーはふたがフライパンにならないような鍋を表すイメージがあります。

鉄製のダッチオーブン、スキレット以外の物は深型もcocoパンなどのフライパン形状もまとめて鉄鍋と呼んでいます。

フライパンや鍋、ケトルなどは形状を指して使うことが多いです。ただぼくはフライパンもクッカーもまとめて鍋と呼んでいます。

ただ大きく分ければ全部「」です。

 

向いていない鍋

火の出方

直火に向いていない鍋を紹介。

f:id:zetuenlife:20190831222637j:plain

まず焚き火とコンロでの火の違い

コンロやバーナーはガスを燃やすため燃焼効率が非常に高く青い火がでます。完全燃焼しているため火が青くなります。

結果ススもでません

そして火の出る量は調節できますが、鍋の底を効率的に熱することができるようにできていて、火の直径がそこまで広くないです。

フライパンなどがそうですが、取っ手が熱されずに効率的に調理ができます。

www.zetuenlife.com

 

f:id:zetuenlife:20190831222335j:plain

焚き火の場合は木を燃やすため乾燥状態にもよりますが、燃焼効率は悪く、不完全燃焼となります。結果ススがでます。

そして焚き火台のサイズ、薪の大きさ、燃やし方で火の面積は大きく変わるため鍋の取っ手が金属以外の場合は容赦なく溶けていきます。

 

f:id:zetuenlife:20190625091653j:plain

焚き火に自由に鍋をかけることを考えると鍋に溶ける素材が使われていなく、金属のみでできているものが便利です。蓋のつまみなども金属製なら上からの火にも強いです。

実際焚き火用をうたう製品は金属のみでできているものがほとんどです。

しかしフライパンで取っ手が溶けないように置いたり、上に取っ手がついて樹脂素材のついたヤカンなどは気を付けることで直火に突っ込むことは十分可能です。

ただ焚き火に入れる場合はスス問題が発生します。そこは覚悟しましょう。

 

ススが付く前提

f:id:zetuenlife:20190831225952j:plain

焚き火での調理では不完全燃焼のため黒いススがどんどんついていきます。

登山用の軽いフライパンや鍋、ヤカンなどは便利ですが、ススが一度付くともう登山に持っていこうとは思えなくなります。クッカーも適材適所ということです。

対処としてはアルコールを塗っておく、金たわしでこする、などなんとかできなくもないのですが、毎回毎回手間がすごいのかかりますし、スマートじゃないです。結局焚き火以外では使わない鍋になってしまいます。

それなら最初から焚き火に入れる用のススが付く前提のクッカーを用意するのが都合がいいのでは?というのがぼくの考えで、多くのキャンパーが思ってることのはずです。

 

向いている鍋

f:id:zetuenlife:20190212101426j:plain

向いてない素材から消去法で焚き火に向いてる鍋を考えると

・金属で溶ける素材を使っていない。

・ススがついても落としやすく、落とさなくても気にならないもの

です。

溶けないというのは結構簡単で金属のみにできるものならなんでも大丈夫です。

たとえばメスティンでも、取っ手の部分を外せば焚き火にかけることができます。

ただ真っ黒になりますが。

 

f:id:zetuenlife:20190212101511j:plain

ススが落としやすいのは硬い金属を使っていて強くこすっても傷つきにくく、へこんだりしない厚みのあるものです。

素材でいうと鉄>ステンレス=チタン>アルミとなります。

メスティンもそうですが、アルミのクッカーだと強度が低いためこすりすぎるとへこんだり、ススを落とそうと磨いたときに傷だらけになってしまいます。またアルミで空焚きしてしまうと穴が開きます。メスティンで燻製をして穴が開いた画像を時々見ます。

ステンやチタンなら強度が強いので厚さ次第なのですが、簡単にへこんだりはしないです。そのため焚き火用のヤカンやダッチオーブンなどでもオールステンレス製のものが多いです。

 

f:id:zetuenlife:20190831232255j:plain

そして鉄製品が最も焚き火に向いています

武骨な見た目でキャンプっぽさも出ます、雰囲気も盛り上げてくれます。

強度は圧倒的で空焚きで使うこともできます。また元から黒いためススがついても目立たないのが嬉しいポイント。

そして蓄熱性が高く、熱伝導率の高いスキレットやダッチオーブンなどの鉄鍋で作る料理はとてもおいしいです。直火から自宅までヘビーデューティに使えて、手入れをしてブラックポット化するまで育てるのが魅力な道具の代表格でもあります。

ただひたすらに重たく、手入れの手間がかかるのがデメリットです。

重いのが嫌な場合はステンレス製のダッチオーブンがオススメです。SOTOのダッチオーブンですね。

www.zetuenlife.com

 

焚き火にオススメな鍋&クッカー

飯盒

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 炊飯器 林間丸型ハンゴー 4合炊きM-5546

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 炊飯器 林間丸型ハンゴー 4合炊きM-5546

 

ぼくが焚き火で一番使うのがこの飯盒。丸形のキャプテンスタッグのモデルが便利です。

冬は一人で鍋をすることが多いのですが、そんな時はこの飯盒に具材を詰めた状態で持っていき、水を入れて焚き火にかけるだけです。

あとご飯炊けます。飯盒なので。ぼくは登山クッカーかスキレットでしか炊きませんけど。

 

チタンマグ

マグカップというと飲み物を飲むように思ってしまいますが、チタンマグも600ml以上なら立派なクッカーです。またマグカップサイズでも直火にかけれるチタンマグは重宝します。ぼくが使っているLixadaの1100mlチタンマグがツルもついていてソロの焚き火料理に使いやすくて重宝しています。ソロでも鍋やラーメン、おでん、お湯沸かしと多用途に使うことができます。しかも安い。

チタンは炒める料理には向きませんが茹でるには便利です。なによりチタン製品は軽いのがいい。

 

ダッチオーブン

キャンプと言えば焚き火、焚き火料理といえばダッチオーブンみたいなところがあります。焼き、蒸し、炒め、茹で、燻し、といったすべての料理に対応して味も一段上のクオリティにしてくれるダッチオーブンは非常に魅力的な道具です。

なによりのメリットは上火の使いやすさ。炭や薪を鍋の上に置くことでオーブンのように上から熱することができ、熱とうま味を閉じ込めて調理をすることができます。ピザのような上に焼き目のほしいものにも有効です。

ダッチオーブンにはより蓄熱性の高い鉄製と取り扱いの容易なステンレス製があります。

 

ユニフレームの黒皮鉄板製のダッチオーブンは鉄の性能を持ちながら表面加工で使い勝手も良く鉄鍋初心者から上級者まで使いやすいアイテム。

 

ステレンスダッチといえばSOTO。洗剤を使ってガシガシ洗うこともできるため手入れに癖がなく誰でも簡単に使うことができます。ただ比べると鉄ほどの蓄熱性はないです。それでも家とアウトドアで大活躍の一生モノのダッチオーブンとなってくれます。

 

村の鍛冶屋のアウトドアブランドTSBBQもステンレスのダッチオーブンを出しています。

素材の違うステンレスでアルミを挟んだ3層構造のステンダッチです。間にアルミを挟むことで熱伝導率をあげ、ステンレスで強度、錆び耐性、蓄熱性を上げています。鏡面磨きのボディもかっこよく魅力的です!スタイリッシュなダッチオーブンならこちら!

 

ヤカン

ヤカンは強度に優れるステンレス製が使い勝手がいいです。

ツルのついているモデルにすると吊るして焚き火に突っ込むこともできるので焚き火では重宝します。

家でも使うことができますのでお気に入りの見た目、サイズがオススメです!

 

ぼくも使ってるイーグルプロダクツのケトルはステンレス製ですが、底面を銅コーティングしてあります。アルミ以上の熱伝導率を誇る銅と広い底面で沸騰スピードの速さと北欧ブランドの焚き火に似合う武骨なデザインが魅力です。

700mlと1.5Lなど小ぶりなサイズがあるのでソロキャンプ向きです。

 

スノピ、ユニフレーム、コールマンが同形状で出しています。王道な縦長のケトルです。

吊り下げるツルには溝があるためずれずに中心で吊るせます。横について取っ手は上部にあるタイプよりも注ぎやすく使い勝手がいいのが魅力ですよ。

コールマン ファイアープレイスケトル 2000026788

コールマン ファイアープレイスケトル 2000026788

 

 

鉄板

焚き火クッカーではないですが、焚き火調理をするものとして鉄板は最適です。

mooseのフライアンは極厚6mmの鉄板で木の枝を取っ手にして焚き火に突っ込むことができます。そんな工作と鉄板料理を楽しめるのはキャンプでもなかなか経験できないですよ!

 

スキレット

LODGE (ロッジ) ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3

LODGE (ロッジ) ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3

 
極 SONS 鉄 フライパン プレミア 26cm COCOpan C103-002

極 SONS 鉄 フライパン プレミア 26cm COCOpan C103-002

 

定期的にスキレットブームが来る日本ですが、ロッジのスキレットは5㎜の厚さでどんなものも上手に焼けます。シーズニングも済んでいるので購入してからの手間がないのもいいところ!

そしてcocopanのフライパンは厚さ1.6㎜と薄い分軽量で取っ手も取れるため収納性に優れているのが魅力。プレミアフライパンは3.2㎜あります。

窒化鉄でできているので錆びにくく、鉄鍋初めての人でも使いやすいです!形状さサイズも豊富でどんな人数や料理でも使いやすいです。ぼくも勢い余ってcocopan3枚持ってますし。

 

鉄ホットサンドメーカー

f:id:zetuenlife:20190901000800j:plain

ホットサンドメーカーといえばバウルー、ではなくoigenも忘れないでほしいところです!

南部鉄器のホットサンドメーカーでもちろん鉄製です。

焚き火に突っ込むことに真価を感じるホットサンドメーカーはOigenのホットサンドメーカーくらいではないでしょうか。

パンがサクッと焼けて定期的に食べたくなります!

南部鉄 ホットサンドメーカー F-416

南部鉄 ホットサンドメーカー F-416

 

 

まとめ

焚き火で使える鍋は強度も強く、自宅でも使うことができます。

お気に入りの鍋を一生モノの愛用品にするのも素敵ですよ!

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com