ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

中国のAEGISMAXの寝袋をほぼ全種類調べたので選び方を紹介!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20191106162156j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

中国のダウンシュラフメーカーでいま最も勢力が強いのがAEGISMAXです。

展開している寝袋は高品質でラインナップも豊富です。日本ではまだ発売されていないモデルも多くありますが、どんどん侵略されていくことでしょう。

それでは、AEGISMAXの寝袋をほぼ全部調べたので紹介していきます。

 

ある程度寝袋の知識がないとわからない部分もあります。

ダウン量で保温力を見る知識があるとわかりやすくなります!

www.zetuenlife.com

 

 

AEGISMAX(イージスマックス)

AEGISMAXは中国南京市の寝袋、ダウン製品メーカーです。

メーカー名のAEGIS(イージス)には保護、支援などの意味があります。外気から人を保護するという意味でしょう。MAX(マックス)は最大、上限を意味します。

AEGISMAXは「最大限に保護する」という意味合いを持っています。寝袋メーカーらしい名前ですね。

つづりを手打ちするときは「あえじすまっくす」と脳内再生してます。

現在公式サイトが長らくメンテナンス中でカミングスーン状態です。大規模なパワーアップでもしてくれたら嬉しいんですけどね。

 

ロゴ

f:id:zetuenlife:20191106150712j:plain

出典:AliExpress

ロゴも新しくなっているようです。

左が旧ロゴ、右が新ロゴです。

もし古いロゴの場合は温度表記や現行品とスペックが異なる場合もありますので注意です。

 

AEGISMAXの寝袋

中国製の寝袋というと低価格低スペックな印象ですが、AEGISMAXは中価格高スペックです。国内メーカーの同グレードの寝袋と比較すると安いですが、激安ではないです。
そこが逆に良い製品感出てるなあと思います。
中華寝袋という認識でみて安くないじゃん、となるのはあまりにもったいない性能です。
ただダウンの洗浄は甘いようで届いた寝袋が獣臭いというレビューが多いです。その場合はダウン用の洗剤を使い洗濯をしてから使いましょう。
気にならない人は気付きませんし、洗濯の手間を考えてもAEGISMAXのコスパは圧倒的に良いです。

 

寝袋の種類

f:id:zetuenlife:20191106154317j:plain

出典:AEGISMAX

AEGISMAXの主要な寝袋はGシリーズDシリーズ。どちらもマミー型のシュラフです。フラグシップモデルのGシリーズと廉価版Dシリーズです。

それぞれ製品の型番がG1~5、D1~5まであり、数字が大きくなるほど保温力の高いモデルとなっています。(G1、D3、G5等で表記されます)

Gはグースダウン、Dはダックダウンを表していると思われます。

一般的にダックダウンよりもグースダウンのほうが上質と言われています。

AEGISMAXの寝袋は700FP以上がグースダウン、650FPがダックダウンとなっています。そのためGシリーズは800FPグースダウン、Dシリーズは650FPダックダウンです。

 

そしてMシリーズ。軽量性重視の寝袋です。

Mシリーズは現在MINI・M2・M3の3種類。MINIとM2はフードなしのマミー型。M3はフード付きでG・Dシリーズと同じ見た目です。

800FPグースダウンでGシリーズ同等のハイエンドなスペック。保温力的にはMシリーズは夏~3シーズン用で冬用モデルは出していません。

ちなみに同じ番号、例えばG3・D3・M3で比べた場合の保温力はG3>D3>M3となっています。

 

他にもキルト型、チューブ型、フード付き封筒型、封筒型、子供用なども存在しています。

 

サイズ

サイズがM、Lと2サイズあります。Mが176cmまで、Lが196cmまでとなっています。175cm以上だとLがオススメ、というレビューもありました。ちなみにMサイズが左ジッパー、Lサイズが右ジッパーです。

保温力は変わりませんが、Lのほうが大きい分ダウン量が多く重量も重くなっています。

無駄に大きいモデルを選ぶと足元に冷気がたまりやすくなるので適切なサイズを選ぶ必要があります。ギリギリサイズの方は動画やレビューなどを参考に調べるといいでしょう。

 

保温力の表記

f:id:zetuenlife:20191019160515j:plain

中国メーカーにしては珍しくAEGISMAXはEN13537(ヨーロピアンノーム)規格での表示です。NANGAやモンベルと同等の表記です。

ヨーロピアンノーム(EN)とはEU諸国での寝袋の温度表記を統一する規格です。第三者機関が公平に行う検査で信頼性の高い表記と言えます。

温度は3段階で表されます。

コンフォート→一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域。

リミット→一般的な成人男性が寝袋の中で丸まり8時間寝られる温度域。

エクストリーム→一般的な成人女性が寝袋の中で膝を抱えるほど丸くなった状態で6時間まで耐えられる温度域。

ヨーロピアンノームはアンダーウェアを着せたマネキンで測定している数値で、寝るときの服装にもよりますが一般にコンフォート+5度くらいが目安となります。

 

スタッフバッグ

AEGISMAXの寝袋についてくるスタッフバッグはコンプレッションできるものです。

ギチギチにしめることでかなり小さく収納できます。ただ締めすぎると中のダウンが潰れダウン自体にダメージを与えてしまったり、膨らみにくくなる原因となります。あまり閉めすぎないことをおすすめします!また防水スタッフバッグに変えるのもアリです。

そして保管用のメッシュバッグはついてくるモデルもある。という感じのようです。全部ではないようです。

ダウンシュラフはオフシーズンや長く使わない時もスタッフバッグにいれておくとダウンが膨らみにくくなる原因となります。ダウンは大きなスタッフバッグでゆったりと保管するものなのです。

 

一覧表

f:id:zetuenlife:20191106150007j:plain

ぼくが作った表ですが、AEGISMAXの主要な寝袋をまとめてみました。

生地の厚さのD(デニール)がわかるものは記載しています。

使うナイロンに差はありますが、モンベルのダウンハガー800が10D、 NANGAのUDDBAGが15Dです。

AEGISMAXはiFlexナイロンにDWR(超耐久撥水)加工したものを外生地に、肌に触れる内生地はiFlexナイロンをソフトにしたものを使っています。

 

ではこの表を参考にしてそれぞれの寝袋をさらに細かく紹介していきます。

 

Gシリーズ

f:id:zetuenlife:20191106152142j:plain

出典:AliExpress

AEGISMAXの寝袋のフラグシップモデルのGシリーズ

形状はシンプルなマミー型のシュラフ。800FPの高品質なグースダウンを封入してます。

カラーは青と黒の2色。青の場合は外が青で内側が黒、黒なら逆の配色です。

ボックス構造なのはもちろん、ドラフトチューブやバックネッフルなどしっかりと冷気の侵入を防ぐ作りになっています。またダブルジッパーで足元からも首元からもあけることができ換気しやすくなっています。

登山やバックパックキャンプ、自転車旅など軽量性を求める人向けなモデル。

 

G1

Gシリーズで保温力が一番低いタイプ。

それでもダウン380g封入でコンフォート3℃です。グレード的にはNANGA280やモンベル#3相当だと思われます。春~秋にかけての3シーズンシュラフという立ち位置ですね。

冬にキャンプしない人ならこれ1つで事足りるでしょう。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX G1 Series Adult Outdoor Ultralight Camping 800FP White Goose Down Mummy Spring Autumn Sleeping Bag

 

G2

コンフォート-2℃のダウン664g封入モデル。NANGA450やモンベル#2相当のグレードです。

初春~晩秋に対応するより広範囲な3シーズンモデル。軽量化して登山をする人なら上限ダウンを着込んで冬の山もこのグレードで対応しています。

年中キャンプしたくて1つで対応するならこの寝袋です。ただ夏は暑い。

AliExpress.com Product - AEGISMAX G2 Outdoor White Goose Down Mummy Camping Sleeping Bag Cold Winter Ultralight Baffle Design Camping Splicing FP800

 

G3

コンフォート-8℃、ダウン952g封入の寝袋。NANGA750やモンベル#1~0相当のモデル。

北海道の冬キャンプ、冬~厳冬期の2000m級の山に対応する寝袋。国内の平地冬キャンプ~車中泊なら困ることがないであろう保温力です。

よほど寒がりでない方が初めての冬キャンプ用の寝袋を買うならこれがいいでしょう。G4だと暑すぎて冬用になってしまい、秋や春用の寝袋が別に必要になってしまいます。 

AliExpress.com Product - AEGISMAX G3 M Adult Outdoor Camping White Goose Down Sleeping Bag Ultralight Autumn Winter Mummy Sleeping Bag

 

G4

コンフォート-12℃、ダウン1236g封入。NANGA900、モンベルEXP、イスカエア810相当の一般的に国内で使われる最上級クラスの寝袋。

厳冬期3000m級の登山、ヒマラヤや極地遠征を視野に入れれるクラスです。

かなり寒がりの方でTシャツ短パンで寝たいキャンパーで使う人がいるモデル。

AliExpress.com Product - AEGISMAX G4 Series Winter Outdoor Keep Warm Camping Tent 800FP White Goose Down Sleeping Bag

 

G5

コンフォート-23℃、ダウン1500g封入モデル。

イスカのデナリ1100相当。ぶっちゃけ国内で必要なシーンが思いつかないレベル。厳冬期の稜線でテント無しでも寝れそうですが、ほかの要因で限界きそうです。

ただ中国製を考慮して厳冬期登山用でこのグレードにするのは、なしではないかな。というところでしょうか。それでもいらないですが。

AliExpress.com Product - AEGISMAX G5 M Outdoor Camping Winter White Goose Down Mummy Sleeping Bag 196X78CM

 

Dシリーズ

650FPダックダウンの廉価版モデル。Gシリーズ同形状のシンプルなマミー型のシュラフです。ただGシリーズと比べて金額差があまり大きくないので、あえてDを選ぶ必要はなく、個人的にはGシリーズを買うほうが満足度は高いと思います。

D1~3を買うならならG1~3をオススメ、オートキャンプや車中泊用にコスパ重視でD4かD5買うなら有かなと思います。

 

D1

コンフォート10℃、ダウン400g封入。NANGA180やモンベル#5相当の保温力。

D1の温度表記がすごい控えめに見えるのは何故だろうか。もっと暖かいと思うのだけど。この表記なら寝袋重量がG1と同じ722gでありながらダウンの差で保温力は大きく下回ります。がんばってG1買ってくれという物に見えてしまいます。

AliExpress.com Product - AEGISMAX D1 Series 650FP White Duck Down Mummy Outdoor Camping Ultralight Sleeping Bag

 

D2

コンフォート0℃、ダウン700g封入。G1とG2の中間のグレードです。

ただ重量が992gでG2が1006gとほぼ同じ、それで保温力低いのでひたすらに廉価版。値段は4000円ほどG2より安いです。積雪期以外なら使えるグレードですね。でもG2にしなよ。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX D2 M Series Outdoor Camping Ultra-Light Mummy White Duck Down Spring Autumn Winter Down Sleeping Bag 196x78cm

 

D3

コンフォート-5℃、ダウン1000g封入。これもG2とG3の中間くらいの保温力。

重量はG3と同じ1294gです。金額差は5000円ほどと少し開きますが、寝袋の耐用年数を考えればあえてこちらは選ばないでほしいと思う差。

AliExpress.com Product - AEGISMAX D3 Series Outdoor Camping Ultralight Keep Warm 650FP White Duck Down Mummy Type Sleeping Bag

 

D4

コンフォート-10℃、ダウン1300g。これもG3とG4の間の保温力。

それでいて重量はG4相当の廉価版。厳冬期用で使用頻度も少ないですが、この金額で冬キャン気楽にできると思うと格安です。

G4からはかなり値段があがり、金額差1万円ほどになるためD4にするのもありかなと思います。ただ車移動で寝袋を担がない人の話で、バックパックキャンプや登山ならG4でしょう。必要ない保温レベルだけどG4でしょう。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX D4 Series Outdoor Camping Autumn Winter 650FP White Duck Down Mummy Sleeping Bag

 

D5

コンフォート-17℃、ダウン1500g。これまた国内敵無し無双クラスです。これもG4とG5の中間保温力で重量はG5相当。

アリエクでG5が37000円、D5が27000円ほど。必要なさすぎるグレードなので困っちゃいますが車中泊などならD5ですね。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX D5 M Outdoor Camping Down Sleeping Bag Winter White Duck Down Sleeping Bag

 

Mシリーズ

800FPの20Dナイロンと少し厚手。といっても一般的にはシャカシャカな薄い生地。

MINIとM2はフードなしで、M3はフード付きのモデルです。裏技的に低身長の人がフードなしのLサイズ買って全身入るということもできます。

そして申し訳ないですがMが何の略かわからなかったです。ミニマムやマミーかなと思いましたがM3が異質のためちょっと違いそう。なんのMでしょうね。

ULを意識して軽量性重視なMシリーズなのは間違いないですね。

 

MINI

日本のAmazonで一番売れてるAEGISMAXの寝袋がこれ。

コンフォート11℃、ダウン230gの狭めな3シーズンモデル。重量515g。Amazonだと440gでアレ?という感じ。ものは同じだと思うのですが。

シングルキルト構造のためコールドスポットができやすいですが、夏用だと軽量性との兼ね合いで仕方ないですね。

国内レビューでは2~3℃での使用した際には何度も起きた、10℃くらいなら快適に寝れる、と言った感じです。夏用ですね。

 

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX MINI 800FP Ultralight Goose Down Outdoor Sleeping Bag Mummy Type Splicing 43℉~52℉ Camping Hiking Waterproof

 

M2

MINIの綿増量モデル。コンフォート7℃、ダウン380g。重量566g。

3シーズンを想定するならMINIよりもこちらがオススメ。こちらもシングルキルト構造は変わらずですが綿が多い分、安心感が大きいです。夏山のテント泊なども冷え込むことがあるためMINIよりM2が使い勝手良さそうです。

AliExpress.com Product - AEGISMAX M2 Ultralight 800FP 95% Goose Down Sleeping Bag Camping Mummy Type Splicing Outdoor Hiking 36℉~45℉ Warm Windproof

 

M3

Mシリーズフードなしじゃないんかーい。と思ってしまったマミー型のM3。

コンフォート0℃、ダウン500g封入。3シーズン用ですね。

保温力としてはG1とG2の間でD2と全く同じ。ただD2よりもわずかに軽量。

正直D2との構造的な違いがわからないモデルです。金額もG2とD2の中間で、ほんとによくわからない。G1.5って表記なら納得できるのにというモデル。

AliExpress.com Product - New Aegismax M3 Lengthened Mummy Sleeping Bag Ultralight White Goose Down Sleeping Bags Winter Outdoor Camping Hiking 210cm*82cm

 

その他の寝袋

NANOシリーズ

NANOシリーズはNANOとNANO2の2種類展開。どちらもフードなしモデル。もしかするとMINIもこのシリーズの仲間かもしれないです。

 

f:id:zetuenlife:20191106185257j:plain

出典:AliExpress

MINI→800FPダウン230g重量440gコンフォート11℃。全面シングルキルト構造。FPが高くシングルキルトで軽量性重視

NANO→700FPダウン250g重量480gコンフォート10℃。シングルキルト構造、寝袋の上側の上半身の前のみボックスキルト構造。保温力と軽量性とコスパ重視

NANO2→700FPダウン350g重量624gコンフォート5℃。全面ボックスキルト構造。幅広い3シーズンモデルのため全面ボックスキルトで保温性重視

 

ちなみにM2は800FPシングルキルトでNANO2同等の保温力を持った軽量性重視モデル。ややこしいですね。

AliExpress.com Product - AEGISMAX NANO Outdoor Camping Ultralight Tent Mummy White Goose Down Three Season Sleeping Bag Nylon Bag Portable splicing

 

LETO

700FPグースダウン使用のモデル。LETOはシリーズではなく1つのみの展開です。

ダウン350gコンフォート7℃、G1とD1の中間の保温力とグレード。LETOはシングルキルト構造のためダウン量ほど保温力は高くないですが軽量です。

北海道だと5~10月くらい用のモデルですね、幅広く使えて安価なのが魅力です。国内Amazonでも安く買えます。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX Leto Outdoor Camping Hiking Ultra Dry White Goose Down Mummy Spring Autumn Winter Ultralight Sleeping bag

 

ULTRA

850FPのグースダウンを使用し、生地も最薄な10Dのモデル。

コンフォートで-32℃、リミットは-38℃、エクストリームに至っては-63℃という地球用ですか?という保温力を持った寝袋。

8000m級の山を登る人はこのくらいの寝袋を使うのでしょうかね。真冬でも暑そうですが一度入ってみたいですね。

AliExpress.com Product - AEGISMAX ULTRA Standard ULTRA LONG Lengthened Adult Sleeping Bag 850 Fill Power Thermal Goose Down Mummy Bags For Outdoor Sleep

 

EPLUSシリーズ

EPLUSシリーズはフード付きの封筒型800FPグースダウンを使用しています。
EPLUS400、EPLUS700、EPLUS1000の3種類があり、それぞれの数字がダウン量を表しています。
3シーズンモデルから冬用までありますが、寝心地と快適性を重視したシリーズです。

AliExpress.com Product - AEGISMAX EPLUS 700 Series Outdoor Camping Envelope White Goose Down Splicable Sleeping Bag

 

Cシリーズ

Dシリーズ同様に650FPダックダウンを使ったモデル。C500とC700の2種類があり、数字はダウン量です。
Mサイズは無く、すべてLサイズ規格で右ジッパーです。
 

f:id:zetuenlife:20191106151449j:plain

出典:AliExpress
Cシリーズの特殊な点は、寝たときの上部にのみダウンを封入していて、そして背中側はシルクコットンを使っています。ダウンは背中側がつぶれて本来の性能を出せないことを考えたモデルです。
シルクコットンはコットンの耐久性とシルクの保温性、吸放湿性をあわせ持った素材です。重く嵩張るのが欠点ですね。
CシリーズのCはコットン(Cotton)のことでしょう。
 

AliExpress.com Product - AEGISMAX C700 Outdoor Camping Winter Thick Warm Mummy 650FP White Duck Down Sleeping Bag

 

WIND HARD

850FPグースダウンを290g使ったキルトタイプの寝袋。重量は496gでひらくと台形で上部122+下部105×高さ190cmのサイズです。
850FP10DのモデルはこれとULTRAだけです。
人が巻き付けて使う写真が特徴的。色々な固定ができ自由度が高いですが、本来はマットに取り付け背中側が空いた状態で使うものです。
ハンモックのアンダーキルトにもオススメですよ!
 

AliExpress.com Product - WIND HARD Wearable 95% Goose Down Sleeping Bag UL Quilt Envelope Down Sleeping Bag For Outdoor Camping Hiking Backpacking 850 F

LIGHT

800FPグースダウン400g封入で重量724gのチューブキルトタイプ。
一見封筒型ですが、足元はドローコードで絞れるようになっていてジッパーがありません。そして横に全開にできるジッパーがあります。
開いて布団のように使ってもいいですし、中にマットも入れて足元を絞って使うのもアリです。
一番のオススメはハンモックのチューブキルトですね。アンダーキルトと違い全面おおってくれるため単体でも寝ることができます。そして座りにくくなるのがデメリットです。
 

AliExpress.com Product - AEGISMAX LIGHT Outdoor Envelope Sleeping Bag 95% White Goose Down 800FP Camping Hiking Equipment Splicing Lazy Sleeping Bag

寝袋以外のダウン製品

AEGISMAXは寝るための、寝袋以外のダウン製品も展開しています。

いくつか紹介していきます。

ダウン帽子

800FPダウンを70g封入した帽子です。首まで保護してくれて、顔元を絞ることをできるためバラクラバと言うべきしょうか。

明らかに不審者なとこがいいですよね。とても暖かそう。安いですし冬キャンプの寝る時用や天体観測用にそのうち買ってしまいそうです。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX Outdoor Urltra-Light Goose Dow Hat for Envelope Sleeping Bag

 

テントシューズ

ぼくは去年からこれ使ってます。

秋~春のキャンプではまず足元から冷えてくるためテントシューズが重要になります。

ノースやモンベルのものに比べると綿が少ないため-15℃を着るようなシーンだと少し力不足感がありますが、その分コンパクトで秋や春も使いやすいです。

 

AliExpress.com Product - AEGISMAX Ultralight Slip-proof Warm Duck Down Winter Unisex Shoes Soft-soled Cotton Shoes Indoor Keep Warm Shoes

 

ダウンパンツ

サイズ感は同じでダウン量の違いでStandardとThickenの2種類があります。

filling weightがダウン量。左がStandard、右がThickenです。

裁縫パターンも違いますがシングルキルトとボックス構造にする関係でのことだと思います。

f:id:zetuenlife:20191106155657j:plain

出典:AliExpress

 

AliExpress.com Product - Aegismax Men And Women 95% White Goose Down Pants Winter Outdoor Camping Hiking Clothings Thicken Down Warm Trousers 2 Colors

 

ダウン手袋

これも去年から使っています。ミトンタイプのダウン手袋です。

ふわふわで握るとダウンのロフトがつぶれるため作業をするのには向いてないです。 

冬の通勤用や冷えた手を温めるときのみ履くのがいいかなと思います。

ただ手が冷えてると履いてもダウンが暖かくなりにくいのでほんと通勤用。

AliExpress.com Product - Bicycle Bike Glove Full Finger Cycling Aegismax Gloves Windproof Goose Down Outdoor Camping Hiking Children Kids / Adults Glove

 

購入店について

GシリーズやMINI、LETO、WINDHARD、LIGHTなどはAmazonでも出品されていて購入することができます。

ただ中国の通販サイトAliExpressだとより安価に購入することができます。

届くまでに日数がかかるというデメリットはありますが、送料もかかりません。金額差の少ないものもありまので値段を比較してみることをオススメ勧めします。

特にGシリーズはAmazonだと高く、AliExpressが安い傾向にあります。

 

まとめ

キルトタイプや周辺アイテムも豊富で充実感がすごいですね。
ハイエンドからローエンドの幅も広いですし、ダウンシュラフメーカーとして完成されてるように思えます。
個人的には裁縫での軽量化と850FPモデルを使ったGモデルの上位がでるのに期待したいです!