タープ泊のメリット!そして思う、テントって何のために張るの?って話!

キャンプ

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

キャンパーの人に「タープ泊いいよね!」って言うとタープ泊をする人は「軽いしサイコーだよね!全然テント張らなくなったよ」というし、タープ泊をしない人には「え、下地面じゃん、ありえない」と言われてしまうわけです。悲しいけどそんなものですよね。

キャンプスタイルの違いというとそれまでですが、テントは持ってる、けどタープ泊いいよね!という人目線でタープ泊をするメリットとテントってほんとにいるの?って話について思ってることを書いていこうと思います。

ぼく目線ですけどね。

スポンサーリンク

タープ泊とは

タトンカ2 でタープ泊

そもそもタープ泊ってなんですか?という話。

タープ泊に細かい定義はありませんが、個人的には

・テントを張らない

・タープの下で寝る だと思います。

KAMMOKの装備でハンモック泊

テント無しでタープの下で寝るだと、コット泊もハンモック泊もタープ泊のバリエーションかなと僕は思ってます。そう考えると、タープ泊ってかなり幅広いです。

www.zetuenlife.com

サーカスTCと焚き火

最近流行りなサーカスTCのようにワンポールや吊り下げ式テントでインナーテントを外せるフロアレスシェルターもテントなのかタープなのかと考えるとさらにややこしくなります。

ただフロアレスシェルターはテントのように周囲を覆い設営する前提で専用の吊り下げテントがあるものが多いです。

用途的にはスクリーンタープのバリエーションと考えると分類しやすい気がします。

なので一般に想像するタープ泊とは少し違う物だと思います。

タープシェルターといったところでしょうかね。

冬の夜に光るタープ泊

オープンタープの一枚生地のモノの下に寝るスタイルがタープ泊ということで話を進めていきます。

オープンタープ下でのコット泊やハンモック泊はタープ泊扱いにしときましょう。

雑に言えばタープ泊もテント泊もキャンプというくくりですし。

スポンサーリンク

タープ泊のメリット

軽量化

川原で焚き火をしながらタープ泊

タープ泊をする一番のメリットは軽量化できる点ではないかと思います。

テントを張ったキャンプでもタープは張る人のほうが多いのではないでしょうか?

そこからテントを持っていかなくなるのがタープ泊。増える装備と言えばレジャーシートや時期によって蚊帳が欲しいですが、それでも軽量なタープは400~700グラム程度です。

山岳用の軽量なテントで1~1.5kg。山用ではないテントなら2~4kgほどあります。

ということでテントなくなりタープだけになると、あら不思議、荷物が一気に減るし軽くなります。

バックパックキャンプスタイルでタープ泊をする人が多いのも軽量コンパクトにキャンプができるからでしょう。

www.zetuenlife.com

自然が近い

タープ泊でタープ下から見た景色

自然を近くに感じられるのもタープ泊の魅力。

入口がオープンな張り方をすると外と寝室の境界線が曖昧になります。寝るときにクローズしてても地面が見えてたり隙間から外が見えてたりします。

自然との距離感がわからなくなり、自分が自然の一部のような感覚すら覚えます。

タープ泊は自然を一番満喫できるキャンプスタイルなんじゃないかと思います。

寝起きの絶景

ハンモックの上で寝袋に入ったまま見る日の出前の湖

タープ泊は寝起きに目を開けたらすぐに自然の風景が広がります。

太陽の出る方角をあけておけば寝袋から出ずに日の出を見ることもできます。日の出見たいけどテントからでるのめんどくさい対策にも最適です。

夜に天気が良ければ、星空を見ながら気付いたら寝てたということもできます。

寝ながら焚き火ができる

外と中の区別がつかなくなるタープ泊。

寝床と焚き火の位置を考えておけば寝袋に入ったまま焚き火をすることもできます。

ただ火の粉でタープや寝袋に穴が開くのだけは注意ですよ。

張り方は自由自在

雪上にスノーシューとタープを張る

ステルス張りと呼ばれる張り方もありますし、タープは一枚の布なのでポールの位置や使う本数、ペグダウンの位置を調整することで張り方は自由自在です。

同じタープでキャンプをしていても雨の日や風の日、人の多いキャンプ場、誰もいないキャンプ場、キャンプ場のロケーションなどにその場に合わせた張り方ができてパズルゲーム感覚で張り方を考えるだけで楽しいです!

冬のタープ泊も楽しい

タトンカ2で冬のタープ泊

雪の上にテントを張るとフロアが必ず濡れてしまい乾燥撤収はほぼ無理です。

それに比べタープ泊ならフロアがないので濡れるがほとんどありません。テントよりも軽くシンプルな作りなので自宅で乾燥させるのも容易です。

さらに雪を掘ることで床の深さを出せるのが冬のタープ泊。夏以上に楽しい冬のタープ泊はいかがでしょう。

www.zetuenlife.com

スキルアップ

青空の森の中でタープを張る

タープをしわなく上手に張るのはキャンプに慣れてる人でも難しいです。

張り縄の角度や自在の強さ、ポールの角度と気にすることはたくさんあります。その分、手際よく上手に張れてる人を見ると上級者感出ますし、なによりかっこいいです。

ソロなら雨風しのげれば問題ないですが、友達や家族とキャンプに行くときにビシっとタープを張れると尊敬のまなざしで見られること間違いなしです。

日ごろからタープ泊でタープを張り慣れていれば誰かと行くときに役立ちます。タープ泊はキャンパーとしてのスキルアップにもつながるわけです!

タープ泊のデメリット

雨に弱い

タープから滴る雨

雨はタープ泊の最大の難関です。タープの下で地面にシートとマットをひくタープ泊の人は絶望です。

コット泊ならまだ救いがある感じですね。

べちゃべちゃの泥の上で寝なければいけないですし、水たまりになったら水没です。泣くしかないです。

www.zetuenlife.com

風に弱い

しっかりタープを張っていれば多少の風なら問題ないです。しかし強い風に吹かれると、どこかの隙間から風が入ってきてしまいます。

また強い風だとタープがバタついてすごいです。夜通し強風だと朝まで風を感じながら寝なければなりませんし、うるさくて寝れないなんてこともあります。

それに慣れるとどこでも寝れる強い子になれるかもしれないですが。

www.zetuenlife.com

プライベートの確保

タトンカでタープ泊

タープ以外に周りをさえぎってくれるものがないのであまりオープンに張りすぎると周囲の視線がつらいです。時期といくキャンプ場を考えなければなりません。

フルクローズできないと寝顔を見られちゃうかもしれないですし、荷物を隠すこともできないので防犯上も問題が出てきます。

虫に弱い

ブラックダイヤモンド モジに虫がつく
蚊だけならまだ許せるのですが、夏だと虫が上から下からどんどんわいてきます。

テントのように地面が覆われていない分、アリなど地面を這う虫に弱いのもタープ泊のデメリット。それでも自然は最高に満喫できます。

蚊帳だけではどうにもならないですし、蚊帳の中に蛾(ガ)などのが入ったら好きとか嫌いとか関係なく辛いです。悲鳴出ちゃいます。

この手の吊り下げ式の蚊帳があると夏のタープ泊が格段に快適になります。

フロアアリ蚊帳、フロア無し蚊帳、顔部分だけ蚊帳の3種類があります。

貧乏そう

時々思うんですよね。ぼくのキャンプみんなと違うんじゃ?って。

道具も少ないですし、タープ泊はどうも雑な感じになります。おしゃれキャンパーのタープ泊以外はどうがんばっても野営感が出てしまいます。人目を気にする人だと気になる部分も多いでしょう。

人によっては「なんでテント張らないの?」「ほんとにそんな寝床で大丈夫?」と思われることを気にしてタープ泊ができない人もいるでしょう。

大丈夫、一度やっちゃえば楽になりますよ!意外とだれも気にしてないものですよ。

そして結論としては、タープ泊に慣れるとテント張る意味が分からなくなるという記事なんですけどね。

www.zetuenlife.com

スポンサーリンク

タープ泊の向いてるスタイルの人

タープ泊は便利ですし、自然を満喫できるためオススメなキャンプスタイルです。それでも誰にでもオススメできるスタイルではないと思います。

ぼくの思うこんな人にはタープ泊がオススメだよ、というやつの例を。

ソロキャンパー

星空の下でキャンプ

ソロでキャンプをする方は荷物減らしたい人が多いと思います。

オシャレキャンパーはソロでも荷物たくさんですが、それ以外のソロキャンパーは軽量コンパクトは嬉しいはず。

バックパックスタイルだと特に荷物を減らしたいのでテントを減らして軽量化するという考えは持っておくべきです。

www.zetuenlife.com

ワイルドに決めたい人

自転車と焚き火とハンモック

テント?男じゃないね。野営スタイルが男のキャンプだよ!って方。

ブッシュクラフター志向の人や野営主義者たちは、こんな記事見なくてもタープ泊か軍幕ですよね。今更いうことはないはず。

これからキャンプを始めるワイルドなキャンプにあこがれてる方はタープ泊がワイルドですよ。

よく言えばワイルド、雑に言えば野宿なのだけ忘れずに。モテることはないです。

www.zetuenlife.com

自然が大好きな人

雪を掘って寝袋で寝る

キャンプではテントに入ってしまうとキャンプなのにテントの中というプライベート空間ができてしまいます。キャンプってそういうものですが、自然を楽しむためにはデメリットでもあります。

寝袋と一緒で一度テントに入ってしまうと出てくるのは至難の業。自然を満喫することができなくなる恐れがあります。

なら寝るときもずっと外が良い!って方はもうタープ泊しかないですね。そんな外好きならタープもいらないんじゃ、って場合も。

www.zetuenlife.com

タープ泊に向いてるタープ

どんなタープでもタープ泊はできますが、サイズや素材、金具の数で張りやすさや、張り方のバリエーションが変わってきます。正方形か長方形がタープ泊しやすいです、オススメなタープをいくつか。

KAMMOKのKulhi

KAMMOKのハンモックとタープを張る

ぼくが愛用してる赤いタープです。すでにモデルチェンジしていることと、日本であまり流通してないため欲しい場合はKAMMOK公式サイトから個人輸入になります。

366x274cmでソロタープにしては少し大きめで約550gとぼちぼち軽量、なにより圧倒的な張りやすさと使い勝手の良さが気に入ってます。

周囲16カ所にロープをつけれる穴とlinelocというウルトラライトの人が好んで使う軽量でロープの調整がしやすい金具が使われていて木でもポールでも大体どこでも張ることができます。

人と違うタープやハンモックが欲しい方はKAMMOKオススメ

www.zetuenlife.com

DDハンモックのタープ

芸人のヒロシさんやハンモック泊の方が一番使ってるんじゃないかな?というDDハンモックというメーカーのハンモックじゃなくてタープ

ロープを通すポイントが異常に多く、シンプルな3x3mのモデルで19カ所という多さ。ただサイズ的にはギリギリです。

余裕を持たせてがっつりタープ泊をするなら4x4mのDDタープもオススメです。張り方に困ることはなくなります。

タトンカタープ

何度か画像出てるタープですが、ドイツのタトンカというメーカーのタープです。2TC使ってます。サイズは300x285cmのレクタタープです。

少し緑っぽいアースカラーでポリコットン(TC)素材のため焚火に強いのが魅力。

タープ泊のすぐ近くで焚き火をする場合はポリコットンはかなり便利です。重量が少し重くなり、乾きにくいというデメリットを補ってあまりある安心感です。

ニンジャタープ

f:id:zetuenlife:20190206174332j:plain
出典:パーゴワークス

パーゴワークスのニンジャタープ

280x280cmでタープ泊だと気持ち小さいかな程度なサイズ感ですが、21か所のジョイントポイントがあり、2辺には紐も入っていてすぼめることもできるので張り方のバリエーションが圧倒的です。変幻自在な張り方はまさにニンジャ。

別売りのニンジャネストという専用の蚊帳というかインナーテントを使うと普通にテントな張り方もできます。1シーズンでいいから使ってみたいタープ。

アクアクエスト

カナダのメーカーで防水性に優れるタープを出しています。

迷彩カラーやオリーブカラーで自然に溶け込むためブッシュクラフト的なキャンプなら理想的な色合いです。

タープ泊で一番使いやすい、長方形の形状でループもDDタープ並みに多いためタープ泊用かハンモック泊用なのでは、というタープです。

3x3mでも十分タープ泊が可能ですが、3x4mになると張り方の幅が広がり、雨の日は快適さが段違いです。

Desert Walker

初めて見たメーカーですが、スペックがめちゃくちゃすごいのに、安い。なんなんこれ。

300x350cmで440gで15D。カラーもブラックとグレー系の使いやすい色です。

耐水圧も3000mmあり、怪しい日本語で6年保証と書いてあります。

張り綱を付けるループが周囲で8カ所なのでできないタープ泊の張り方もでてきますが、ハンモック泊、普通のソロかデュオキャンのメインタープになってくれそう。おまけでタープ泊というタープです。

ぶっちゃけなんでも

タープ泊に慣れてくるとamazonで「タープ」と検索して一番最初に出てくるよくわからないタープでもタープ泊ができます。ロープ通すところ足りなければハトメつけてもいいですし、縛っても穴をあけてもいいわけです。ブルーシートは生地がしっかりしてる分タープ泊向きなのでは?と思うこともあります。

ただ安いものは生地の強度が低かったり、キレイに張れなかったり、雨に弱かったり、遮光性なかったりとなにか問題があります

そもそもかっこよくないのでキャンプの楽しさが半減します。お気に入りのタープを見つけてください。

テントって何のためにいるの?

吹雪の中のサーカスTC

ここまでタープ泊の話をしてきてメリットデメリット書いてみてテント無くてもキャンプできるなーっとより思ってしまいました。

ただタープ泊にはデメリットやタープ泊では得られないものがいくつかあったのも事実。それを補うのがテントかなと。

テントはカッコいい

冬の星空の下のテント

タープ泊やハンモック泊がいくら楽でもテントが欲しい一番の理由。

そう、テントはカッコいいんですよ!

必要だからテント買うんじゃなくて、カッコいいからテント買うんですよぼくらは!

テントを張るのも好きだし、テントの中に入るのも好き、テントの中で寝るのも好きだし、テントのある風景が好きで、テントの写真撮るのも大好きなんだぼくは!

タープ泊のこと考えてたらどうしようもなくテントが好きだったことに気付いてしまいました。

テントの安心感

テントから見た外の景色

ちょっと真面目な話。

キャンプにおいてテントは家の役割です。屋外のキャンプですがそこに壁、屋根、床があると人間の本能として安心感を得られるのではないかと思います。

細かい所だとプライバシーの保護、雨風雪へ対候性、自分のパーソナルスペースがあるという安心感といったところがテントにはあってタープ泊では得にくいモノです。

タープ泊をされる方なら雨や風や虫、プライバシーのことでのトラブルを多少なりとも経験してると思います。

ぼくはタープとテントを比較するとテントのほうがあらゆる状況に対して強いと思ってます。

タープ泊メインの人もテントは持っておくべき

キャンプ道具を並べる

タープ泊は自然を楽しみやすくキャンプの宿泊方法としてオススメですが、自然を相手に楽しむキャンプです。天気や虫等、初めて行くキャンプ場ほど不確定要素が増えリスクも増えていきます。

ペグがささらない、水たまりがある、台風がきた、大雨になった、突風でタープが飛ばされた。自然の中にいる以上あり得ない話ではないです。

ぼくはそんな場合でもキャンプがしたいのでタープ泊でも車移動なら車にテントは積むようにしています。

万が一が無いとは言えないことを認識し、タープ泊もテント泊も上手に使い分けてどっちも楽しめるといいよね!というのがぼくの考えです。

スポンサーリンク

まとめ

後半ちょっとややこしかったですが、ぼくは自然を楽しみつつ軽量化できるからタープ泊を取り入れてる感じです。

いろんなキャンプスタイルを経験すると他にも生かすことができるはずです。したことない人も一度はタープ泊をしてみてはどうでしょうか?

他の記事もどうぞ!

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました