KEEN ジャスパーⅡ WPレビュー!街からキャンプまで使えるオールウェザースニーカー!

KEEN-JASPER2WP レビュー 道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

どんなに寒くても雪の無い時のキャンプはサンダルで過ごしてましたぜつえんです。

脱ぎ履きしやすく濡れにも強いサンダルはキャンプの必需品だと思っています。

とは言っても保護力は甘く、気づいたら足を怪我してることもあれば雨の日や朝露のキャンプ場では足がずっと濡れたままでシワシワになってしまうのもサンダル。

やはり靴は必要だろう、したらば防水の歩きやすいオシャレな靴だろう!と思ったわけです。

今回は街からキャンプまで履き続けられるKEENのジャスパーⅡウォータープルーフをレビューしていきます。

スポンサーリンク

KEEN

KEEN(キーン)は2003年にアメリカ カルフォルニア州で創業したシューズブランドです。

ウォーターアクティビティ用のサンダルというカテゴリにおいて最も人気が高いであろうブランドだと思っています。

 

KEENの創業時からあり、KEENと言えばこのサンダルと言えるのがニューポート

つま先まで保護された形状は水陸両用で様々なアクティビティにマッチし、遊びを豊かにしてくれます。

当時は独創的であったつま先が保護される形状は今や各社が似せて作るニュータイプのサンダルだったのでしょう。

軽い登山にも使えてしまう保護力と歩きやすさで迷ったらニューポートを買っておけば間違いないサンダルと言えます。

ぼくも昔持ってたニューポートを一瞬で無くしてしまった話はまた今度。

最近はミドルカット登山靴やスノーブーツも展開し、アパレルや小物も出しています。

 

環境への配慮にも強く力を入れています。創業数年で環境保全の意識が高いオレゴン州ポートランドへ本社を移しました。

KEENは利益の1%を世界中へ寄付に使うことも目標にしています。

スポンサーリンク

ジャスパーⅡ WP

KEENの中でニューポートをサンダルの雄とするなら、ローカットスニーカーの雌はジャスパーであると言えます。

耐久性に優れ普段履きからアウトドアまで使える革製のシューズです。

そんな超定番ジャスパーが2年ほど前に出した完全防水モデルジャスパーⅡWPの新色をレビューしていきます。

伝統のデザイン

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

見ただけでジャスパーだなとわかるデザインを踏襲しつつも細部はアップデートされて比べるとデザインは結構違います。

ヨーロッパブランドかなと思えるシュッとしたノーマルジャスパーに比べ、ややボテッとした重量感のあるデザインのジャスパーⅡWPという印象です。

街からアウトドアまでマッチ

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

アウトドアシューズながら落ち着いたカラーのモデルが多く、普段使いに使いやすいのがジャスパー。

それでいてアウトドアらしいビビットな差し色も忘れないとこが好き。

タウンユースなスニーカーをアウトドア用に仕上げた

足元を見てたら「え、この人もジャスパーなの?」ってことはあるある。

シンプルなカラーが多いからか女性で好んで履く人も多い印象があります。

カラーでアッパーに使われてるレザーが異なり、この新色BlackIris/Magnetはスエードレザーを使っています。

Black/Ravenのみヌバックレザーを使っているようで微妙に質感が異なるようです。

防水透湿素材 KEEN.DRY

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

ジャスパーⅡWPのWPはWater Proof(ウォータープルーフ)を意味し、防水だよってことです。

KEENのシューズには独自の防水透湿素材であるKEEN.DRYが使われています。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

タンが内部と一体型になったブーティー構造(袋状になった靴内部の形状)になっているため隙間からの水も入りにくくなっています。

内側の生地は吸湿性のありそうなメッシュ生地。

でもレザーだから透湿素材とは言ってもは蒸れやすいなーという感じ。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

水に浸かっても靴の中への浸水はゼロ

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

雨の日だけでなくキャンプ場の朝露で濡れた芝生を歩くときも安心のオールウェザースニーカーです。

天気の分からない旅行でも重宝しそう。

ところでKEEN.DRYという名前、KEEP DRY(濡れないようにする)を掛けたネーミングな気がしてちょっとチャーミング。

フラットなアウトソール

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー アウトソール

溝が浅くフラットな登山用では無いのが一目でわかるアウトソール。

見れば見るほどスニーカーだなと再認識します。

ジャスパーから改良されたソールとのこと。

普段履くことの少ない種類の靴でちょっと新鮮です。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

土の地面もしっかりグリップしてくれますが、アスファルトを歩いたときに歩きやすいなと感じますね。

靴自体は頑丈で、ソールもしっかりしているためキャンプ場から行けるようなお散歩ハイキングコースなら全く問題の無い靴です。

フィットさせやすい予備付きシューレース

ジャスパーの特徴の一つにシューレース(靴紐)があると思います。

つま先まで長く付いているため調整幅が広いのはもちろん、デザイン的にもカッコいいんですよね。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

ノーマルジャスパーと比べると、ジャスパーⅡWPはシューレースの通し方が変わっていて調整幅も減っています。

性能よりも見た目的にノーマルジャスパーのほうが好きだったのでちょっと残念な気持ちだったりします。

スニーカーで紐が切れるようなシーンも無いと思うんですが、紐の保護力は上がってるように思います。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

ノーマルジャスパーでもそうですが、靴紐が2本付いてきます。

今回は片足ずつ別々の靴紐を通してみました。

作り込まれたオシャレなインソール

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

登山靴でもランニングシューズでもインソールってペラペラなとりあえず付けました。みたいのが多いんですよね。変えてしまうならそれでもいいんですが。

その点このジャスパーはかなりしっかりしたインソールが付いていました。

EVA(発泡)素材で弾力があり、クッション性が高めです。

 

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

それでいてデザインのオシャレさも脱帽でした。

履いてしまえば見えないインソールなのに、開いた口からオシャレが顔を出しています。

KEENなら朝に靴を履いて出かける度に気持ちが上がりそうです。

スポンサーリンク

ここが気になる

気になるところ。

やや重め

ぼくの選んだサイズは26.5cm。

実測重量は433g/片足(スペック420g/片足)ありました。両足で約866gです。

さすがに重いなと。

レザーだから、運動用では無いからと重い理由も、軽い必要性が無いのもわかりますがそれでもちょっと重いなと思っちゃいました。

普段がサンダルやランニングシューズ、トレランシューズを履いてることが多いので比べると尚更重く感じてしまいました。

それでも足が疲れにくいのは歩きやすい靴だからではあると思います。

走りにくい

KEEN ジャスパーⅡ WPをレビュー

底がフラットで全体が硬めなので走るのには不向きですね。

ほらあるじゃないですか、人生だもの突然走りたくなることが。

それでも走り出しちゃいますし、サンダルよりは走りやすいですがやはり苦手な部類ですね。

スポンサーリンク

サイズ感

サイズ選びのポイントは2つ。

・サイズは0.5cm大きめが目安

・ノーマルジャスパーよりは幅が狭め

レビューを見るとワンサイズ大きめがいいと書いてる人が多かったです。

たしかにやや大きめがいいなという印象ですが、0.5cmほどじゃないんだよなあという感想でした。

 

出典:Amazon

Amazonのプライム会員ならPrime Try Before You Buy(旧Prime Wardrobe)を使えば無料で試着することができます。

KEENの靴は幅広いサイズ、種類で試着に対応しているため複数モデルを試しやすい利点があります。

店頭よりも靴下や服と合わせての試着がしやすく、複数をじっくり比べることができる嬉しいサービスですよ。

サイズ大きめを、とは言いましたがまずは試し履きしてみて下さい。

まとめ

街からキャンプから軽いハイキングまでどんな天候でも幅広く使うことができる防水仕様のジャスパー。

これから寒くなってサンダルも辛くなってきます。雪が深く積もるまではオシャレなキャンプシューズとして使っていこうと思います。

冬の安眠の味方!イスカの防水ダウンテントシューズショートのレビュー!
どんな暖かい寝袋になっても冷えてしまうのが足先。そんな時に使いたいのが"テントシューズ"です。今までは使用者が最も多いであろうネイチャーハイクのダウンテントシューズをメインに使っていました。が安く軽い分、保温力は低め。防水性も低く冬では力不足なシーンも多々ありました。今回は冬に向けてダウン量が多く、防水生地を使ったイスカのダウンテントシューズショートにパワーアップしたのでレビューしていきます。
冬キャンプで履きたいスノーブーツのオススメ17足と選び方を紹介!
冬キャンプで真っ先に冷える部位は足先です。足元の防寒を制する者は世界を制すると誰かが言っていたような気がします。今回は、冬キャンプや冬のアクティビティで使いたいスノーブーツの選び方とオススメのモデルを紹介、そして靴下のオススメをしていきますよ!
【2022年版】Issuuで無料で読める海外アウトドアカタログのオススメを紹介!
こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 好きなアウトドアギアはカタログ!と言いたくなる程度の自称アウトドアカタログ好きです。 日本で展開されるカタログも楽しいわけですが、海外ブランドで言えば代理店が作る縮小された物

スポンサーリンク

コメント