ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

彼は耐熱将軍。軍手風リバーシブル耐熱グローブが将軍級の強さ!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20191106172124j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

焚き火周りで必要な耐熱グローブ。前までは皮手袋でしたが今年からリバーシブルの軍手風な耐熱グローブを使っています。ぼくの用途なら皮よりも使いやすいことがわかってきました。

この耐熱グローブは履きやすく、耐熱性も高く、リバーシブルで使えるため1枚で事足りるのが便利だったのでオススメしまくろうと思います。

 

バックパックキャンプの持ち物紹介記事もどうぞ!

www.zetuenlife.com

 

 

彼の名前は軍手風リバーシブル耐熱将軍

耐熱温度は800℃

f:id:zetuenlife:20191106172143j:plain

軍手風リバーシブル耐熱将軍という名前を付けています。

手首の長い滑り止めの付いた軍手という印象です。しかしこの手袋の耐熱性はすごいです。

消防服などに使われるアラミド繊維を使って作られていて耐熱温度は800℃です。ケブラーに近い素材になっているのでしょうかね?

実際800℃のものを使うのはさすがに無理かなと思いますが、火の出ている薪を直接つかむことも可能なほどの手袋です。

そのためぼくはソロキャンプで火ばさみを使うことはありません。

 

リバーシブル

f:id:zetuenlife:20191106172606j:plain

両面に同じ耐熱の滑り止めが付いているため右手用、左手用と別れていないのがポイントです。

拾った手袋に手を入れたら左右逆だった、ということがなくなります。これでかなりストレス軽減され想像以上に便利です。

 

そして両手同時に使う必要がなければ1枚持っていればキャンプに行けるのがこのグローブのいいところ。

ぼくは基本的にこのグローブを片手分しか持っていかないです。軽量性と無くすのを防ぐのが目的ですが、右手でも左手でも使えるため1つで大体なんとかなってくれます。

 

裏地は綿100%

f:id:zetuenlife:20191106173117j:plain
表の黒い部分と裏地の白い部分は別々の生地で、白い部分は綿100%の触り心地のいい、そう軍手です。

外面は怖い将軍も内側は良い人間なんですよ。

皮手袋だと手になじむまで固かったり、定期的にメンテナンスの必要があります。

このぐんて・・・耐熱将軍は柔らかく、履きやすく、肌触りよく、洗濯も洗濯機に入れるだけなのでお手軽なのがお気に入りです!

 

ぼくは将軍をこう使う

履き方

f:id:zetuenlife:20191106173412j:plain

普通に履くと手首の部分が長くなっていて焚き火から手を保護してくれます。

ただこんなに長い必要はないかなと思っています。履くのも面倒ですし、長袖との相性が悪いです。

 

f:id:zetuenlife:20191106173510j:plain

そのためぼくは手首の部分を一つ折った状態で使っています。

口元が広くなり履きやすくなりますし、長袖の服と干渉しにくくなります。

 

f:id:zetuenlife:20191106173642j:plain

薪などをつかんだ時にも折り返した部分が干渉することはありません。

滑り止めが付いているためグリップ力も高いです。

 

f:id:zetuenlife:20191106173629j:plain

裏面はもちろんリバーシブル。

よく使う側、ぼくの場合は左手で履いた時の手のひらが汚く、滑り止めも傷んできています。だめになったらもう1枚を出せばいいので1枚で運用するのはコスパもいいです。

 

履かずに使う

f:id:zetuenlife:20191106173915j:plain

鍋の取っ手をつかむだけとか、鍋のふたを開けるだけとか、汚い薪をつかむとか。

そんなときはもう履かない。手に合わせて挟むだけで使うことができます。直接触らなければ問題ないですが、指が当たっちゃうとやけどしちゃうかもしれないので注意してやってくださいね。

 

収納

f:id:zetuenlife:20191106174234j:plain

焚き火周りで使うとスス汚れがついてしまい、ほかのモノに触れるとススが移っていきます。スス移りを防ぐための収納術

ぼくは常にこの状態ですが、まずは手首を一段負った状態にします。

 

f:id:zetuenlife:20191106174406j:plain

そのままもう一折。ギリギリ入り切らず指先がはみ出るような感じになります。

このあとはおらずにはみ出てる指部分をねじ込んでいきます。中は広く簡単に入ります。

 

f:id:zetuenlife:20191106174444j:plain

はい完成。完全に裏返した軍手です。

 

f:id:zetuenlife:20191106174548j:plain

上から見るとこんな感じになっています。厚みがある分隙間がかなりできるなという印象。

 

サイズ

f:id:zetuenlife:20191106174636j:plain

収納状態でスノーピークチタンシングルマグ300mlと並べると一回り大きいです。

450mlと同じ位のサイズ感です。

 

f:id:zetuenlife:20191106174720j:plain

横から見るとこんな感じ。割と厚みがあるんですよこれ。

見た目は完全に軍手ですが、かなり厚手。おかげで保温力があるんですけどね。

 

ぼくは薪割りやナイフを使うとき、ノコギリで木を切るときなんかもこのグローブを使っています。

もちろんダッチオーブンや直火にかけた鍋を持つとき、BBQで串ものを焼くときや炎上した網の上のホルモンを焼くとき等、あらゆるシーンで使うことが活躍する、彼の名前は耐熱将軍Rev。

耐熱関係なく、滑り止めの付いた手袋としても使いやすいのが嬉しいです。

 

Amazonには似たものが多くありますが性能に大差はないようです。ぼくが使っているのはこれです!2枚1セットと書いてますが、一双で両手分の1組のことです。 

 

まとめ

皮手袋の硬さが苦手な人にはこの手袋オススメです。

キャンプ道具っぽい素材の経年変化を楽しむものではないですが、万人が使いやすく安価、数年使ってまた同じものを買いたくなる。そんな道具です。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com