BASEの5%offクーポン配布中!

AEGISMAXの中厚ダウンパンツをレビュー!軽くて暖かくてコスパも最強!

AEGISMAX ダウンパンツ 道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

夏山の宿泊から冬キャンプまで年間を通して活躍してくれる軽量コンパクトながら圧倒的な暖かさを得られるダウンパンツ。

常に履いてることは珍しく、朝晩や寝る時だけ履くことが多いため軽さとコンパクトな収納性も重要な防寒ウェアです。

アウトドアブランドの出しているダウンパンツは非常に高価。使ってみたくて探してるけど、まだ買えてないという人も多いのではないでしょうか?

今回はコスパ抜群で軽量コンパクトなのに暖かいAEGISMAX(イージスマックス)のダウンパンツを紹介していきます。

 

ricoh theta v

スペック

ダウン
800FP(155g/M)
White Goose Down 95%
素材 表裏:iFlex 15Dナイロン
重量 約405g/M(実測284g)
収納サイズ Φ11×21cm

中国アウトドアブランドの中でもハイグレードな素材を使ってダウン製品を作っているAEGISMAX(イージスマックス)

ダウンパンツも高品質な800FPグースダウンを使った他のアウトドアブランドに負けず劣らずのクオリティが魅力です。

XS~XXXLまでの7サイズがあり、ぼくは中間のMサイズを購入しました。

800FPグースダウン使用で、ダウン充填量で薄手のスタンダード(Standard:標準)中厚手のシッカニング(Thickening:厚くする)の2種類があり、シッカニングを購入しました。

ダウンはたっぷり155gが封入され、重量405g、のはずですが、実測284g(内収納袋6g)というページの作成ミスなのでは?というズレっぷり。

生地は15Dナイロンで、イージスマックスあるあるなビニール袋のような光沢のある安っぽい見た目の素材が使われています。

ricoh theta sc2

外観

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

ブラックとホワイトがあり、無難なブラックを選択。

スタンダードと比べて、ダウン量の多いシッカニングはバッフル(ダウンの仕切り)が少なく、コールドスポットも少なそうです。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

両サイドに赤いジッパー付きのポケットがあり、左にはオレンジのロゴ。

すごいアウトドアウェアっぽい配色です。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

縦に半分、横に半分にすると圧倒的なロフト感に感動を覚えます。

オーバースタッフというのでしょうか、チャンバー(ダウンを分けた各室)内に入れてるダウンの量がかなり多めに入ってるから膨らんでいる、そんな印象を受けます。

このダウンパンツと比べると他のダウン製品はチャンバーを持て余してるとさえ思えます。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

タグ。

表裏15Dナイロンなことがわかりました。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

真っ黒でわかりにくいですが、左右にゴムバンドが入っていてウェストにフィットしてくれます。

紐はなく、調整不要と見るか調整できないと見るかで好みが分かれるところ。

正面はジッパー+ボタンです。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

裾もゴムのみで調整は不可。

全モデル共通のΦ24cmで、足首ならフィットしますが、ふくらはぎまで上げるときつめ。

ぼくはウェストも裾も調整が一切無しで楽です。ただサイズ選びは間違えない。

ricoh theta sc2

ダウンの獣臭は無し

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

イージスマックスというか、中華ダウンあるあるで、獣臭いダウン製品に当たることがあります。

アタリではなくハズレなわけですが。

中国製で通販限定のため、購入前に確認もできなければ、臭いから交換ということもできないのが安さの代償なのですが、イージスマックスに限って言えばハズレ率はかなり低めな印象です。

そしてダウンパンツでは、そもそも顔に近い位置に来るものではないため獣臭くても問題なく使用できるというメリット?があります。

つまりイージスマックスのダウンパンツが最強のダウンパンツであるというわけです。やったね!

スポンサーリンク

着用観

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

モデル:身長161cm、標準体型、Mサイズ

パンツインしたほうが見やすいかなと思いましたが、日曜日のお父さん感すごいですね。

Mではやや小さく、適正サイズはLだったかなという感想。

製品の写真でもそうですが、見た目がかなりパツパツになるんですね。

脚は短めですが裾はやや短め、全体的に細身でかなりフィット感が高く、中に履くのはアンダーウェアが限界です。

小さめですが、普通に履く分にはあまり窮屈さは感じません。

肌とダウンパンツの隙間があると冷気が貯まりやすくなり、適切な保温力が得られないわけですが、小さいとダウンが潰れてしまい、結局保温力が犠牲になります。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

直立姿勢なら問題の無いサイズ感でしたが、しゃがむとヒザ、尻、前もものダウンが潰れるのを感じます。

そもそも小さい設計のようで、適正サイズでもしゃがむ姿勢などではある程度つぶれるのは仕方なさそうです。

おそらく、普段より1~2サイズ上を選ぶのがベストですね。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

靴(ソレル パックナイロン)を履いた状態。

裾に金具などがなく、ダウンで潰れてくれるのでブーツインしても違和感がないのはメリットですね。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

AEGISMAXのダウンパンツの上から防水パンツ(Millet ティフォン50000フォーム)を履いた状態と厚手ダウンパンツ(naturehikeの厚手)を履いた状態です。

多用はしませんが、シチュエーション次第ではありえるパターンです。

インナーダウンパンツとしてはやや厚手すぎるので着ぶくれしやすのが欠点。

インナー用途が多いならスタンダードのほうが使いやすそうです。

にしてもダウン+ダウンはめちゃくちゃ暖かいですね!極寒環境に繰り出したくなります。

収納

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

巾着タイプのスタッフバッグ(実測:約6g)がついています。

Φ11x21cmでめちゃくちゃ小さい、とはなりませんが、保温力を考えれば十分コンパクト。

ダウンが多くパンツの膨らみが強いので、空気が抜けにくく収納は少し大変。

ダウン製品の収納に慣れていない人だと初見では入れれないかもしれないレベル。

ですが、ダウン寝袋のようにぐいぐい押し込んでも、適当に畳んでからつぶして入れても、入れきることができる程度の大変さです。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

500mlのペットボトルを一回り大きくしたようなサイズ感ですね。

片手から少しはみ出る程度の大きさですが、軽いので握りやすいです。

 

AEGISMAX ダウンパンツ Thickening

カタログ値405gは間違いだよね。

アリエクスプレスの一部の販売ページでのみ記載されてて、それ以外のアマゾンなどでは製品重量は記載されてないですし。

せっかく良いダウンパンツなのに、アマゾンレビューにも製品重量書いてる人はいなく、公式でも書かれてないのはちょっと残念ポイント。

選び方

2種類あるAEGISMAXのダウンパンツ

画像出典:AEGISMAX

前述しましたが、イージスマックスはダウン量の違いで2種類のダウンパンツを用意しています。

薄手のスタンダード(Standard:標準)中厚手のシッカニング(Thickening:厚くする)です。

ぼくが購入したThickeningはダウン量が多く、保温力も高くなっています。その分、やや重く、嵩張り、値段も高めです。

外観でもわかるように裁縫のパターンも微妙に変わっていて、ダウン量に合わせた構造にしているのでしょう。

 

ダウンのキルティング構造

パターンは微妙に違いますが、どちらもシングルキルト(縫いつぶし)構造で作られています。

ボックスキルト構造に比べ、軽量コンパクトですが、冷気が入りやすい欠点があります。

そのためダウン量は多くても、寒い時期のアウターとして使うにはやや心もとない性能とも言えます。

アウター想定してないウェアは耐久性を重視していない生地で、防水性の低い生地を使うのも特徴で、軽量コンパクト性を重視しています。

あくまで朝晩や就寝時の保温具としての使用がメインと考えるのがいいでしょう。

その上でどの程度の保温力を求めるかで、スタンダード(薄手)かシッカニング(中厚手)かを選ぶのがベストでしょう。

 

サイズ

size Standard
(薄手)
ダウン量
Thickening
(中厚手)
ダウン量
全長 ウェスト ヒップ 足首
XS 84g 139g 102cm 66-82cm 92cm 24cm
S 90g 149g 104cm 70-86cm 98cm 24cm
M 94g 155g 106cm 72-90cm 102mc 24cm
L 100g 165g 108cm 76-96cm 106cm 24cm
XL 106g 175g 110cm 80-100cm 110cm 24cm
XXL 112g 185g 112cm 84-104cm 116cm 24cm
XXXL 118g 195g 114cm 88-108cm 120cm 24cm

ポジティブに考えれば「7サイズもあって自分に合ったものを選べる!」ですが、ネガティブに取ると「サイズ多すぎてどれが良いのかがわからねえ。」です。

ぼくは身長161cm標準体型で、普段はS~Mを着用しています。

このダウンパンツはMを選びましたがやや小さめでした。おそらくL~XLが適正サイズなのではと思います。

アマゾンのレビューページでも同様で、小さいからサイズ選びに注意とのこと。

また、ウェストなどの数値はあまり参考にしないほうがいいようです。

自分の体型に合わせて、普段履くサイズの1~2サイズ上を選ぶのがベストでしょう。

購入はアリエクスプレスが最安、Amazon購入も中国からの発送で到着に3~4週間かかります。クレジットカードを使用できるならアリエクスプレスがオススメ。

 

イージスマックスからはダウンジャケットも出ています。

800FPの撥水ダウンを121~172g封入しています。

中厚手のアウター用ダウンジャケットです。Amazonに登場していないため、購入はアリエクスプレスから。

他のダウンパンツと比較

他社のいくつかのダウンも合わせて紹介。

調べて驚いたのは、ダウン量・製品重量のどちらも明記しているとこが少ないということ。

一番比べやすい部分なので、比較しにくくやっかいです。

保温力はダウンの量や質だけではなく、シングルキルト、ボックスキルト、ダウンのキルティングパターン、生地の工夫、サイズ感など様々な要因で決められます。個人では全て着用しても正確に比べるのは難しいです。

ただおおよそはスペック、レビューから読み取ることは可能です。

 

定番な薄手はネイチャーハイクのダウンパンツか、モンベルのスペリオダウンパンツでしょうか。

どちらもイージスマックススタンダード相当のスペックです。

イージスマックスの中厚シッカニングは、モンベル ライトアルパインパンツやナンガのオーロラダウンパンツに近いグレードですが、アウター用ではなく生地に工夫が少ない分、保温力は一段下かなと思います。

ダウンの質と量だけなら以下の表中で一番多いのがイージスマックスだと思います。

多少ダウンパンツ自体の質が他に劣っていても、ダウン量でごり押しできるスペックで安心感と保温力はかなり高いと思えます。

何より値段に対しての性能で考えるとコスパが最強なイージスマックスだと言えます。

ネイチャーハイクに比べてもダウン製品では一段上ですね。

Naturehike
薄手ダウンパンツ
AEGISMAX
薄手ダウンパンツ
AEGISMAX
中厚手ダウンパンツ
Marmot
デュースダウンパンツ
mont-ball
スペリオダウンパンツ
mont-ball
ライトアルパイン
ダウンパンツ
NANGA
オーロラダウンパンツ
製品重量 約250g ? 284g(実測/M) 約256g 約226g 約316g 約493g
ダウン量 90g 100g(L) 155g(M) ? ? ? 100g
ダウン 700FP 800FP 800FP 750FP 800FP 800FP 760FP
生地 20D400Tナイロン 15Dナイロン 15Dナイロン 20Dナイロン 20Dナイロン 20Dナイロン
40Dフルダルナイロン
オーロラテックス
(防水透湿生地)

まとめ

買って、使うたびに感じますが、イージスマックスすごい良いですね。

裁縫の雑さもあれば、作り込みの甘い部分も見えてきますが、値段を考えれば文句無しです。

今年の冬はこのダウンパンツで乗り切ろうと思います!

スポンサーリンク

コメント