ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

冬キャンプには冬用テントが必要?4シーズンテントとはなんなのか!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190922093303j:plain
こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

冬キャンプしたいけど冬用のテント持ってないしできないですよね?そう思っている方は結構多いです。

結論から言うと、夏用テントで積雪期の冬キャンプは可能です。

ここではさらに細かく、4シーズンテントと3シーズンテントの違いと夏用テントを冬キャンプに使うときの注意点について書いていきます。

www.zetuenlife.com

 

 

3シーズンテントと4シーズンテントの違い

4シーズンテントと言われる積雪のある冬も使うことが想定されたテントには3シーズンテントにはない機能がいくつかついています。その紹介。

スノースカートの有無

f:id:zetuenlife:20190908205034j:plain

冬用のテントと言われる一番の要素はこのスノースカートがあるかどうかです。

3シーズンテントだとフライシートと地面の間は通気性をよくするために隙間ができています。

しかし冬用テントはフライシートと地面の隙間からの冷気や雪の侵入を防ぐためにスノースカートがついています。

画像でも使ってますが、サーカスTCにもスノースカートがついていて冬に向いたテントであることがわかります。

逆にスノースカートがあると夏は通気性が落ち、テント内の温度が上がりやすい傾向があります。

 

f:id:zetuenlife:20190907073623j:plain

スノースカートはペグダウンすることも可能ですが、 積雪期なら雪を積むことで冷気や雪の侵入を完全に防ぐことができます。

冬キャンプでは常識的なスキルですが、初めての積雪期のキャンプでは知らずに寒い思いをすることもあります。

 

テント本体がメッシュかどうか

f:id:zetuenlife:20180730003248j:plain

ダブルウォールテントの場合はインナーテントの素材がメッシュかどうかが大事なポイントになります。

4シーズンテントと言われるテントの場合は、写真のように防風性、保温性のある生地になっている場合が多いです。

理由は当然、そのほうがテント内が暖かくなりやすく、暖かさを維持しやすいからです。

 

f:id:zetuenlife:20181016211229j:plain

インナーテントがメッシュの場合はスノースカートがついていても通気性が良すぎてテント内が温まってくれません

スノースカートが付いてない場合は冷たい風が中まで入ってきてしまい、テントの中なのに風で寒さを感じることになってしまいます。

 

スノーフライの有無

f:id:zetuenlife:20190908210546j:plain

出典:HCS

国産の山岳テントには夏用のレインフライシートと別に、冬用のスノーフライシートを用意しているメーカーが多いです。

たとえばファイントラックのカミナドーム、プロモンテのVL、モンベルのステラリッジ、アライテントのエアライズなどには専用のスノーフライシートがあります。

スノーフライシートの特徴は、スノースカート付き、ジッパーを使わない出入口、通気性のある生地で耐水性がないこと、です。

・スノースカートは上記で説明した通り、冷気や雪の侵入を防ぎます。

・ジッパーではない出入口は、ジッパーは故障のリスクがあり、寒いと動きが悪くなるため、紐で入口を締める構造になっています。寒くても凍り付くリスクが低く、グローブのままでも開け閉めしやすいメリットがあります。

・通気性のある生地は、冬のみの使用を想定し、耐水加工をしていないため生地に通気性があり一酸化炭素中毒のリスクを低減させます。

夏用のフライシートの場合は生地に通気性がないためフライシートの下が雪で埋まると空気が入れ替わらなくなり、一酸化炭素中毒のリスクが上がってしまいます。 

 

冬用テントの特徴

f:id:zetuenlife:20190908211822j:plain

以上の点から考えると冬用テントは風や雪を防ぎ、テント内を暖かく、そして一酸化炭素中毒になりにくいように作られているテントと言えます。

そこを我慢できるか、対策することができれば夏用テントを冬キャンプで使うことが可能ということです。

 

夏用テントで冬キャンプをする注意点

寒さ対策と一酸化炭素中毒に気を付けて夏用テントを冬キャンプに使うための方法をいくつか見ていきます。

冷気の侵入を防ぐ

f:id:zetuenlife:20190907074342j:plain

夏用のテントを冬キャンプに使う場合、まずはスノースカートがない対策をしたいところです。

積雪地域なら一番楽なのがフライシートと地面の間を雪で埋めることです。

これだけで風や雪の侵入を防ぐことができます。

デメリットは通気性がなくなることです。

ただ大体どのテントでも上部にベンチレーションがついているはずです。換気能力は落ちますが、簡単に一酸化炭素中毒になることはありません。

 

テント内での火器は気を付けること

f:id:zetuenlife:20190907075443j:plain

雪でスノースカートを作った場合は特に換気機能が落ちているのでテント内での火器の使用は注意が必要です。

なにもしなければそこまで減らない酸素も、バーナーを使うと話は別です。危険度が格段にあがります。

テント内でバーナーを使う場合は多少寒いのを覚悟しても入口をあけて使うことをオススメします。

 

換気は忘れず

f:id:zetuenlife:20190907074409j:plain

火器の使用するしない関係なく、一定時間ごとに換気をするようにしましょう。

通気性の下がったテント内は思った以上に酸素が減っています。

空気の入れ替え程度の気持ちでテントの入り口を開けて換気をするようにしましょう。

タイマーなどをかけてもいいですし、トイレに行くタイミングなどしやすい頻度で換気をしていくことをオススメします。

一酸化炭素中毒は苦しい等の自覚症状一切ない危険なモノです。慣れてきてる時が一番危険ですので慢心せずに換気をしましょう。

 

入口半空きで寝るのもアリ

夜に雪が降っている場合は上部のベンチレーションも雪の重みでつぶれてしまうこともあります。

そうなると寝てる間に一酸化炭素中毒になる危険性も出てきます。

夜の積雪が多い日や不安な場合は雪が入ってこない程度に入口をあけて寝るのもありです。

入口をあけていればよほどのことがない限り一酸化炭素中毒にはなれません。

 

慣れるまでは暑すぎるくらい保温

f:id:zetuenlife:20181125211352j:plain

どう頑張っても冬キャンプは寒いですし、夏用テントで冬キャンプをするとなるとなおさら寒いです。

寝袋もいざというときは二重にできるようにサブ寝袋を持って行ってもいいですし、防寒着もいつもより多めに持っていくことで、想定以上の寒さに対応することができます。

持って行って使わなければラッキーという考えで、慣れるまでは暑すぎるくらいがちょうどいいです。

www.zetuenlife.com

 

結論・夏用テントでも冬キャンプは可能

f:id:zetuenlife:20190908213749j:plain

多少の知識と寒さと一酸化炭素中毒に気を付けさえすればインナーメッシュの夏用テントでも冬キャンプは可能です!

冬用のテントを買うよりも防寒着や寝袋、マットのグレードを上げたほうが冬キャンプはしやすいです。

そしてぼくは寝るとき以外はテントに入ることがないので、冬キャンプでもほぼ外にいます。

なのでたくさんの防寒着を持っていけばどんなテントでも冬用キャンプは可能ですよ!

 

ソロ冬キャンプにオススメなテント3つ

そうはいっても冬用テントがあると冬キャンプが快適になっていきます。

個人的にはフロアレスなシェルター型テントがオススメです。

靴を脱がずに出入りができ、コット泊と相性がいいのがメリット。

ワンポールテントでフロアを使ったり、ドームテントを冬キャンプで使うとフロア部が必ず濡れて乾燥というデメリットがあります。

OneTigris TIPINOVA

世界で一番になった冒険家が使っているティピーテント、で有名なTIPINOVA。

夏はインナーを使って設営、冬はインナーなしでフロアレスシェルターとして使いやすいです。

スノースカートがついていないのでそこの対策はしたいところです。 

灯油ストーブを入れやすいサイズで、がんばれば薪ストーブもいれれます。

まったりぬくぬくソロキャンプするには魅力的なテントです。

 

Naturehike VIK

Naturehikeの超軽量シングルウォールテント、VIK。

シングルウォールなのに前室があり、スノースカートが付いたモデルがあるのが特徴。

テントサイズが小さいので、荷物起きと寝る用のテントです。

冬のソロキャンプで寝るとき以外は屋外にいるよという人にオススメ

 

バンドック ソロベース

BUNDOK(バンドック) ソロベース BDK-79TC

BUNDOK(バンドック) ソロベース BDK-79TC

 

バンドックのTC素材のツーポールシェルター、ソロベース。

値段の安さとソロキャンプに最適なサイズ、TC(ポリコットン)素材なのが魅力です。

冬はコットかマットを引いて、入口部分に椅子を置いて焚き火をし、入口全開で寝る。そんな使い方をしたいですね。

www.zetuenlife.com

まとめ

冬キャンプというとハードルが高く思えますが、特別なテントも必要ないですし、夏にキャンプをしていたからなら意外と始めやすいです。

自分の道具を活用し、買い足しを少なく、始められる方法を考えてみてください!

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com