ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

科学と根性で考える冬キャンプのために寒さに強くなる方法!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20191030222134j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

よく寒さに強い人っていますよね。寒い地域に住んでいる人とか、日本にくる外国人とかです。

もし寒さに強くなる方法があるなら冬キャンプしやすくなっていいなあと思うので、科学面から見た寒さに強い人の特徴、寒さ耐性をあげる方法、根性論で寒さに耐える方法を調べてみましたので紹介していきます。

 

 冬キャンの魅力に気づいていない人はまずこちらからどうぞ!

www.zetuenlife.com

 

 

寒さに強い人

f:id:zetuenlife:20191030220859j:plain

そもそも寒さに強い人、寒さ耐性のある人というのはいるのでしょうか?ということから調べてみました。 

調べてみたところ寒さに強い人には共通した条件がありました。

・筋肉量が多い人

・寒さ慣れしている

・脂肪には断熱性がある

大体こんなところでした。それぞれさらに実践的に細かく書いていきます。


筋肉量を増やす

f:id:zetuenlife:20191030221422p:plain

これが書かれている場所が多かったのと寝袋の知識がある人だと知っている人も多いでしょう。

筋肉量が多い男性のほうが女性よりも体が暖かくなりやすいです。

具体的に説明すると、筋肉はエネルギーを消費し続けます。何もしていないときにもエネルギーを使い続けます。これが基礎代謝です。

そして常にエネルギーを消費していることで、常に発熱もしています。これが基礎代謝が高いと暖かくなりやすい、筋肉量が多いと寒さに強くなる。ということです。

 

そして筋肉量を上げることで寒さで震えた時の発熱量を増やす(シバリングorふるえ熱産生)こともできます。そのため男性女性以外に男性同士でも筋肉量の多い男性のほうが寒さに強いと言えます。

また加齢によって基礎代謝は低下するので、年をとって寒さに弱くなったということもあります。ただ加齢しても筋肉量を維持していれば寒さ耐性もある程度維持することができます。

 

まあれですよ、寒さに強くなって荷物も楽に持ちやすくなるので、筋トレをしようぜ、ということです。

www.zetuenlife.com

 

寒さ慣れ

f:id:zetuenlife:20191030221445j:plain

寒さに慣れる。寒い地域に住んでる人だから寒さに強い。そんな話ですが、これも科学的に解明されているようです。いくつか要因はあるようです。

まずは汗腺の数

汗の出てくる穴の数です。汗腺が少ないほど汗が出にくく熱を逃がしにくい体ということになります。

これは3歳までに育った環境で形成され、寒い地域で育った人ほど少なくなる傾向があるようです。ただ暖房のある屋内にいた、なども要因となってくるため寒い地域とイコールではないようです。

 

そして、非ふるえ熱産生と言われるものもあります。

これは先ほど説明して筋肉を震わせて発熱(ふるえ熱産生)する仕組みとは違い、体内のホルモンや内臓が発熱する仕組みです。

非ふるえ熱産生はミトコンドリアを多く含む褐色脂肪細胞が中心になって起こるものですが、上げる方法としては、食事をした場合や筋肉増強によるタンパク質が影響したり、するようです。そして寒い環境に長くいると寒さを感じ始めた早い段階で褐色脂肪細胞が活性しやすくなり、結果的に寒さに強くなるということもあるようです。

さっきと同じですね、筋トレしましょうということです。

 

脂肪をつける

f:id:zetuenlife:20191030221631j:plain

太った人に多くある脂肪。脂肪には断熱性があります。業界ではミートテックと呼ばれたりもしますね。

どんな太った人でも氷をつかめば寒いことからわかるように、寒さを感じるのは皮膚です。しかし氷点下で長時間屋外にいるキャンパーは皮膚からの短期的な寒さではなく、体の芯から冷えるような寒さを感じます。

そのためキャンプのような状況下では脂肪は効果的な断熱材となってくれます。

デブがいいというわけではないです、筋肉量を維持しつつ、表面に脂肪もつける。

目指すのはプロレスラー体系ですかね?

 

オススメの筋トレマンガ!

ダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス)

ダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

 

筋トレを人生に生かすならこちら!

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

根性論での寒さ耐性

科学的に暖かくなるには筋肉つければいいということでしたが、バカは風邪をひかない理論で寒くないと思えば寒くない理論もあるわけです。

寒さを知れば耐えられる説

f:id:zetuenlife:20191030220532j:plain

ぼくはこの理論で冬キャンプしていますが、マイナス24度でキャンプしたという経験や真冬の北海道でキャンプや登山をしているとどの程度の寒さがヤバいラインなのかがわかってきます。生き死にのラインです。

寒い→痛い→感覚なくなる。という過程で凍傷になりますが、痛いを過ぎて感覚が鈍くなってくるとヤバいなと思い始めます。

現在の気温や、天気、暖房の程度、体調などありますが、ヤバいな。となるまでは肉体的な寒さなので耐えれば耐えれるわけです。

そのため寒い環境で遊んでると感覚がマヒして死ぬ以外は大丈夫みたいな感じになってきます。根性論ですが、テントや焚き火、暖房があるキャンプならヤバいギリギリまで攻めていくのはありだと思いますよ。

 

動くのが一番暖かい説

f:id:zetuenlife:20191030220747j:plain

真冬の登山でも登ってるときは割と薄着になるものです。冬でも登ると暑いんですもん。海外の登山家も言ってました「歩いてる限りは死なない」と。

寒くなったら体を動かして発熱すればいいということです。体震わせるのは反射的な作用ですが、自分から体を動かせば運動強度も自由に調節できます。発熱量も自由に調節できるということです。

 

冬キャンプ中にしやすい運動と言えばやはりスクワットです。 

自重でのスクワットでもウォーキング程度の運動強度を得られます。しかも一歩も動かずに。立つことのできるテント内ならそこでもできます。

筋肉量も増やすことができ、すぐに発熱することもできます。冬キャンプとスクワットの相性は抜群というしかないですね。

 

f:id:zetuenlife:20190909143654j:plain

あと個人的にオススメなのがノコギリでの薪切り

ノコギリの運動強度はかなり高いです。冬でも汗かくほどです。

あえて長い木を用意しておき、寒くなったらおもむろにノコギリで薪を作り出す。めっちゃキャンパーっぽくていいですよね!冬キャンプの必携道具がノコギリと言えるでしょう。

前まではシルキーのゴムボーイでしたが、赤い高儀のノコギリに変えました。切れ味よく安価でオススメですよ!

【Amazon.co.jp限定】高儀 替刃式折込鋸 木工用 収納ケース付 赤 240mm

【Amazon.co.jp限定】高儀 替刃式折込鋸 木工用 収納ケース付 赤 240mm

 

 

基本は服や暖房で暖めること

いくら寒さ耐性をあげても基本は防寒着を着込むところからです。

ただ厚着すればいいわけではなく、効率的なレイヤリングをすることで微妙な温度差にも対応することができますよ。 

www.zetuenlife.com

 

 人の発熱には限界があります。道具に頼って、湯たんぽで物理的に保温するのが一番ですよ。

www.zetuenlife.com

 

寝袋内にいるときだけでなく、テントシューズを履いたままスノーブーツを履くのもありです。寒さ対策はは足元からですよ。

www.zetuenlife.com

 

寝るときは運動して保温することができません。冬用の寝袋を用意しておきましょう。

www.zetuenlife.com

 

まとめ

なぜ寒いのか。を知り、どうすれば暖かくなるのか。を考えるというキャンパーらしい思考での寒さ対策を考えてみました。

ただ言い訳させてもらうと書く前は筋トレ記事ではなかったんですよ、でも調べてたらこうなったので、そういうことなんでしょうね。

書きながらずっと筋肉ってすごいな。筋トレっていいな。って思ってましたよ。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com