ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

ソロキャンプ初心者のテント何にする?ソロテントの種類と選び方!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

ぼくはテント3張ハンモック2張タープ2張を使い分けてキャンプしています。一度に一つしか使えないのにどんどん増えていきます。怖いです。

全ての欲求を満たしてくれるテントはありませんが、初めてのソロテントということならある程度絞れると思います。

テントの種類がどんなものがあるか、その中でのオススメのテント、そして自分にあったテントの選び方を紹介していこうと思います。

 

先にこの記事の結論から言うと

初心者には前室広めのドーム型で、できれば吊り下げ式だと設営が簡単で幅広く使えてオススメです!

そして、テントは見た目が9割だと思っています。

f:id:zetuenlife:20180730235604j:plain

 

 

テントの種類

テントを選ぶ時に前にまずはテントの基礎知識です、どんな種類があるのかざっくり覚えてみましょう。

ドーム型テント

f:id:zetuenlife:20181205104833j:plain

ドーム型は一番シンプルなタイプのテントです。

ドーム型テントには大きく分けて2種類の構造があります。シングルウォールダブルウォールという構造の違いがなのですが、文字通りシングルウォールは一枚の生地で覆うタイプで生地が減る分軽くなりますが雨に弱く、結露しやすいためキャンプよりは登山向きです。

もう一つのタイプでインナーテントにフライシートを被せて防水性が高くなりと土間部分の前室を作ることのできるダブルウォールのテントがオススメです。

ダブルウォールテントにはインナーテントがメッシュのモノやしっかりした生地のモノがありますが、メッシュだと夏が涼しく冬寒いです。

ダブルウォールテントのインナーテントだけをタープの中に張る、カンガルースタイルという張り方もできるので新しい大型シェルターテントや夏場にタープの下にフライ無しで張ることができるので新しいテントを買っても出番があるのもメリットです。

f:id:zetuenlife:20181016211229j:plain

そのドーム型テントの中にさらにインナーテントの作りの違いで2種類あります。

スリーブ式

インナーテントに生地が筒状(スリーブ)についていてそこにポールを通すことで自立するタイプです。

耐風性が高く、全体の強度が高い

建て方が雑ということもあるのかもしれないが、ぼくはテントを数百回と使うとどれもポールを通す部分の生地が破けたりしています。

数百回っていうのがあまりないかもしれないですが、生地の中をポールを通すので中でポールが外れたり、ポールの先で生地を傷つけてしまうというシーンは必ずあると思います。

 

吊り下げ式

f:id:zetuenlife:20180730003248j:plain

インナーテントについているフックをポールに吊るすタイプです。

設営が早く、インナーテント無しでフライシートのみで建てれてシェルターになるものもあります。フロアレスで使い方の幅が広がります。またトンネル型のテントは大体このタイプです。

スリーブ式と比べてフライシートとインナーテントの空間が広くなりやすいため通気性がよく夏は涼しく、結露しにくいのが特徴です。

ぼくは設営が楽なので、ドーム型は吊り下げ式のものを選んでます。

設営が楽という面でいうとドーム型吊り下げ式が初心者に一番オススメだと思っています。

スリーブ式に比べると風に弱いといわれることがありますが、稜線のテン場な吹きさらしの登山での爆風の時でわかるかどうかの差だと思ってます。

メーカーやその山用テントかどうかのほうが大きいです。

f:id:zetuenlife:20181015094247j:plain

ぼくはダンロップという日本のメーカーのVL25という山岳テントを使っています。

現在はモデルチェンジしてVL26という名前に変わり細かく使い勝手が向上しカラーも変更されています。

プロモンテ VL26テントセット 純正アンダーシート付き

プロモンテ VL26テントセット 純正アンダーシート付き

   

次欲しいのはMSRのエリクサー3です。今年モデルチェンジして前室が広くなりました。

 

ワンポールテント

f:id:zetuenlife:20181015092055j:plain

名前通り1本のポールで建てるテントです。

女の子が使うようなオシャレなイメージがありますが、実は設営が簡単で素早く、風に強いという高スペックなテントです。

ソロ用だと四角形、五角形くらいのものが小型で使い勝手がよく、室内の半分が吊り下げ式のインナーでもう半分が前室部分で荷物を置けるものが多いです。

欠点としては端が低くなっているので見た目と反して使えるスペースが少ないことと、出入りのファスナーが低い位置にあるため開けるときにしゃがんで手を伸ばさなければならないことです。

タープと完全に連結するのが難しく雨の時の出入りで濡れやすいというのもあります。

コットンやポリコットン(TC)素材のものがあるため焚き火をガツガツする場合は穴開く心配がだいぶ減ります。

建てるのが楽ということで初めてのソロキャンプテントにはオススメできます。

テンマクデザインのPANDAがアースカラーとサンドカラーが生産終了ということで在庫限りの数量限定で割引されて安くなっているので今が買い時です。

 

f:id:zetuenlife:20180730005249j:plain

 ぼくはテンマクデザインのフロアレスワンポールテントのサーカスTCを使ってます。

TCというコットンの入ってる生地のため焚き火の火の粉で穴が開きにくく、結露しにくいのが魅力です。1人でも2人でも3人でも使える不思議なサイズ感がいろんな人のキャンプスタイルにマッチするテント。悪い所は、重いこととインナーテントが別売りなところですね。

手ごろな値段と絶妙なサイズ感で、TC(ポリコットン)テントの火付け役だったワンポールテントです。

  

個性派

ワンタッチテント

1分くらいで建てれて、シングルウォールのものが多いですがダブルウォールもあります。

公園や川原でのデイキャンやバイクツーリング、ワカサギ釣り用のテントなど早く立てる必要性があり、見た目や耐水性がそこまで重要じゃないシーンで活躍します。

パーツが全て一つになっているため破損したときの修理が難しく、また耐久力があまり強くないモノが多いです。

設営の手間が省けるためキャンプでのステップアップを考えてない初心者の方にはオススメですが、長くキャンプをしていこうという方だと物足りなさを感じるシーンが出てくると思います。

 DODのテントは前室が広くツーリング向きです。1日走って疲れてるときにパッとテントを設営できるのは非常に楽で助かります。

 

パップテント

軍用ポンチョを使い建てるブッシュクラフターが好んで使うイメージのテントです。

コットン地のため焚き火に強く雨に弱いです。

最近ではDODも出しているので手が出しやすくなりました。

ワイルドなキャンプをしたい方にオススメのテントです。

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) パップ風テント パップフーテント T2-540-TN
 

  

ツールームテント

ワンポールテントと似てますがポールが2本ある分居住性が上がります。

大きめのものが多いためあまりソロキャンプには向いてませんが、荷物が多い方やゆったりしたい方、たまに数人でいくときにはタープ代わりのシェルターとして使えます。

冬キャンプでは全面締めきれるので暖房器具との相性もいいです。

小川キャンパルのツインピルツやニーモのヘキサライト、MSRのパビリオン、ローカスギアのソリスシルなど名品が多いです。

安い中華幕もあるのでそれを使ってみたいですね。

 

選び方のポイント

テントの種類がわかったところでその中から自分に合ったものを選ぶ基準を考えます。

サイズ

全体サイズではなくインナーテントのサイズが大事です。

大体長さは200~220cmくらいで人が寝た時に頭と足がテントに触れない程度の長さになっています。

なので幅の広さを見て大きさを決めていきます。

荷物少なめの方で幅120x200cm(1人用~2人用テント)くらい、荷物少し多めというソロの方で幅180x200cm(3人用テント)ぐらいを目安にするといいです。

180x200cmあれば2人で寝て多少荷物を入れることも可能な大きさです。

f:id:zetuenlife:20181015093524j:plain

↑が180x200cmです。

さらに大きい分には便利ですが、収納サイズも大きく重くなるのでトレードオフです。

 

f:id:zetuenlife:20181015093752j:plain

1人用の大きさで90x200cmのテントだとこのくらいの広さになります。

横に荷物をギリギリ置けますが体か荷物がテントの壁面にぶつかる広さです。

 

前室

f:id:zetuenlife:20181015094734j:plain

インナーテントとフライシートの間の部分です。

ダブルウォールのドームテントについてますが広さが様々でツーリング仕様のテントだとかなり広くなっていてバイク屋自転車を入れれる広さがあるものもあります。

そのスペースを荷物置きや煮炊きをするスペースにするとものすごく快適になります。

とくに雨の日は出入りのしやすさや前室で作業できるので、前室のありがたみをより感じられます。

北海道限定ですが、前室に荷物を置いたまま寝るとキツネに荒らされることがあります。気を付けてください。

 

建てやすさ

f:id:zetuenlife:20180803000446j:plain

ソロテントだとそこまで設営に時間がかかることもないですが、早く楽に建てれるものというのはそれだけでキャンプに行きやすくなるので正義です。

基本的に大きくなるほど建てるのに時間がかかるようになりますので適度な大きさを。

身長ほどの高さがあるとフライシートをかけるのが大変になります。高さが低いと居住性が落ちますが、ソロテントなら大して問題はないです。建てやすさが重要です。

そして、吊り下げ式ドーム型ワンポールテントは建てやすいです。

 

見た目

ワンポールが好き!ドーム型が好き!と好みがわかれると思いますがカッコイイが正義です。も重要で好きな色でサイトを統一するとオシャレになるためテントの色は大事です。多少建てにくくても、重くて狭くても、好きなテントならそれだけで楽しいのがキャンプです。

画像検索で色指定でテントを検索すると見たことないテントに出会えることもあるのでオススメです。もうひたすらに調べましょう。

f:id:zetuenlife:20180728001624j:plain

また、テントは夜に中でランタンを付けた時もすごくカッコいいです。

お気に入りのテントならテント張ったのに外で寝ることもあるほどで。

夜景撮影は特にシルエットと色が出やすいのでテントの色も重要になります。

 

実際に選ぶ 

実際にぼくがテントを選ぶ手順です。

①ドーム型orワンポールorその他

まずはテントの種類を決めます。

②色を決める

選んだテントの種類で好きな色を選びます。

その色合いのテントを全部リストアップします。

③サイズをリストアップ

インナーテントのサイズ、重量、前室の広さ、値段、そのテント特有の機能をリストアップします。

④リストアップしたものを比較

かっこよさ>値段>インナーと前室の広さ>重量>特有の機能

リストアップしたもので大体この順番で選びます。

建てやすさや耐水圧、ファスナーの位置などもありますがテント選びの9割は見た目だと思ってます。残り1割で値段と機能です。

 

すぐに新しいテント欲しくなる

キャンパーになったのならテントを1つ買って終わりなんてことはないです。

いらなくなったら売ってもいいですし、その日の気分で使い分けてもいいですし、1度に1つしか使えないのに何個あっても困らないとかいう理論を展開しだすのも時間の問題です。

f:id:zetuenlife:20180730014227j:plain

 

まとめ

初心者には前室広めのドーム型で、できれば吊り下げ式テントがオススメです。

そして、テントは見た目が9割です。

好きな見た目なら多少の不便さは我慢できますし、それでも不満なら機能重視のテントを買い足せばいいです。後悔のないテントは好きなテントだと思ってます。

可愛いと、カッコいいと思ったテントに全力でキャンプの愛情を注ぎましょう。
www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com