ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

氷点下20度想定の冬キャンプの服装!コツはレイヤリングと焚き火対策!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190909165603j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

冬キャンプしたいけど寒そう、何着ればいいの?そんな冬キャンプの服装で困ってる方多いのではないでしょうか。

北海道でマイナス20度以下でも元気に冬キャンプをしているぼくが、レイヤリング(重ね着)の基本、実際に着ているウェアの紹介、焚き火対策の方法を紹介していきます。

 

冬キャンの魅力を書いた記事もどうぞ!

www.zetuenlife.com

 

 

レイヤリング(重ね着)とは

f:id:zetuenlife:20190909170458j:plain

レイヤリングとかっこつけて言ってますが、重ね着のことです。

レイヤリングを意識してウェアを着るメリットは一枚一枚のウェアの効果を存分に発揮させること。そうすることで極寒の気温はもちろん、幅広い温度に対応しやすいのです。

そのレイヤリングを上半身、下半身、頭部、手、足と体の部位ごと全てに応用していくことで春や秋から真冬まで似たウェアで対応することができます。

寒がりな人でも部位ごとに寒さ耐性は違います。ぼくは手足が弱いですが、上半身下半身は寒さに強いです。自分の寒さに弱い部位は特にレイヤリングを意識するようにしましょう。

 

f:id:zetuenlife:20190909173151j:plain

登山でのレイヤリングを理解している人は多いですが、冬キャンプでのレイヤリングは少し特殊です。

レイヤリングは大きく3つの層を意識して組み合わせていきます。

ベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーの3つです。順番にレイヤリングの考え方、ウェアに求める性能を説明していきます。

 

ベースレイヤーの考え方

ベースレイヤー、またはアンダーウェアと呼ばれます、一番内側の肌着に相当するウェアですね。

外側からは見えにくく何を着てるのかわからないためオシャレ要素を組み込むことができませんが、肌に直接触れるためとても重要なウェアです。縁の下の力持ちという感じです。

アンダーウェアに求められる性能は吸汗・拡散・速乾・発熱・保温・防臭です。

肌から汗を吸い上げ、外側のウェアに拡散、そして速乾、またウール素材は汗で発熱します。防臭性能も高いです。そして冬用のモノは厚手なため高い保温力が求められます。

防寒を考えるとウール配合のアンダーウェアが保温力が高くオススメです。

吸汗するためには体に合ったサイズを選ぶ必要があります。国産メーカーが合う人もいれば、海外メーカーのものが合う人もいます。

 

アンダーウェアは屋外で脱ぎ着することのない層なので、分厚すぎるものを着ると車の中や暖房をつけたテント内で暑いけど脱げないという困ったことになります。

そしてテント設営時など冬キャンプでも汗をかくような場合もあります。厚すぎるのは考え物です。中厚手位のものが秋~春まで使え、便利です。

アクティビティもする方やより汗冷えを気にする方はアンダーウェアの下にメッシュ系のベースレイヤーの着用をオススメします。ミレーのドライナミックメッシュやファイントラックのスキンメッシュなど。

 

ミドルレイヤーの考え方

f:id:zetuenlife:20180913230151j:plain

フリースやインナーダウンや化学繊維の中綿ウェアなどの中間着がミドルレイヤーと言われる層です。求められる性能は圧倒的に保温力

冬キャンプではこの保温層が大事で、ぼくは最大3枚のミドルレイヤーで0度~マイナス20度を使い分けています。

ただ3枚も着ると保温力は高いですが動きにくいです。

ミドルレイヤーを1枚で済ませようとする人は多いですが、最低でもフリースとダウンの2枚は必要です。

さらに薄手と厚手のフリース、薄手と厚手のダウンなどがあると着回しがよくなります。

4着あればその日の天候次第で、薄手のフリース+薄手ダウンや薄手フリース+厚手ダウンという組み合わせが可能です。

冬キャンプは昼夜の温度差が激しく、日中はフリースでもいける気温だったのに、夜はフリースとダウンとアウターを着てもまだ寒い、なんて事態もザラです。

ただ冬キャンプだからといって汗をかくほど厚着をするのは逆効果で汗冷えしてしまいます。適温にするためにミドルレイヤーを数枚で組み合わせていくのが効果的です。

 

アウターレイヤーの考え方

f:id:zetuenlife:20180913101439j:plain

一般的に求められるアウターレイヤーの機能は防水性、防風性などの対候性です。

キャンプでも必要な性能ですが、それと同時に対焚き火性能が必要になるのがキャンプアウターの特殊なところ。

対焚き火性能のためにはコットン配合素材になりますが、コットンは防水性耐風性が低いです。そのため別々に2着持つのがオススメです。

防水性、防風性を求めたアウターは一枚物のソフトシェルやレインウェアスキーウェアなどナイロンの中綿入り防水ウェアがオススメです。

テント設営時や天気の荒れたタイミング、寒いときに羽織る用が使います。

積雪の多い地域だと雨が降らないため防水性よりも着心地を重視したソフトシェルもオススメです。ストレッチ性があり、動きやすく、雪も付着しにくいです。極寒な時期ほど雪がさらさらになり防水性が重要ではなくなっていきます。

ただカマクラを作るなどハードな雪遊びなら防水ウェアも必要になります。

そしてアウターはダウンではないほうが使い勝手がいいです。ダウンは濡れに弱く、雪遊びのアウターに向かないこと、焚き火臭が付いたときに取りにくいというデメリットがあるためです。ダウンはあくまで中間着。

 

f:id:zetuenlife:20190909174752j:plain

そしてもう1着アウターとなる焚き火ウェアはコットン配合の素材のもの。ナイロンに比べ焚き火耐性が高く、穴が開きにくいです。

種類は数多くありますが、グリップスワニーやワークマン、コロンビアやモンベルなどがオススメです。その中でもポンチョタイプは使い勝手がいいです。

防水アウターの上からも簡単に着れますし、中で防寒がしやすいです。座った時に膝まで焚き火から守ることができるのもメリットですよ。

動きにくいのがデメリットですが冬ならそこまで気にならないでしょう。

 

ちなみに冬はアウターパンツは焚き火対策はしません

思ったより焚き火で穴の開くことがないのと、耐水性のほうが大事だからです。

安いウェアをアウターにして数年ごとに消耗品感覚で買い替えてます。

今年はワークマンのイージスシリーズかなと思っています。

 

上半身ウェア

f:id:zetuenlife:20190909175100j:plain

実際にぼくの着ているウェアを参考にレイヤリングをみていきます。

左から順番に

・ミレーのドライナミックメッシュ

・モンベルのスーパーメリノウールEXP

・モンベルのトレールアクションジャケット

・モンベルのサーマラップジャケット

・モンベルのアルパインダウンジャケット

・グリップスワニーのファイアープルーフポンチョ

最大でこの6レイヤリングです。圧倒的モンベル率にぼくもびっくり。

去年まではミレーのビオナセジャケットというソフトシェルもアウターにきてましたが、破けました。今年は雪遊びの時はレインウェアを使おうかなと思ってます。

さらに細かくレイヤーごとの説明をしていきます。

ベースレイヤー

ベースレイヤーは2枚です。ベースレイヤーとアンダーウェアですけどね。

まずミレーのドライナミックメッシュ。網タイツな見た目の変態感で避ける人も多いですが素材に厚みがあるため空気の層ができやすく一番内側に着ることで暖かいというウェア。そして汗離れも良く冬の汗冷えもなくなります。

ぼくは夏も使うのと肩回りの楽さを求めタンクトップ型を使っています。

エベレストや南極に行く人も使っている高性能アンダーウェアです。

たまに肌が隙間がかゆくなるという人もいるので、できればお店で試着をしたいところ。

 

そして2枚目にモンベルのスーパーメリノウールEXPのハイネックタイプを着ています。メインのアンダーウェアに関して言えば暖かいアンダーウェアならなんでも大丈夫です。

ただウール(羊毛)が入っていると汗で発熱するため暖かいです。

ポリ素材のものは動いた汗で発熱などの効果がありますが、座りっぱなしになりやすいキャンプとの相性は悪いです。

安いものならユニクロの極暖シリーズ、少し手を伸ばすならミズノのブレスサーモがオススメです。

 

ミドルレイヤー

保温着ですね。

・モンベルのトレールアクションジャケット

・モンベルのサーマラップジャケット

・モンベルのアルパインダウンジャケット

この3つを使い分けてます。

トレールアクションジャケットはストレッチ性のあるフリースで、基本常にきています、車の運転などはベースレイヤー2枚の上にトレールアクションジャケットのみだったりします。

そしてキャンプ場到着で設営するまではサーマラップジャケットを着たり着なかったりと温度調節、気温次第で対応していきます。

座って焚き火しようというシーンやごはんを食べるとき、運動量が落ちたらトレールアクションジャケットとサーマラップジャケットの2枚着て焚き火アウターを羽織り保温力アップです。

これでマイナス10度くらいならいけますが、さらに寒いときはダウンジャケットも着て対応します。

また寝るときはその日の気温次第でこの3枚を着合わせます。

ただダウンまで来て寝るのは稀です。マイナス20度とかそんな日くらいです。

大体は朝起きて寝袋から出るときにダウンを着るという用途です。

 

考え方としてはベースレイヤーの上は肌さわりもよく、あまり脱ぎ着しないフリース。フリースは厚手薄手を2枚くらい持っておくと使い勝手がいいです。デザイン性も高いのでお気に入りのフリースを選びましょう。

その上に適度に防風保温性のある中綿ジャケットを重ね、寒い時や風のある時に着ます。ダウンではなく、化繊ジャケットは着ぶくれしにくいのもメリットです。

そしてさらに寒い夜や寝起きのシーンに対応するダウンウェアを用意しておくという考え方です。初冬や晩冬は薄手のダウン、真冬は厚手のダウンといった組み合わせで持っておくのもオススメです。

f:id:zetuenlife:20190909181259j:plain

また中間着はフードなしを選ぶようにしています。首元が寒いのは仕方ないですが、重ね着したときにフードがあるのはストレスです。

[モンベル] フリースジャケット 1106543 ブラック 日本 L-(日本サイズL相当)

[モンベル] フリースジャケット 1106543 ブラック 日本 L-(日本サイズL相当)

 

トレールアクションシリーズはストレッチ性の高いフリースで動きやすく中間着に最適!

 

フリースの上には中綿ウェアを、ワークマンのエアロストレッチアルティメットフーデッドパーカーはシームレス安価内側アルミで適度な保温力です!

 

アウターレイヤー

焚き火用

ぼくが使っている焚き火用アウターはグリップスワニーのファイアープルーフポンチョ。焚き火に強いコットン製のポンチョ。適度に耐風性はありますが、耐水性はありません。これを着て雪の中を遊びまわるようなことはないので困るところではないです。

丈が長く、膝下まで覆ってくれるため焚き火の前にいることが多い秋冬は非常にありがたいです。

フロントのポケットが大きく手袋、スマホノコギリナイフなどなんでも入れれるのもお気に入りポイント!顔と手を中に入れてポンチョ内で作業をすることで細かい作業をすることができるのもポンチョのメリットです。

 

今や定番、ワークマンの綿アノラックパーカー!
ツートンカラーが増えて老若男女問わず選ぶことができます。
中を厚着できるサイズ感を選ぶと冬キャンプでの使い勝手が良くなりますよ!

 

防水ウェア

去年まではこのミレービオナセジャケットを雪遊び用のアウターにしていました。撥水性、ストレッチ性の優れるソフトシェルです。

ぼくは2年ほどヘビーに使って破けましたが、オールシーズン使える万能ソフトシェルでした。

ただ冬メイン用で考えると裏地のあるもっと厚手のものが好ましいです。

 f:id:zetuenlife:20180913101439j:plain

今年は焚き火以外の雪遊びシーンではストームクルーザージャケットを着ようかなと思ってます。

夏用の雨具で保温材は入ってませんが、防水性防風性ばっちりで雪遊びに最適です。 中のレイヤリングをしっかりしていればウェアにアウターウェアに保温力は必要ありません。

 

冬用で用意するなら防水性の素材を使っていて保温材入りのウェアがオススメ!

ワークマンのAEGISシリーズの防水防寒ストレッチジャケットは耐水圧8000mmで中綿封入の冬用アウターに最適!

 

下半身ウェア

f:id:zetuenlife:20190909183448j:plain

下半身のウェアです。

こちらもアンダー、ミドル、アウターの3枚構成です。

・モンベルのメリノウールMWタイツ

・ユニクロのフリースパンツ

・モンベルのサンダーパスパンツ、という3枚です。

考え方は変わらないですが、こちらはとりわけ脱ぎ着の少ないウェアなので暑すぎてもだめですし、薄すぎてもだめです。

ただ上半身よりも下半身のほうが筋肉量が多いため寒さは感じにくいです。上半身ほど厚着する必要はないです。

アンダーウェアは中くらい程度の厚さのもの、もちろんウールが好ましいです。そしてきつすぎると血流が悪くなるので締め付けない程度のものがいいです。

中間着はフリース、肌触りのよさと動きやすさ重視です。コットンが入ってないものが理想です。

アウターは防風防水性のあるウェア。スキーウェアやレインウェアがオススメ。

さらに真冬はフリースの上にダウンや化学繊維のパンツを合わせるのもオススメです。最大4枚というところですね。

 

下半身ウェアで一番大事なのはアウターです。雪の中を歩くとほぼ雪がついて濡れてしまうので防水性が大事です。

また座ったり遊んだりするときも濡れやすいので防水性のしっかりしたウェアがオススメです。

パンツのアウターはスキーウェアのような中綿入りが暖かいです。 

 

ワークマンの耐水圧8000㎜で中綿入りの防水防寒パンツ。

フロントジッパー付きでアウターとして履きやすいです。設営撤収や寒い朝晩にさっと着用できます。

裾ファスナーもついているため靴を履いたまま履けるのもアウトドア用として考えられていますね

 

 メリノウール100%のアンダーウェアです。

この金額は嬉しいですね、上下もそろえることができます。

 

ワークマンの防寒スポーツパンツ。裏がフリース生地で肌さわりが良く寝るときにも良さそう。

ストレッチ性が高いパンツなので動きやすく、保温力も高い秋冬用です。

これをベースに上からダウンパンツを履いたり防水パンツを履くのがオススメ。

 

Naturehikeのダウンパンツは750FPで250gと超軽量で冬キャンプにオススメです。

ダウンは焚き火で穴が開くと中の羽毛が出てきてしまうので、上から違うパンツ履くのもありですよ。

AEGISMAXにはよりダウン量の多いパンツもあります。寝袋と一緒にオススメ!

www.zetuenlife.com

 

頭の防寒

f:id:zetuenlife:20190909184605j:plain

頭から顔、首にかけての防寒です。

左から順番に

・モンベルのスーパーメリノウールEXPネックゲーターロング

・ファイントラックのバラクラバビーニー

・ ミレーのアクティブウールビーニー です。

全てウール素材のため保温力重視です。

これも常時すべてを付けるわけではなく、寒さに応じてつけ外ししていきます。

脱ぎ着のしやすい部位なのでこまめに温度調節ができるので枚数を増やしても不便ではありません。

f:id:zetuenlife:20190909184612j:plain

全部装着でこうなります。

赤くて、怪しい。そんな装備です。

目以外を覆うことのできるバラクラバ(目出し棒)は持っていると寒い時や雪遊びの時に重宝するので使わなくても所持しておくと便利です。

そしてネックウォーマーは肌触りがいいもので、あまり厚みのないものがかさばらずに便利です。ポリのフリース素材か暖かさ重視ならウール素材がオススメ!

ちなみにマフラーだとかさばるのと脱げやすく、無駄に長いというデメリットがありますのでアウトドア向きではないです。

帽子は好みのものでいいですが、耳まで覆えるものを選びましょう。

耳はとりわけ冷えやすいです。

モンベル(mont-bell) ジオラインL.W.バラクラバ #1107500 (ブラック(BK)

モンベル(mont-bell) ジオラインL.W.バラクラバ #1107500 (ブラック(BK)

 

 

手袋

f:id:zetuenlife:20190909184624j:plain

キャンプでは手袋を4種類使い分けます。

左から順番に

・厚手の革手

・防寒テムレスブラック

・モンベルのトレールアクショングローブ

・モンベルのウィックロンZEOサーマルグローブ です。

使い分けとしては焚き火用の皮手袋防水防寒の主力で雪に手が付くシーンで使う防寒テムレスカメラを撮るときや雪に触れずに遊ぶときようのトレールアクショングローブ(フリース手袋)、そして予備だったりインナーになる薄手の手袋というすみわけです。

レイヤリング的に言うと左側2枚はアウターグローブ、右側の2枚はインナーグローブです。

寒さ次第で1枚や2枚で重ねて使う感じです。テムレスが一番便利ですね。

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双

 

冬山登山する人も使うマイナス60度でも硬化しない防水透湿素材の手袋。

保温力はそれなりで寒い日は寒いので過信しないように。

アウトドア用の防寒テムレスもでるらしいです?

 

冬用の皮手袋。

保温力があり、耐熱性もあるので便利です。 

 

靴と靴下

f:id:zetuenlife:20190909184637j:plain

靴下は

・モンベルのメリノウールアルパインソックス

・モンベルのジオラインLWソックス を重ね履きしています。

インナーの5本足ソックスを合わせることで汗冷え防止と保温力アップです。これは好みであってもなくても。

メインの靴下は厚手のメリノウールソックスであまり締め付けないもの楽にはけるためオススメ

 

ミズノのブレスサーモはウール配合で保温力が高く、耐久性も優れるためオススメの靴下ですよ。

 

f:id:zetuenlife:20181119095730j:plain

靴は

・ソレルの1964パックナイロン です。

 革のカリブーのほうが暖かいですが、重く歩きにくいのでパックナイロンを履いています。

寒いときに靴下2枚などを合わせても履けるサイズのスノーブーツサイズにすると便利です。

ただ普段履きもするなら大きすぎるので、最適なサイズを。

[ソレル] 1964 Pac Nylon NM1440-F14 011 (Black, Tusk/9)

[ソレル] 1964 Pac Nylon NM1440-F14 011 (Black, Tusk/9)

 

 

スノーブーツの選び方とオススメも紹介してます!

www.zetuenlife.com

 

注意点

f:id:zetuenlife:20190909201157j:plain

レイヤリングを上手にすることでぼくはこのウェアで0度~マイナス20度まで対応することができます。

よくある間違えが、一枚を厚くし過ぎてしまう人です。

例ですが、ノースフェイスのバルトロは保温力は圧倒的でマイナス20度のみなら便利ですが、0度やマイナス10度など気温の変化に対応しにくいデメリットがあります。

そのため、1枚1枚は適度な暑すぎない厚さで、4~5枚ほどのレイヤリングでウェアを組み替えるのが対応力に優れ、使い勝手がいいです。

しっかりとレイヤリングを意識して、どのシーンでどのようにウェアを使い分けるか考えながら、ウェアの性能を知り服を選べるようにしましょう。

何度も繰り返しますが、基本はベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーです。無理に買い足さなくても持っている夏用のウェアで対応できる場合も多いです。自分の着てるウェアの性能を一度考え直してみてください。

 

まとめ

冬キャンプウェアをレイヤリングで対応させることで、秋から初冬、冬、厳冬期、残雪期、春とスムーズに対応することができます。

レイヤリングは夏や街着、寝袋でも使える技術です。一度意識して服を選んでみるのをオススメしますよ!

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.comwww.zetuenlife.comwww.zetuenlife.com