ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

キャンプでブランケットが大活躍!防炎じゃなくても焚き火ポンチョに!

スポンサーリンク

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

キャンプであると便利なモノの一つにブランケットがあります。ぼくはフリース素材のものを使っていて、ボタンがありポンチョっぽく羽織ることができるため非常に重宝しています。

今回は、ぼくがするブランケットの活用方法素材ごとのオススメ、持ち運びの方法をご紹介していきます。

 

冬キャン記事

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

 

 

ブランケットの使い道

ぼくのブランケット

ぼくは昔ユニクロで買ったプーさんのブランケットを愛用しています。ディズニーのプーさんです。ただのぷーさん好きです。

裏が毛足の長い毛布素材でかなり暖かいです。今では売ってないので次はなににするか迷ってますが、防水性のあるモノにするとさらに幅が広がりそうだと思っています。

 

焚き火ポンチョにもなる

毛布素材のため焚き火の火の粉で溶けますが生地が分厚いので穴は開きにくいです。みすぼらしくなっていきますが。

ポンチョ型ということで腕周りが動かしやすく、焚き火も怖くないですし防寒着としても活躍してくれます。プーさんが全面に出ているためちょっと可愛すぎてキャンプ場だと恥ずかしいのですが人のいないとこではもっぱらプーさんです。

グリップスワニーの焚き火ポンチョも持っているのですが少し生地がしっかりしていて重たいのが欠点です。

 

夏はブランケットだけで寝れる

ぼくは夏場の気温が高い時期は寝袋を使わないことが多いです。

少し寒そうだとダウンウェア上下を着込んでさらにブランケットをかけて寝ます。

サイズが小さいため全身は入らないですが、足だけ寒かったりするとテントシューズを履いたりして対応してます。

 

寒い時期は寝袋の中に入れる

寒い時期は特に活躍してくれます。

焚き火ポンチョとして使ったまま寝袋の中まで持っていきます。

時期や状況で使う位置が変わりますが、上半身を巻いたり、足を包む使い方が多いです。

f:id:zetuenlife:20181125211309j:plain

 

モノによってはレジャーシートにもできる

ぼくが使っているブランケットは毛布素材で汚れや水に強くないためあまりやらないですが、水気のない芝生の上や地面に寝転がりたいシーン、荷物を地面に置くときにブランケットをレジャーシート替わりにすることがあります。

本当に一枚何役なんだってくらい使ってます。

 

こんな使い方もできそう

ぼくはまだやったことのないものですが、思いつくものだと。

・薪を包んで運ぶトートバッグ代わりにする。

・ハンモックのアンダーキルトにする。

・テント内でマット代わりにする。

などですかね。

一枚の布で汚れを気にしなければなんにでも使えるのでアイディア次第ですね。

 

ブランケット素材の違い

フリース

フリース素材や毛布素材のものです。ポリエステルでできているため火には弱いですが比較的安いものが多いです。

消耗品という考えで焚火ポンチョとしてもガンガン使っていってダメになったら新しいモノを買うという使い方もいいと思いますし、ぼくはそうです。

マイクロフリースのようなモノでなければ思ったほどへたらないですし、焚き火で簡単に穴も開かない印象です。

 

コットン

ペンドルトンが有名です。形はポンチョになりますが、グリップスワニーもここに入ります。

火に強いというのが一番のメリットです。焚火用がメインならコットン、綿素材のブランケットがオススメです。

生地が重いことと濡れると乾きにくいことがデメリットです。あと金額が高いものが多いです。

 

ダウン

モンベルやイスカ、カナディアンイーストのダウンブランケットが有名です。

ダウンのいい所は圧倒的に軽量コンパクト保温力が高いところ。持ち運びがしやすいのでいるか要らないかわからないシーンや寒そうなシーンでは活躍してくれます。

外側が薄手のナイロン生地のため焚火用には使えないです。一瞬で穴が開きます。またダウンを使っている分金額が高いです。

 

オススメのブランケット

ペンドルトン

コットン素材なので焚火に強いので焚火用ポンチョとして羽織るのもいいでしょう。オシャレなので自宅でも使えますし、さらに使い道が増えそうです。

 

イスカ 

イスカ(ISUKA) ダウンブランケット ブラック

イスカ(ISUKA) ダウンブランケット ブラック

 

  寝袋メーカーなイスカのダウンブランケットです。720FPという高品質ダウンを使われているハイスペックブランケットです。

保温力が高くコンパクトになるので持ち運び安く、テント内での保温や寝るときに寝袋の保温力をプラスできます。また普段使いのひざ掛けなどにも使えます。

 

フリース素材

フリース素材ブランケットの特徴は肌触りの良さです。あと種類が多く安いです。基本的に火が付くと溶けます。さらにマイクロファイバーみたいな目の細かいタイプになるほど火に弱くなりますが消耗品と思えば値段重視で選んで間違いないでしょう。あとは柄も大事ですね。

数年前に流行ったしまむらのペンドルトン柄のしまドルトンと言われるブランケットもフリース素材でした。意外と穴が開いたり破けたりしても使えるのでガンガン使っていけます。

f:id:zetuenlife:20181206020649j:plain

 

www.zetuenlife.com

 

【おまけ】秘密結社ブランケットごっこ

f:id:zetuenlife:20181206015751j:plain

ブランケットを使うとゆるキャンの怪人ブランケットになることができます。またグループでキャンプに行ってみんなでやれば秘密結社ブランケットを組織することもできます!やってみたい!チクワ総統も連れていきたい!!

なでしこが使ってるブランケットはネイティブ柄が出ているのでおそらくペンドルトンではないかなと思います。

 

まとめ

ブランケットはほぼすべてのキャンパーにとって使い道のある道具だと思います。必須ではないけれど、あると確実にキャンプが楽しくなる道具です。

コットンやフリース、ダウンや他にも防水素材の高機能なモノもあります。素材の特徴を理解して自分の用途に合ったブランケットを用意しましょう。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com