ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

キャンプ場で寝袋に包まってふたご座流星群を見るための方法!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

2018年12月14日21時頃にふたご座流星群が極大日を迎えます。

冬は空気が澄んでいて星空を見るのに最も適した季節です。もちろん見に行きますよね?見るならキャンプ場で寝袋に包まってみますよね?

というわけでふたご座流星群のことと、寒い時期に暖かくして流星群を見る方法+αで快適になる道具の紹介をしていきます。

f:id:zetuenlife:20181205222905j:plain

 

 

 

ふたご座流星群のこと

f:id:zetuenlife:20181205213357j:plain

出典:国立天文台 天文情報センター

 

2018年のふたご座流星群の極大日は12月14日の21時頃です。また、ふたご座流星群はペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群と並ぶ三大流星群のひとつに数えられます。

14日は22時30分頃に月が西の空に沈むため月齢的にはとても良い気象条件です。13日の夜は9時40分に月が沈みます。天気さえ良ければ少し数は減りますが十分流星群を観測することができます。14日だと1時間に40個以上の流れ星が期待できます。

また天文薄明という東の空が明るくなってくる15日の朝5時頃までの時間がふたご座流星群を見ることができるため実に6時間半ほどのチャンスがあります。正直眠いですし、寒そうですね。

 

流星群を見るコツ

放射点はふたご座の辺りなのですが、空全体で流れ星は見れます。そのため寝転がって空全体をぼやーっと眺めるのが理想的です。

椅子に座ってみるのもいいのですが真上を見るのは首の角度がつらいです。

どうせキャンプや屋外で見ているのなら、寝転がってみるのが見やすいですし、暖かくしやすいです。オススメは寝袋に入って空を眺めて気づいたら寝ているという見かたです。

 

暖かく流星群を見るための方法

いくら流星群が来るといっても12月14日は冬です。寒いです。北海道は日中の最高気温が0度くらいです。でも見たいので見るための方法をご紹介します。

寝袋に入って眺める

f:id:zetuenlife:20181125211352j:plain

キャンプでの一番の防寒といえばやはり寝袋ですね。モンベルなら#1~2、イスカならair450か630、NANGAならUDD630か450クラスは欲しい時期です。体質や地域や標高によって大きく変わるので参考程度ですよ。

ですがキャンパーならすでに寝袋は持っているでしょう。 

 0度程度なら積雪していてもこちらの記事の方法で対応できます。

www.zetuenlife.com

 

また流星群を見れる状況なら雨や雪が降るということはないので濡れる心配はないです。

そう、結露を除けば!結露はするので長時間屋外で寝袋に入ってると晴れていても寝袋の外側がべちゃべちゃになってしまいます。ダウンのシュラフを使っている場合は濡れると保温力が落ちてしまうので要注意です。化繊のシュラフの場合で夏用の薄いタイプだと濡れて寒くなりますが、冬用の厚手のモノなら多少濡れても朝までは耐えれるはずです。

結露対策としてはレジャーシートやエマージェンシーシート、あればシュラフカバーが理想です。耐風性も上がるので何か外側にかけるのをオススメです。寝袋を二重にして対応されてる方は外側が濡れるだけで済むので無くてもいいと思います。

 

コットがあるとサイコー

キャンプ用の折り畳みコットを使うと地面に直接寝なくていいので地面の固さや冷たさから解放されるのでオススメです。

ただ寒い時期のコットは下を風が吹き抜けるため寒くなりやすいです。

対策はコットの上にエアマットや銀マットを引くことか、コットの下にカバンや着替えなどを敷き詰めて空気の通るスペースをなくしてやることです。マットを持っていくようにして、忘れた場合は荷物を詰めるというのがいいかなと思います。

 

コットが無い場合はレジャーシートを引いた上にマットを引いて見ることになります。

この時期は地面が冷たいのでマット1枚では寒い可能性があります。銀マット+エアマットや厚手のエアマットなどでしっかりと下からの冷気をさえぎるようにしましょう。

 

 +αであると便利な道具

ホッカイロ

f:id:zetuenlife:20181125211340j:plain

寒い時期は必須です。ポケットに入れておいて手を温めてもいいですし、靴の中に入れてもいいです。お腹や背中に張るのは常識レベルですよ。

くれぐれも低温やけどには気を付けてつかいましょうね。

 

暖かい飲み物

自分の体からの発熱だけでは限界が来るかもしれないです。そうなると暖かい飲み物を体に入れるのが一番です。

シングルバーナーで沸かしてもいいですし、保温ボトルに暖かい飲み物を入れておくと飲みながら星を見れるために非常に重宝します。

モンベルのアルパインサーモボトルはびっくりするほどの保温力なのでオススメです。

f:id:zetuenlife:20181205224056j:plain

 

カメラ

流星群の写真を撮るのは難しいですが、空眺めているだけで暇になってくるので写真を撮ると暇せずに楽しめます。

一眼レフやミラーレス一眼と三脚が必要ですが長い時間シャッターを開くことで肉眼では見えないような星空を撮ることができますよ!

f:id:zetuenlife:20181205225025j:plain

 

無理せず楽しむのがコツ

この時期のキャンプで晴れた日はさらに放射冷却でものすごく冷え込みます。そんな中で流星群を楽しもうと思うと何時間も屋外にいることになります。

しっかりした装備と備えが必要になりますので無理をして頑張りすぎない程度に楽しむのがコツですよ!

 

まとめ

冬は星がとてもキレイに見える時期ですが、道民もびっくりするほど冷え込む日もあります。思った以上に体が冷えて凍傷になることもあります。しっかりと防寒をして、車やテントなどのすぐに逃げ込める場所を用意しておくと安心ですよ!