ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

化繊ジャケットは洗濯できるのでダウンジャケットよりストレスフリー!

こんにちわ、ぜつえんです!

10月になってだいぶ寒くなってきましたね。

北海道では朝晩は特に冷えるのでダウンジャケットを着てる人も見かけるようになりました。

ダウンジャケットは暖かいしコンパクトですごい便利です、ただ金額が高く、洗濯が大変というデメリットもあります。

今はアウトドア用のモノだと質が高い化学繊維のウェアがいくつもあるのでダウンじゃなくてもいいと思っています。あと化学繊維のことを化繊といいます。

ダウンと化学繊維の素材の特徴を比較して、ぼくが欲しい化学繊維のウェアの紹介もしようと思います。

f:id:zetuenlife:20181011174811j:plain

 

 

 

ダウンジャケットについて

f:id:zetuenlife:20180913230151j:plain

ダウンとは水鳥の羽毛のことをいいます。

FP(フィルパワー)という数値でダウンの質はあらわされ、この数値が高いほど良質なダウンで600~700FPで良質なダウン、700FP~は高品質ダウンと言われています。

ユニクロのウルトラライトダウンは640FPだそうです。

FPはダウンの復元率のことをいうので、同じ重さで違うFPのモノを比べるとFPが高いほうが暖かいということです。

よくある勘違いですが、FPが高いから暖かい、わけではないということ。

極端ですが、100gで1000FPのジャケットと1000gで600FPのダウンジャケットを比べるとおそらく暖かいのは1000g600FPのダウンジャケットです。

 

そんなダウンジャケットのメリットデメリット。

メリット

・暖かい。

・軽い。

・コンパクトになる。

デメリット

・水で濡れると極端に保温性が落ちる。

・洗濯が大変、物によっては自宅じゃできない場合も。

・比較的金額が高い。

・汗抜けが悪く、暖かすぎて蒸れることも多い。

・膨らむことで暖かくなるので着ぶくれしやすい。

 

冬はもこもこ暖かいダウンジャケット!が定番になってきていますがそこまでの保温性が必要ないシーンが多いと思っています。

暖かすぎるダウンは室内に入って脱ぐと逆に寒い、といったシーンもあります。

また暖かすぎるので着続けると蒸れてきます。

そして、個人的にはこの洗濯が大変、という部分がダウンのデメリットの一番だと思ってます。

大体1シーズン着てしまう前に1回がダウンの洗濯の目安です。

ただクリーニングに出すと2000~5000円ほどかかります。

自宅で洗濯しようと思い調べると、専用の洗剤が必要で、洗濯機がNGで、すすぎ多めで、乾燥禁止だったり、綿が寄らないように、など気にすることが多すぎてはじめる前に疲れてしまいます。

やれば意外とできるものなのですが、ひたすら手間が多いです。

 

 

化繊ジャケットについて

化学繊維を中綿に使ったジャケットのことで、中綿ジャケットと呼ばれることもあります。

いろんなメーカーが違う中綿を開発しています。

モンベルのエクセロフトは3本の糸を使った綿素材で空気を含みやすく、耐久力があり、水に強いです。

ファイントラックのファインポリゴンはシート状の生地で軽くて暖かく、保水しなく、シート状なので偏らない。

パタゴニアのプルマフィルは極細の繊維が絡まってできていてダウンのように暖かくコンパクトで軽く、水に強い。

文字にすると長所しか見えてこないわけですが、各社微妙に特徴が違ってきます。

また、成長しすぎた化繊ジャケットはダウンジャケットより高い場合もあります。

 

そんな化繊ジャケットの一般的なメリットデメリット。

メリット

・洗濯機で洗濯ができる

・水にぬれても保温力が落ちにくい。

・膨らむ素材ではないので着ぶくれしにくい。

・汗抜けが良い。

・ダウンと比べると価格が安め。

・耐久力が高い。

デメリット

・そこまで暖かくない。

・あまり潰れないのであまりコンパクトにならない。

・極厚なモノが少なく、-20度-30度だと化繊ジャケットでは物足りない。

 

アウトドアしない人には関係ないメリットが多いのが化繊ジャケット。

ただすべてがそれなりに優れていて欠点が少ないのがメリット

そして普通に洗濯ができることが最大のメリット

アウトドア用の洗剤ですすぎ多めにしたほうがいいのだけど、普通に洗っても特段問題はない。

そして耐久力も高いのでダウンより長持ちしやすい。

 

比較

  ダウンジャケット 化繊ジャケット
保温力 高い 低い
重量 軽い 重い
コンパクトさ コンパクト かさばる
耐水性 濡れると保温ゼロ 濡れても暖かい
金額 高い ほどほど
洗濯 めんどくさい

 

両方モノによるとしか言えないところもあるのだけど一般的にはこんな感じ。

少しでも軽く、暖かく、みたいな人ならダウン選ぶしかなくなるけど厳冬期の北海道で山やる人か、写真撮る人くらいしか必要ないんじゃないか、と思ってる。

あと厚手のダウン選ぶ人は街用で薄手の上にダウン羽織って外出したいという用途の人が多い。厚手になると自分での洗濯がより大変になるデメリットがついてくる。

化繊ジャケットなら洗濯機突っ込めば1シーズン何回も洗うことができる。

その辺のメリットデメリットを考えて自分に合った1着を選べるようになるといいと思う。

安いダウンジャケットを1~2シーズン着て買い替え、なんて人ならダウンが良いと思う。

 

こんな化繊ジャケットがあるよ 

モンベル「ULサーマラップジャケット」

ぼくの持っているやつ。

安定と信頼のモンベルは化繊ジャケットも最高!

薄手なので夏のテント泊の保温~冬の中間着と、1年中手放せないけど洗濯も楽だしへたらない。

ただやはり化繊。保温力が低いのが気になるので冬だと力不足を感じてしまう。

もう少し厚手の化繊ジャケットも欲しいところ。

 

ファイントラック「ポリゴン4ジャケット」

国産メーカーファイントラックの化繊ジャケット。

水に強いことと、脇下にあるベンチレーションが秀逸。

ほしいけど、ちょっとお高い。全身ファイントラックならこれが選択肢。

 

パタゴニア「マイクロパフフーディ」

patagonia パタゴニア メンズ マイクロパフフーディ S DLMB

patagonia パタゴニア メンズ マイクロパフフーディ S DLMB

 

ダウンキラーのパタゴニアの化繊ジャケット。

試着したらダウンじゃないのこれ?って思うレベルのふわふわ感に驚く。

ただ高い。約4万の化繊ジャケットはさすがに手が出ない。4モンベル分。

 

アークテリクス「アトムLTフーディ」

カッコよくてスタイリッシュな始祖鳥ロゴのアークテリクス。

これも高いので手が出ないけどかっこいいし、ウェアの評判もすごい良い。

たぶん一生着ることはないと思ってるメーカーの一つ。

 

まとめ

化繊ジャケットは洗濯が楽。というのがメインだったはずが微妙にずれた気がしますね。

いい意味で普通なのが化繊ジャケットだと思っています。

そしてダウンは洗濯が大変というデメリットが見え始めると急に購買意欲が減ってきます。

そろそろ寒くなってきてますので自分に合ったウェアを見つけてみてくださいね。


www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com