赤いソロテントが欲しくてたまらない僕の赤いテント探し!

道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

アウトドアの道具を選ぶ基準がという方も多いでしょう。

色を統一するとサイトに統一感が出ますし好きな色に囲まれてのキャンプは最高に気持ちがいいです!

ぼくはもちろん赤!レッド!RED!!目立つしかっこいいしやる気が出る色です!

赤いテントが欲しくて欲しくて仕方ないのでぼくが欲しい赤いテントの候補を紹介していきます。

選んだ基準

・赤いテントであること

欲しいテントにそれ以外の理由なんてないでしょう?

それでは欲しいテントを紹介していきます。正直全部欲しいです。

スポンサーリンク

hilleberg ソウロ

ヒルバーグ ソウロ テント/1人用(Hilleberg Soulo) レッド(赤) [在庫有:6月6日頃お届け]

・金額:96,000円

・重量:2.4kg

・特徴:*型の3本のポールで圧倒的な合成を誇る4シーズン対応で風雪に強いヒルバーグのソロテントです。全てが高すぎるヒルバーグですが、夏も冬も山からキャンプまで安心して使えそうで何かの拍子に買っちゃいそうで怖いです。

重量が重いのがデメリット。

MOBIGARDEN LIGHT WINGS DAC UL1

・金額:27280円

・重量:1215g

中国トップシェアのテントメーカーMOBIGARDEN(モビガーデン)の新作。

名前通りDACポールを使った山岳用を意識しながら軽量安価に仕上げられたテント。

フライ吊り下げのアウトポール構造で、フライ+インナー+フットプリントを接続し、一気に設営することでペグ内、張り縄設置まで合わせて3分かからずに設営可能なテント。

また赤と白の対比が夏空に映える活かしたテントです。

スポンサーリンク

BIG SKY INTERNATIONA チヌーク1.5P


・金額:60,000円

・重量:1.63kg

・特徴:変形*型のフライ吊り下げ式。風雪に強い4シーズン対応のダブルウォールテントで用途的にはベストマッチ。色合いもサイコー!

フレーム2本で設営すると1.46kgと軽量化もできるので夏山冬山や天気次第での使い分けもできそうです。

1人用1.5Pですが、2Pも快適そうで魅力的。あれ、すごいいいなこれ。

 ZEROGRAM El ChaltenPro2p RED

・金額:69,000円

・重量:1.54kg

・特徴:韓国の軽量ギアを出しているゼログラムのソエルチャルテン。

外ポール吊り下げで悪天候時も素早く設営できます。夏山用として実用性が高いです。

旧1.5Pの赤が廃盤になり、2020年に日本限定で2Pサイズのレッドが出ます。

ポールの色が青くてちょっと微妙になっちゃったなと思ってます。

tent-Mark DESIGNS PANDA RED

・金額:20,300円

・重量:2.26kg

・特徴:こいしゆうかさんプロデュースのソロワンポールテントの火付け役な存在です。建てるのが楽で早く、女の子が初めてのソロキャンプでも使いやすい作りとかわいらしさが魅力です。

マイナーチェンジしてロゴが変わり、インナーテントを縦横どちらでも設営可能になりました。

BIGAGNES フライクリークLX2

・金額:45,360円

・重量:1.5kg

・特徴:北米の軽量テントが多く出てるビッグアグネスの2人用山岳テントです。

真ん中が1本で左右が2本に別れた変形吊り下げ式で少ないポールで広い居住性を実現しています。ビビットなカラーと実用的なスペックで初めての山用テントにオススメです。

普通に山で使えるテントですが、逆に言うと可もなく不可もなくであえてこれを選ぶ理由も色くらいしかないテントかと思います。

黄色いラインが微妙なイメージですね。

MSR エリクサー3

・金額:46,085円

・重量:2.6kg

・特徴:モデルチェンジして前室がペグ2本固定で広くなり、色も白から赤になりました。金額もそれなりに手ごろで何よりかっこよく、2人での登山なら重量的にも実用範囲です。ソロでしか山行かないので関係ないですが。

またインナーテントのみでカンガルースタイルで使うのが快適そうで使ってみたいテントです。

ソロのゆるキャン用に3人用くらいの広さの前室少し広いテントが欲しいと思ってる最近です。その中の第一候補がエリクサー3です。

並行輸入品だと少し安く買えますが保証が利かなくなり修理費用が高くなります。自分で何とかできる方なら選択肢に入ります。

Bergans ウィグロLT4

・金額:92,880円

・重量:4.1kg

・特徴:変形ワンポールテントで真ん中のポールと外側にアーチするポールが3本あるので中が広くなり居住性をあげてるテントです。いまだとスノーピークのスピアヘッドやキャンパルジャパンのトレスが似た構造で出てます。

ワンポールテントの狭いという欠点を解消してる画期的な作りだと思います。

北欧産の個性的で色鮮やかで雪の中で使うことを想定された作りにそそります!

ただソロだと広すぎるのと少し重いので2~3人のファミリーキャンプなら良さそう。実物を一度見てみたいです。

使うなら断然す!

テンティピ ジルコンLight

・金額:172,800円

・重量:6.5kg

・特徴:てっぺんを開閉できるため薪ストーブを使いやすいワンポールテントです。ぼくがこれ使ったら完全にグランピング何じゃないかってなるレベルの大型テントですね。でも渋い赤が大人の赤でカッコいいです!雪の中でこのテント立てて薪ストーブでぬくぬくしてみたいです。

ぼくの用途的にはあまり使用しない重量級テントですが、欲しい、張りたい!!

NatureHike hiby3

・金額:21,900円

・重量:2.8kg

・特徴:NatureHike(ネイチャーハイク)のHiby3。

低価格、広い前室、吊り下げ式のインナー、クロスしたうお座型のようなポール構造が特徴です。

ポールが固いとか、通気性が悪く暑いとか、生地の強度が不安とか、細かい不安もこの金額なら許せる範囲と思えてしまいます。

初めてのソロキャンプにはそれなりに建てやすくしっかりしたテントをオススメしたいけど、今自分がキャンプするならこのレベルのテントで十分と思えるグレードです。

Husky Fighter

・金額:29,800円

・重量:4.5kg

・特徴:楽天でよく見るHuskyのテントです。楽天だと広告がうるさすぎて途中でスクロール諦めるレベルですが細かく見ると割と良さそうです。ソロなら大きめですが2人ならちょっと広いくらいな大きさのテントです。

耐水圧が6000mmと以上に高く、スノースカートもついていて、前室もそれなりに広いので本当に良さそうです。

個人的に一番の欠点はHuskyのロゴが大きすぎる。あとはデザインがちょっと安っぽいのと少し重いのが気になります。

ただこれからキャンプ始める方の初めてのテントにはいいんじゃない?と思いますよ。

WILD COUNTRY Blizzard3

・金額:50,600円

・重量:2.9kg

・特徴:ヒルバーグのナマッジGTのような見た目と構造のトンネル型テント。

ブリザードという名前だけあって4シーズン対応で風にも強そうです。しかもヒルバーグよりの半額以下という高コスパで、非常に魅力的ですね。

気になるポイントは入口が正面でジッパー付いてる面が急で雨の日や雪の日にぬれそうです。

2020年より赤カラーが廃盤になり、緑のみになりました。残念。

購入した赤いテント

中華メーカーTheFreeSpiritsTentsのLibra2を購入しました!

色が好みドストライクでした。

多少重くても、作りが甘くても、それでも使いたいテントは好きなテントなんですよね。

まとめ

物欲キャンパーの新しいテント探しでした。

赤いテントはあまり多くないですが個人で選ぶには多すぎます。

でも迷ってる時がサイコーに楽しいですよね!

【テントまとめ】基礎知識・構造・比較・選び方・オススメ・レビュー!
最初に伝えたいのは理想のテントなんてないということ。軽いテントは居住性や強度を犠牲にしています。居住性の高いテントは重たくなります。焚き火に強いTCテントは重くなります。そのため知れば知るほど欲しいテントは増えていきます。このページではテントの基礎知識・構造・種類・比較・選び方・オススメ・レビューなどの記事をまとめて紹介していきます。
KAMMOKのROOsingleのレビュー!スリングも変更したので紹介!
こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! 少し前にKAMMOKのROOsingleを購入してましたが、なんだかんだレビューしてませんでした。 ROOsingleのスリングをenoのsun6のスリングに変更し、ツリース...
氷点下20度想定の冬キャンプの服装!コツはレイヤリングと焚き火対策!
冬キャンプしたいけど寒そう、寒かった、何着ればいいの?そんな冬キャンプの服装で困ってる方多いのではないでしょうか。北海道でマイナス20度以下でも元気に冬キャンプをしているぼくが冬キャンプでのレイヤリング(重ね着)の基本、実際に着ているウェアの紹介、焚き火対策の方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました