ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

MENU

絶景テント写真が撮れちゃう!キャンプ用のカメラにはミラーレス一眼がオススメな理由!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190315101320j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

キャンプの写真いっぱい撮ってますか?朝昼晩外にいられるキャンプは様々なロケーションで写真を撮ることができます。

そんな最高のロケーションの中で大好きなキャンプギアに囲まれた自分のサイトの写真を撮るのが楽しくないわけないんですよ!サイコーですよほんと!

写真を撮るときにスマホでもいいですが、ミラーレス一眼があればさらに凝った写真を撮ることができるようになります。

ではミラーレス一眼がオススメな理由、スマホでは撮れない写真が撮れる、オススメのミラーレス一眼を紹介していこうと思います。

 

 

ミラーレス一眼がオススメな理由

f:id:zetuenlife:20190318005205j:plain

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

よく観光地なんかで見る大きいカメラにはざっくり2つの種類があります。

両方レンズ交換式のカメラで、昔からよく使われている一眼レフと、最近流行りのミラーレス一眼というカメラです。この2つのカメラの違いはなんなんでしょう?

実は一眼レフ、ミラーレス一眼という名称がそのまま違いにつながっています。

一眼レフ

ペンタプリズムというミラーが入っているのが特徴。

スポーツや動物などの激しく動くものに強く、比較的頑丈でアウトドア用途に向いています。

ただそのミラーが入っている分本体が大きく重くなっています。

 

ミラーレス一眼

一眼レフからミラーを無くした一眼カメラです。なのでミラーレスという名前です。

ミラーを無くした分、軽く、コンパクトなものが多いです。

それでいて写真が写るセンサー部分に差はないため画質の差はほぼないです。

一眼レフに比べてバッテリーの持ちが悪いモノが多いです。ただどれも500枚くらいは普通に撮れます。

デジタルな部分が多いため寒いとこや暑いときに反応が遅れたりバッテリーの減りが早くなることもあるため一眼レフほど頑丈ではないですがキャンプくらいのアウトドアなら問題ないです。

f:id:zetuenlife:20190315091015j:plain

ぼくのミラーレス一眼はいつも濡らしたり、雪まみれになりながら使ってますがノートラブルです。

標高の高い冬山登山で数泊するような用途だと厳しいこともありますが、キャンプでの使用ならほとんど耐久力での問題は気にならないはずです。

 

カメラ初心者でも使いやすい

ミラーレス一眼はタッチでフォーカスしたり、シャッターを切ったりできるものが多いです。

液晶が反転して自撮りしやすいモデルも多いです。高画質な動画も簡単に撮れますし、ボタンの機能も自分の好きな位置に変えることができたりします。

f:id:zetuenlife:20190313023732j:plain

また液晶画面で撮りやすく作られているため、使い勝手がスマホに近いので初めてでも一眼レフに比べて慣れやすいです。

 

スマホに送ってSNSに投稿できる

ミラーレス一眼はwifiやBluetoothが搭載されているものが多く、アプリを使うことで撮った写真をすぐにスマホに送ることができます。

スマホに送ってしまえばInstagramやTwitter、Facebookなどに投稿も簡単です。

またスマホでシャッターを切ったり、スマホでカメラ画面を映し出して遠隔で撮影したりすることもできます。

f:id:zetuenlife:20190321225653j:plain

 

カメラもレンズも軽い

一眼レフと比べるとレンズもカメラ本体も軽量でコンパクトです。スマホと比べれば重いですが。

本気でカメラをするという気持ちがないと一眼レフの重さはかなりきついです。持ち歩くだけで筋トレだと思ってます。カメラが重いと持ち出さなくなり、結局スマホになってしまいます。

ただでさえキャンプは荷物が多いのでそこにプラスで持っていくならコンパクトだと助かるわけです。せっかくのカメラを使わなくなってしまってももったいないのでどちらにしようか迷う人こそ、ミラーレス一眼がオススメです。

f:id:zetuenlife:20190315092258j:plain

 

ミラーレス一眼とスマホカメラの差

スマホのカメラはとても高性能なため太陽の出てる日中に写真を撮ると差がでにくいです。

しかしスマホのカメラにもいくつか弱点があります。スマホカメラの弱点とミラーレス一眼なら撮れる写真の例をいくつか。

①星等の夜景撮影

明るい日中は高画質なスマホカメラですが、夜景にはとても弱いです。

f:id:zetuenlife:20190315094637j:plain

スマホだと暗いところを明るく映すのが難しいのと色のグラデーションを出しにくいです。またノイズが出てザラザラな質感になります。

 

f:id:zetuenlife:20181228204751j:plain

夕暮れならまだ映りますが、夜で星が出てくるとスマホではテントと星を同時写すことは難しいですが、そんな明暗の激しいシーンでもミラーレス一眼なら撮ることができます。

www.zetuenlife.com

 

②広角や望遠での写真

f:id:zetuenlife:20190315095656j:plain

ミラーレス一眼はレンズを変えることで普段とは違う画角や構図の写真を撮ることができるようになります。望遠レンズを使いズームで遠くのものや物に寄った撮ることができ、ギアや小物に注目した写真を撮ることができます。

 

f:id:zetuenlife:20190315100350j:plain

逆に魚眼や超広角レンズを使うことで肉眼以上に広い風景とテントサイトを一緒に写すことができます。

絶景なキャンプ場や天気のいい日はサイトと風景を一緒に撮れるのはうれしいです。

 

オススメミラーレス一眼3つ

LUMIX DMC-GX7MK2

パナソニックのGX7MK2です。ぼくがこれからカメラ始めるならこれかな、というモデル。ぼくが今使ってるのはこれの上位機種LUMIXG9proです。

このGX7MK2よりも新しいGX7MK3も発売してますが金額が高いこととそこまで性能が向上してないためコスパにすぐれるGX7MK2がオススメです。

画質差とコンパクトさを適度に良いとこどりした作りでこの金額なら大満足です。

マイクロフォーサーズというオリンパスとパナソニックが合同で開発してるシステムでお互いのレンズを使うことができます。安く写りの良いレンズもたくさんあります。

欠点はファインダーの位置が左上でカメラに慣れた人だと少し違和感を感じるかもしれない程度です。

 

OM-D E-M10 Mark II

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット シルバー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット シルバー

 

オリンパスのOM-D E-M10mark2です。上のGX7MK2と同じマイクロフォーサーズのため同じレンズが使えます。

こちらもE-M10mark3が出てるためmark2がコスパに優れるというモデル。

GX7MK2のほうが所々高性能ですが、こちらはファインダーの位置が使いやすいこと、シルバーモデルがかっこいいことがメリットです。

 

EOS Kiss M

キヤノン EOS Kiss M(ブラック)・ダブルズームキット EOSKISSMBK-WZK

キヤノン EOS Kiss M(ブラック)・ダブルズームキット EOSKISSMBK-WZK

 

大手カメラメーカー、キャノンのAPS-Cモデルのミラーレスです。

慣れている人よりも初心者に使いやすいカメラだと思います。初めてのミラーレス一眼にはうってつけです。

ただレンズが少ないのとステップアップしようと思ったときのカメラの選択肢が少ないのがデメリットです。

 

まとめ

SNSにはいろんな人のキャンプ写真がいっぱいあって楽しいです。

キャンパーなら自分のサイトやテント、キャンプギアを誰かに見てもらいたいと思うのも必然です。誰にも見てもらえないソロキャンパーならなおさらです。

絶景キャンプ写真を撮ってじゃんじゃんSNSにアップして、いいねをいっぱいもらっちゃいましょう!

 

↓ぼくの使ってるカメラ

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K

 

 

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com