待望の復活!エバニューのバックカントリーアルミポットをレビュー!

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

あのアルミポットが待望の復活!

いざレビューするにも冷静に見れば、焚き火に吊り下げて1合のお米を炊けるだけの非常にシンプルなアルミクッカーです。

ソロでのアウトドアをしない人にとってはどこに魅力があるかわからないかもしれません。しかし、原点回帰で突き詰めるほどにシンプルなモノで良かったと気付くのはアウトドアあるあるでしょう。

この鍋も知るほどに、使いこむほどにアウトドアライフに馴染んでいく鍋です。

今回はエバニューのバックカントリーアルミポットを復活させてくれてありがとう!という気持ちでレビューしていきます。

スポンサーリンク

復活したアルミポット

2021.8.28 急激に在庫が増えて定価で購入可能に!

楽天が送料無料も多くポイントも付いてオススメです。Amazonは在庫が安定してません。

エバニュー公式でも在庫が復活したので、生産されたのでしょう。それでも購入はお早めに!

数年前までロータスさんが販売していたアルミポット

1合炊きができる、焚き火でガツガツ使えるシンプルな鍋で、ソロハイカーや沢登りや渓流釣りをする人たちに愛されて使われてきたアルミポットでした。

超軽量でもありませんが、「焚き火に吊るせて、ハードに使える、小型のアルミ鍋」というのは希少で他に代替えが思いつきません。

そんなアルミポットも、気づけば生産終了で入手できなくなってしまいました。

もはや伝説的な鍋を化していて、無くなってはじめて気づく存在となっていました。

それが昨年から噂されていましたが、今年エバニューさんが製造販売をするようになり復活と、そういうことです。

形状や名前が少し変わり、“アルミポット”“バックカントリーアルミポット”になりました。

製品の差別化と、裏山(バックカントリー)で使うことから名付けたのかなと妄想しています。

ぼくとアルミポット

ところで、ロータスがアルミポットを売っていた当時、ぼくはこのアルミポットにあまり魅力を感じていませんでした

というのも、普段から白米を食べることが少なく、キャンプで米を炊くことがほぼ無いからです。もっぱら主食は麺、パンです。それは今も変わりません。

炊飯をしないなら魅力は少ない鍋と言わざるを得ません。

なのに何故買って、レビューをしているのか。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

それは焚き火に吊るせる鍋フェチにジョブチェンジしたからです。

ぶっちゃけそれだけで買ってる鍋だったりします。

米を食べるのが目的ではなく、焚き火に鍋を吊るす目的のための手段が炊飯であり、白米を食べることという手段と目的が逆転している用途です。

蓼(タデ)食う虫も好き好きと言いますし、好きなモノは人それぞれ。自分の好きに正直になろうぜ!

ricoh theta v

EVERNEW/Backcountry Almi Pot

では見て行きましょう。

スペック

エバニュー ロータス
Φ122mm Φ125mm
高さ 67mm(深さ)
(実測:約71mm蓋有)
72mm(蓋有)
重量 約140g
(実測:約127g
本体:約79.5g
蓋:約35.5g
ツル:約12g)
約130g
容量 × 最大650ml

全体的に少しだけエバニューが小さくなっています。

公式曰く、Ti570カップがフィットするサイズにしましたとのこと。

重量はカタログ値でロータスより重くなってましたが、実測は127gでロータスより軽い結果でした。

焚き火にかけて使うことを想定しているため、表面コーティングはされて無く、強度を持たせるため0.8mm厚のアルミにアルマイト加工が施されているだけです。

 

目指せキャンパーさんのツイートでは、サイズ感以外にも金具やフチの作りが微妙に変わっているようです。が誤差範囲ですね。

見た目

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

箱が可愛い。そしてめっちゃキレイ。これが新品のアルミポット。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

やたら煤けた写真を使いたがるエバニューさん。それがこの鍋の本質なのだっ!

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 フタ

蓋のツマミは硬めで自立してくれます。地味だけど大事なとこ。そしてツマミはステンレス製。

蓋がくぼんだ形をしているのは、炊飯で圧をかけるために石を乗せやすいようにでしょう。溶ける樹脂パーツも使ってないオール金属製なので炭や薪を載せて上火を使うこともできます。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

そしてツル。これもステンレス製。

これもやや斜めの位置で自立してくれます。

頂点部に“Λ”こんな感じのへこみ作ってくれたらうれしかったなと思っちゃいます。ただのアーチだとずれやすいんですよね。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 ツル

ツルの片側は曲げ加工がされていて、抜け防止と自立するようになっています。

このおかげで片側には倒れず自立、片側は鍋に沿って畳めるというわけです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 ツル

ツルは外すことも可能で、外したまま使っても、外して鍋の中に収納するのもアリです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

鍋の内側には目盛りがついています。

下から200mm、400mm、600mで満水650ml。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

ひたすらにシンプル。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

一度使えばもう二度とこの姿には戻れない、見納めしておきます。

ricoh theta v

フィールド使用

使ってなんぼ、汚してなんぼのアルミ鍋。こてこてにしてやんよ!

炊飯

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135で炊飯

米1合でこのくらい。水は適当。

お外で炊飯はすごい久しぶりです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135で炊飯

冬の北海道は石が手に入らないので薪で圧をかけます。

この武骨さ(雑さ)こそがアルミポットの神髄のはずっ!

ぐつぐつさせて、蒸らせば完成。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135で炊飯

炊けました。

1.5合くらいならいけるサイズ感ですね。

750ml容量のメスティンが約1.8合まで炊けるようです。レシピもメスティンの真似をしていけそうです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135で炊飯

焦げ付きも無し。お上手。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135で炊飯

焦げ付かなければウェットティッシュでキレイに拭き上げれます。

ラーメン

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

蓋に付いたツマミは木の枝で持ち上げるのに便利。

それを想定した製品だっていうんだからニッチもニッチです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 ラーメン

朝はインスタント麺。

サイズ的にそのままでは入らないので半分に折っていれる必要があります。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 ラーメン

炊飯のときもそうですが、ハンドルが無いので、焚き火でスス付いた状態を素手で持って食べると手がススまみれになってしまいます。

手袋を履くか、鍋つかみを用意するか、あとで書くコジーを用意するのが良さそうです。

今回は鍋をいれるメッシュポーチで掴んで食べました。

吊るす

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

思えば焚き火に鍋を吊るすことに幸福を感じる人生でした。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

上から見下ろして、吊るすワイヤーと、鍋と、焚き火が同時に見える絵面が好きです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

ススまみれで汚い鍋にカッコよさを感じます。ススグラデーションがたまんねえぜ。

スポンサーリンク

収納

スタッキング的な話。

Ti570Cup

エバニュー バックカントリーアルミポット Ti570Cup

同エバニューのチタン570カップがピッタリにサイズとのこと。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135

ピッタリでした。

このままひっくり返しても落ちないくらいのフィット感で、押し込むことでハマってくれます。

合わせて使うなら便利な純正スタッキングです。

ISUKA メッシュポーチM

エバニュー バックカントリーアルミポット イスカメッシュポーチMへ

収納ポーチはイスカのメッシュポーチM(Φ14×20cm 16g)がピッタリでした。

底にマチの有るクッカーを入れやすく、口元にループがあるため一気に開けれるのも便利なポーチです。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット イスカメッシュポーチMへ

上部はメッシュ、下部はナイロン生地になっています。

 

エバニュー バックカントリーアルミポット イスカメッシュポーチMへ

高さが20cmあるポーチで上部が余ってしまう部分にはOD缶や食料を入れることも可能です。

ヒューマンギア ゴーバイトクリック

トライテンシルミニとゴーバイトクリック

鍋の底径12.2cmなのでピッタリ入るカトラリーは限られます。

炊飯用なので、強度の無いクッカーも折れるリスクが有り、チタンでは鍋が傷だらけになってしまいます。

つまりは強度の高い樹脂カトラリーがベスト。

約11cmのゴーバイトクリックはピッタリ入りました。12.5cmのトライテンシルミニは少し斜めになってしまいますが、入れることは可能。

他に入れるモノとの相性もありますが、この2強カトラリーが最適です。

スタッキング

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 スタッキング

キャンパーはピッタリなシンデレラフィットのスタッキングが好きなイメージですが、個人的にはこのくらい余裕を持たせたスタッキングが使いやすく好みです。

特にお湯を沸かす以外で使う鍋の場合は、現地で使って、汚れたところにスタッキングする必要があるため、最悪スタッキングしなくてもいい、位にしておきたいと思ってます。

吊り下げフック

吊り下げに使ったワイヤーフックはこれです。

ただ短く、2本のフックは要らないので別の物が欲しくなりました。

 

ステンレスワイヤーとフック

ホームセンターに、ステンレスワイヤーを探しに行ったらいい感じの既製品がありました。

1mm径・全長900mm・耐荷重20kgで両側にループ(アイ)が出来てます。

とステンレスのS字フックはばら売り。

 

ステンレスワイヤーとフック

小さいほうのフックにワイヤーのループを通して、ハンマーで叩いて外れないようにします。

 

ステンレスワイヤーとフック

こんな感じ。

大きいフックも1cmほどカットしました。想像以上に硬くて傷だらけになってしまいましたが。

 

ステンレスワイヤーとフック

これで吊り下げフック完成。

 

ステンレスワイヤーとフック

径1.0mm 90cmワイヤーが4.6g、S字フックが4.7g9.3gと軽量。

S字フックはもっと軽いモノ探せばあるかもですね。

 

同じワイヤーをネットで探したところ、いくつか種類がありました。

径0.8mm(耐荷重15kg)、径1.0mm(耐荷重20kg)、径1.2mm(耐荷重30kg)辺りが使いやすいでしょう。

長さも30cm、60cm、90cmとあります。

あとは好みの径と長さで選べばオッケーです。

コジー

エバニュー バックカントリーアルミポット ECA135 アルミコジー

手で持って食べる用にアルミコジーも作りました。

保温力もあるため、炊飯の蒸らす時にも使えるでしょう。

コジーの作り方は別記事で書いています。

 

公式ではネオプレンのクッカーケース#1がフィットすると書かれています。

ジッパーでフタまで覆うことができため、手で持つ用+蒸らす用+収納ポーチの役割も果たしてくれる一台三役です。

個人的にはネオプレンのジッパーで上部が切り外せないのが微妙で自作コジー+イスカポーチにしました。

在庫

4.12 Amazonで在庫切れ、主要なネット販売店から姿を消しました。

次の入荷時期はもちろん不明。

エバニューさんの在庫印象として生産頻度は少なく、年に1度程度しか入荷しない製品も多くあります。

もしかすると、次の入荷が来年の3~4月というのは十分にあり得ます。

ただ、少数でどこかの販売店に表れる可能性は高いです。

すでに定価の倍以上の値段が付いた転売品が多く出回ってますが、どんなに欲しくても転売品は買わないで欲しい。定価は税込み4180円です。

まとめ

米をほとんど炊かないぼくですらこの満足度。

「ただのアルミ鍋が4000円、あれ、高くない?」と思ったのも注文した瞬間だけでした。

欲しくても、もう手に入らないと思っていたアルミポットが手に入るんだ、エバニューさんへは感謝しかありません。ありがとうエバニューさん。

焚き火で炊飯をする人、焚き火に鍋を吊るすフェチのある人にはオススメの鍋ですよ。

家庭用のフッ素加工鍋に穴を開けて吊るして焚き火で使うコスパ最強の鍋理論!
表面加工された鍋は焦げ付きにくいし、汚れ落としやすいし、すごい便利!ただ焚き火との相性は悪い。安い家庭用の鍋を改造して、焚き火で吊るせるようにしたらコスパ良いよねという話!今回はアウトドア用ではないフッ素加工された鍋に穴を開けて吊るせるようにして焚き火で使うのはいいぞお、という内容です。レビューと見せかけて実はノウハウな記事です。
キャンプで使うクッカーは素材の特徴を理解して自分に合った道具選びをしよう!
クッカーに使われる金属の特徴とメリットデメリット、オススメの商品を紹介していきます。素材には一長一短があり使い分けるのが理想的です。用途を間違えればアウトドア用のタフな鍋もダメになってしまうこともあります。
焚き火調理の直火で使えるクッカー素材はどれかという話
焚き火で調理するときに使うクッカーはどんなものを使えるか知っていますか?実はどんなクッカーでも使うことができます。しかし向き不向きがありアウトドア用のクッカーがあるのです。その中にさらにガス火向き、直火向きがあるわけです。今回は焚き火で調理をするときに使うクッカーの素材と形状での向き不向き、オススメなモノを紹介していきます。

スポンサーリンク

コメント