ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

MENU

【レビュー】イーグルプロダクツのキャンプファイヤーケトル0.7Lの紹介!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190625095330j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

ケトルの魅力ってなんなのかなと、思うんです。

お湯を沸かすだけならカップでも鍋でもいいのにケトルを使う理由。

そう、ケトルはカッコいいんです!カッコイイから使うし、焚き火に突っ込みたいんです!

焚き火で使える最上級にカッコイイ、イーグルプロダクツのキャンプファイヤーケトルを購入したのでレビューと使い方のオススメをしていこうと思います。

 

 

イーグルプロダクツ

イーグルプロダクツはノルウェーのアウトドアブランドです。

実用的で武骨なヘビーデューティ、それでいて焚き火に似合う活かした顔つきな道具が多いです。

日本ではケトルやポットなどの取り扱いしかありませんが、本国ではバッグパックやガスストーブ、ボトル、スノーギアなんかも出しています。

自然豊かで冬も厳しいノルウェーならではの商品ラインナップです。

ぼくは、そんなイーグルプロダクツのファイヤーケトル0.7Lを購入しました。

 

キャンプファイヤーケトル0.7L

f:id:zetuenlife:20190625091653j:plain

光沢のあるステンレスです。焚き火に突っ込むためにはアルミでは強度が足りないため長く使うことを考えると焚き火ギアは必然的に強度に優れたステンレスになります。

 

f:id:zetuenlife:20190625092008j:plain

パーツが多く、スタイリッシュとは言えない武骨さもキャンプ好きにはたまらないです。

 

f:id:zetuenlife:20190625092715j:plain

正面から見ると軍艦のような低重心で圧倒的な貫禄があります。

何年も使い続けることができるであろう堅牢性が見て取れます。頼もしいです。

 

安定して吊るし注げる2本のツル

f:id:zetuenlife:20190625092140j:plain

2本のツルは上部でクロスしてくれます。

1本だと横の安定性が悪く、手で持って注ぐときに上手に注げないので2本あるのはとても助かります。

また、ツルには深いへこみがあるので木に吊るしたときに中央でしっかりと保持してくれるのがうれしいポイントです。

 

f:id:zetuenlife:20190625093343j:plain

左右についている金具はツルを収納するためのものです。

ツルの先のへこみが引っかかってくれます。

ただ固定力が少し弱く、しまって出したときには外れていることが多いためあまり使わない部分です。

 

f:id:zetuenlife:20190625092519j:plain

ひょっこりとしたうえ向きの注ぎ口。

蓋などはないですが、口径が小さいためススは入りにくいです。

しかしフチと少し距離があるため注ぐときにフチを経て注がれます。

 

ロック機能の付いたフタ

f:id:zetuenlife:20190625094026j:plain

蓋にはロック機能がついていて、蓋のつまみを起こして横にスライドすると。

 

f:id:zetuenlife:20190625094136j:plain

カチってロックされます。トークスや中国製のチタンリッドにある蓋とは違い、しっかりとハマるため間違って外れる心配がないのが非常にうれしいポイントです。

蓋が立っていれば焚き火にかけたまま木の枝などで沸騰を確かめることができます。

 

f:id:zetuenlife:20190625093518j:plain

蓋は軽く、取りやすいです。

焚き火にかけているとケトルを抑えながら蓋を取る、ということはできないのでうれしい軽さ。

しかしその軽さゆえに、最後の一滴まで注ごうとすると蓋が落ちてしまいます。

わかっていれば落とすことはないので、慣れの問題です。

 

銅メッキのついた底部分

f:id:zetuenlife:20190625094345j:plain

そこにはステンレスの上から銅メッキがついています。

銅は熱伝導率がアルミよりも高い金属のため瞬時に均一に熱をケトルの底に伝導させます。

アルミのケトル以上に沸きが早いということです。

 

f:id:zetuenlife:20190625094543j:plain

真横から見ると下のほうが飴色の銅が見えます。

ツートンカラーでオシャレにさえ見えます。

一度焚き火に入れれば見えなくなるものなんですけどね。

 

収納ポーチ

f:id:zetuenlife:20190625094755j:plain

地味にうれしいのが収納用のポーチがついていること。

ロゴもしっかりと入った巾着型です。

 

f:id:zetuenlife:20190625094654j:plain

ただ生地も薄く、裁縫も少し雑。

ケトルほどの強度はないだろうものですが、すぐに破れはしないでしょう。

 

破れたら帆布でポーチでも縫いましょうか。

 

ドリンクバーシステム

 ぼくがドリンクバーと呼んでいるファイヤーケトルを使ったお湯を注ぐ方法です。

 

 

木に吊るして、マグカップを注ぎ口の部分に押し当てるだけです。

木から降ろさず、火にかけたままで片手でお湯を注ぐことができます。

面白いからやってたのですが、かなり便利で吊るして使う頻度が増えました。

 

サイズのラインナップ

ファイヤーケトルには容量で3サイズあります。0.7L、1.5L、4Lです。

ぼくが使っているのは0.7Lなので700mlのサイズです。

満水で0.7Lなので実際は0.5~6Lほどです。完全にソロ用サイズです。

バッグパックキャンプスタイルなら大きなケトルも持っていけないので理想のサイズですが、デュオキャンプやそこまで軽量化ではないソロキャンプなら1.5Lが使いやすいでしょう。

ファミキャンや家でも薪ストーブにかけるなら4Lですね、ただかなり大きいです。

1.5Lがオールシチュエーションで使いやすいサイズだと思います。

 

f:id:zetuenlife:20190212101511j:plain

ぼくはユニフレームの1.6Lのキャンプケトルを持っていたため使い分けできるように0.7Lを選択しました。

最初の一つでサイズを気にしなければ1.5Lが理想的だと思います。

  

在庫切れ多し

日本への輸入数があまり多くないであろうことと、かなり人気のある商品のため在庫切れで予約状態となっていることが多いです。

ただ1~2か月待てば手に入る場合が多いので気長に待ちましょう。

長く使えるケトルなので少し値は張りますが、見た目が好きならば、カッコいいと思えたなら買いですよ!

 

ユニフレーム キャンプケトル 660287

ユニフレーム キャンプケトル 660287

 

 

まとめ

北欧系のメーカーは実用性と見た目がかっこよくてたまらないです。

ヒルバーグやトランギア、ベルガンスやローベンスが有名どこですね。

あー1.5Lと4Lのファイヤーケトルも欲しくなってきてしまいました!!

 

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com