TOKYOCRAFTSの新作焚火台マクライトをレビュー!調理がしやすいスタイリッシュ焚き火台!

TOKYO CRAFTS マクライト レビューサムネ 道具

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

本記事はTOKYOCRAFTS様からの貸し出し品でのレビューです。

出るわ出るわで増えに増えきった焚き火台市場。

ヘビーでタフなやつから、ウルトラにライトなやつまで多種多様。

個人的には500~1000g程度の調理がしやすく、広い火床がある、タフな焚き火台が好みです。

登場時点から直感で良さそうと思っていた焚き火台で、ありがたいことにレビューのお声がけを頂けたのでほいほい乗っかってしまいました。

今回はTOKYOCRAFTSの新作焚火台マクライトをレビューしていきます。

スポンサーリンク

TOKYO CRAFTS

2021年にYoutuberタナちゃんねるのタナさんが立ち上げたブランド。

YouTubeを見る習慣がないので一体何をしてる人なのかも知りませんが、キャンパーなのでしょうきっと。ともあれ気になってた焚き火台だったのでレビュー依頼を受けることにしました。

ブランド設立時の最初に発売した焚火台KUBERUも斬新な焚き火台でしたね。

ricoh theta sc2

焚火台マクライト(MAKULITE)

そんなTOKYOCRAFTSの2つ目の焚き火台が今回のマクライト

販売は自社サイトでの販売のようで現在生産待ち。

製品名の由来は、薪を組める+軽量=マクライトとのこと。

ヘビーでタフな焚き火台だったKUBERUから、マクライトは用途を少し変えて軽量性コンパクト性を重視しつつも調理がしやすいモデルです。

スペック

重量(実測重量) 本体:794g(脚142g+143g・火床511g)
ゴトク:135g(134.8g)
収納ケース:(90.9g)
総重量:1022g
収納サイズ 21×40×2.5cm
展開サイズ 36×40×32cm
素材
本体・ゴトク:ステンレス(SUS304)
収納ケース:ポリエステル
耐荷重 ゴトク:7kg
火床:15kg
セット内容
本体・ゴトク・収納ケース
生産国 中国
価格 ¥9,878

驚いたのはカタログ値と実測のズレの無さ。

脚142+143=285g、火床511gで796gで誤差2g。ゴトクに至っては0.2g差。製品ページに記載のない収納ケースは90gで、実測総重量1022g。

これを「わずか794gの軽量焚き火台」と書くのは好きじゃないを越えて悪質とさえ思ってしまいます。たしかに焚き火台(本体)は794gですが実用重量ではないですからね。

スペック的には個人的に1kgで収納サイズが小さいなら徒歩移動でも許容できる重量なのでキャパ範囲ではあります。

何より2.5cmと薄い収納サイズはバックパック背面に入れやすく徒歩キャンパーにとっては魅力的。

そして生産国まで書いてるのはレア。あと価格のキリの悪さが気になります。9800円とか1万円にすればいいのに。

組立

貸し出し期間が短くまともに使う余裕が無かったのが残念ですが、下調べをほぼせずにキャンプで使ってきてからレビューを書き出してるため、ああそういう仕様だったのかーというのが帰ってきてから多々あって新鮮な気持ちでした。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

ポリエステルの収納ケース。

サイズは大きいですがかなり薄くて2.5cm。

袋は余裕のあるサイズ感なので他小物を一緒に入れても良さそう。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

固定はベルクロ3ヶ所。

貸し出しなので誰かが焚いたユーズド品。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

特に順番とかがあるわけでもなくパーツを重ねてるだけ。

火床が外側にくるので、両端を脚で火床を挟む収納が良さそうです。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

パーツは全部で4つ。

左の2つが脚、右下が火床、右上がゴトクです。全てステンレス製。

0.3mmのステンレスを使っているとのこと。使われた火床は多少変形はしてますね。

本体ゴトクとゴトクはΦ4mmステンレス棒。

今後、交換パーツの販売も考えているようです。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

火床は半分に折りたたまれていて、さらにゴトクも2本ついてます。

上に載せるゴトクと同じでわかりにくいので、本体についてるのは本体ゴトクと呼び分けます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

サイトで見た時は本体ゴトクは倒れるのかなと思ってましたが、そんなことはなく、脚に差し込む部分で固定される作りです。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

火床をそらせて

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

脚。

オシャレに肉抜きされて風通しも良さそうです。

口に見えるV部分が火床を差し込む場所ですね。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

脚の両端に火床を差し込むポイントがあります。

向きが決まっていて写真の場合右側に火床がきます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

脚のポッチに火床のゴトクを差し込みます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

両側差し込み。

本体ゴトクがしっかり直立してくれます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

あとは火床を押し込むようにすると、自然に脚に火床が刺さっていきます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

これで組立完成。

差し込む工程がやや面倒ですが、パーツも3つで構造的に難しくはありませんでした。

新品だと脚の向きで多少悩むかもくらいですね。

レビュワーとしてはくそなんですが、簡単でも無ければ難しくないって感想です。

たわむ感じはありますが雑に持っていどうしても外れたりはしません。

またここに薪や鍋が乗って荷重がかかるほどに安定度が上がる構造です。

サイズ

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー サイズ

全て実測の組み立てたサイズ感。

重量に反して、底径は40×35cmはかなりスペースを取る大きな焚き火台です。高さもあってサイトに存在感が出てきます。

ながら一番低い火床は地面から8.5cmで、芝生サイトなら地面へのダメージが気になる高さで対策が必要でしょう。下にスペースがあるので薪を入れておくとかが手軽です。

またゴトクは11.5cmの低い位置と、17cmの高い位置で2段階に設置可能。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー サイズ

俯瞰。

脚の歪曲部があり、中央部の実際に使用できるサイズは30cm程度。

体感でも見た目よりも狭く感じる、実用火床サイズは35×30cm程度。

薪を組めるを謳うだけあって、自由度の高い正方形に近い形状。薪でも炭でも癖がなくどんな用途にも使いやすそうです。

焚き火

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

雪上なので焚き火シートとかは必要ありませんが、下に何か無いと溶けて沈んでいくので薪をひきました。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

着火はいつものロゴス ファイヤーライター

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

着火の薪組は渓流の翁 瀬畑雄三さんのスタイルからの自己派生した感じ。

焚き火台の脚に薪を1本通しましたがちょっと高すぎて微妙でした。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

雪から水を作る時期になりました。

本体ゴトクか脚かゴトクの置き方で高さを調整できます。

並列で薪を組んでいれば鍋直置きも便利。

高さ調整がしやすく調理の火力も調整がしやすいです。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

ガンガン薪を入れていける火床の大きさは焚き火の楽しさを再認識できます。が、ソロにはちょっと大きすぎるのはありますね。

ある程度薪を入れてしまうと脚へのゴトク置きは出来ないので熾火調理か炭使用時かでしか使いにくいゴトクの置き方に思えます。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

高い位置のゴトクは安定して調理向き。

火力が低めなので強火料理はしにくいですが、鍋など煮込むのには便利な高さです。

本体ゴトク側に滑り止め加工がされているのでゴトクも鍋が乗ってれば意外と安定します。

が、収納サイズを薄くするためかゴトク左右の曲げ加工部分がわずか過ぎて鍋の無い時や鍋を乗せるまでは不安定で少し不安があります。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

付属のゴトクはかなり大きく、36×14.5×0.8(厚)cm程度。

大きめな鍋やヤカンを2つ並べて置けるサイズ感です。

ソロクッカーなら3つ置くこともできます。

必要無ければ使わなくても良いモノですが、このゴトクを使わないと本体ゴトクも無駄ですしなんだか損した気分になりそうです。

ricoh theta v

ここが良かった

使ってみて良かったと思ったとこ。

この重量でこのサイズ感

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

最近のなんにでも「軽量!!」って付ければ良いと思ってる風潮に疑問があって、それが売り文句になるせいで実測1022gの焚き火台が794gとして売られるのが嫌だったりします。

個人的に総重量1kgなわけで軽量焚き火台ではないんですよ。むしろ薄い収納サイズに魅力を感じます。

それでもこの重量で、この収納サイズで、このサイズの大きさで、調理もしやすく、焚き火もがっつりできるのがマクライトの良いとこだと感じました。

探せばもっと軽い焚き火台はたくさんありますし、もっと調理向きな焚き火台もあるんですが、全部のバランスが良い万人受けする焚き火台なんだろうなと思うのがマクライトでした。

特にぼくのように焚き火で調理する人や、焚き火をがっつりしたい人にはオススメできます。

長い薪を横から突っ込める

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

薪を現地調達することが多いので40cm以上の薪も使いたいキャンプスタイルです。

そんなときに横から太く長い薪を突っ込めるのはすごい便利でした。

必然的に薪の組み方が並列になるのも調理向きで相性の良さを感じました。

自分と焚き火台の向き

現地でもしかしたらと思いながら使ってましたが。帰ってきてから調べたら案の定だった話。

 

公式画像とぼくの焚き火台を使う向きが違うということ。

実際現地で組み立てたあともどっち向きで置くか悩みました。

公式スタイルのほうが本体ゴトクが邪魔にならなくて良さそうですが、薪の入れやすさはぼくの向きだと思います。

正解間違いもありませんが、ちょっと腑に落ちない感じ。そっち向きだったかぁ。

ゴトクの安定感

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

ゴトクの短辺引っかかり部分が浅すぎて心配でしたが、本体側ゴトクに溝があって意外とグリップしてくれました。

ゴトクを薄くすることで収納サイズも薄くできて、しっかりグリップしてくれるのは嬉しい作り込みです。

そして忘れがちですが、この値段でちゃんとゴトクが付いてくるのはありがたいポイント。

炭で調理をするなら網や鉄板を用意しても良さそう。

適度な耐風性

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

左右の脚上部が風防効果を果たしてくれます。

地味ですが、これがないと灰が風で飛んで行ってしまうので優秀です。

耐風性もあり、空気もしっかり取り入れ、夜にはオシャレな三角が浮かび上がってくるマクライトのマクライトらしい部分な気がします。

灰が捨てやすい

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

これも帰ってきてからわかったやつ。

脚を片側外せば本体ゴトクをつかんで簡単に灰を捨てることができます。

脚を外す時に少し強めに外側に押せば、簡単に片側だけ外れてくれました。便利。

スポンサーリンク

ここが気になる

気になった部分。

地べたスタイルには合わない高さ

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

椅子を使わないド底辺な地ベタリアンキャンパーがいます。ぼくです。

ゴトク位置の高さから地べた使用には向かない焚き火台でした。

椅子に座れば丁度いい位置になってくるんでしょう。

ゴトク位置が高い

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

同じような話ですが、調理をするのにゴトク位置がちょっと高すぎるなあと思いました。

あと2~3cm低くてもいいんじゃないかなぁと。

高さを変えれるように本体ゴトクにもう一本横にあったら嬉しいなと感じました。

本体ゴトクが使わないなら邪魔

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

あと本体ゴトク、これが使わないなら邪魔だと感じました。

構造上難しいそうですが、取り外しできる仕様なら嬉しかったと思ってしまいました。

左右の歪曲部が邪魔

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

火床に差し込んだ脚は良い感じに内側に歪曲してます。

これが燃省スペースを圧迫していて、カタログスペックではわからないデッドスペースができてしまいます。

そのため実用火床が気持ち狭く感じました。それでも十分広い焚き火台ですけどね。

隙間ができて風が入り燃焼効率はあがるのかもしれませんね。

地面へのダメージはある

最下部が地面から8.5cmで、ピコグリル398とほぼ同じ。

それでいて火床は広く火力が高くなりやすいためピコグリル398以上に地面へのダメージがあります。

そのため芝生など草地でやるなら何かしらの対策は必須です。

焚き火シート単体では熱を防ぐことができません

焚き火台の下に薪を並べ、その上に焚き火シートをひくなど物理的な距離を置くのが有効です。

他焚き火台と比較

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

ピコグリル398と並べて。

一回り、二回り大きいサイズ感で比べるならピコグリル760でしょうか。

 

マクライト ピコグリル760
重量 本体:794g
ゴトク:135g
収納ケース:91g
総重量:1022g
本体:749g
ゴトク:174g
スピット94g×2
収納袋:207g
総重量:1318g
展開サイズ 36×40×32cm 54×38×27cm
収納サイズ 21×40×2.5cm 45×30×2.5cm
価格 ¥9,878 ¥23,000

ピコグリル760は持ってないのでスペック比較だけ。

どちらも火床を半分に畳む形状で、展開収納サイズはピコグリルのほうが大きく、その分少し重たい。

どちらも調理と焚き火がしやすい薄型収納できる焚き火台です。

耐風性はマクライトのほうが高そう。値段もかなり安いので多くの人が手を出しやすいのも良いとこ。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

サイズを測ってて気づいたのはウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフと燃焼スペースのサイズが近いこと。

入れてみたらすっぽり入り切るサイズ感でした。

 

TOKYO CRAFTS マクライト レビュー

真上から。

ファイヤーセーフでもソロなら十分すぎる広い火床なので、マクライトでソロで狭いってことはありませんね。

むしろソロよりも2~3人で使うのに向いていそうに思えてきます。

マクライトの魅力

ぼくの感じたマクライトの魅力。

・2.5cmスリムな収納サイズ

・総重量1kg、徒歩キャンパーも選べる大きめ焚き火台

・薪を自由に組める広い火床

・長い薪を横から突っ込みやすい

・高さの変えれるゴトク付きで調理がしやすい

・耐風性のあるサイド部分

・脚を外して灰捨て簡単

 

オススメしたいのは・・・

・ピコグリル398では少し小さいなと思っていた人

・複数人で使える広くて軽い焚き火台が欲しいと思ってた人

・がっつり焚き火も調理もしたい徒歩キャンパーさん

そんなキャンパーさんたちにおすすめな焚き火台です。

まとめ

小さく軽量な焚き火台もいいですが、やっぱり広い火床でがっつり焚き火をするのが好きです。

寒い時期なら特にです。

すぐには入手が厳しそうですがだんだんと生産されて、手を出しやすくなってくるでしょう。

来年の夏に使う焚き火台を探してる人は必見の焚き火台でした。

ユニフレームの新作焚き火鍋18cm!見た目買いで後悔しない軽量ステン鍋!
こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です! ユニフレームの2021年新作「焚き火鍋18cm」 焚き火に吊るせる鍋フェチを自称しているぼくのフェチドストライクで、カタログで見た瞬間に心を奪われ、発売日に購入してしまいまし
ファイアメイプルの焚き火に映えるANTARCTIステンレスケトルを最速レビュー!
新商品チェックをしていたときに見つけたのがファイアメイプルのステンレスケトル。使い勝手の良さそうな見た目、焚き火に映えそうなシルエット、堅牢そうなボディ、でも何個も持ってるそんなケトル!と思ってたら自宅に届いてました。今回は中国の調理器具ブランドFireMaple(ファイアメイプル)の焚き火で使いたいステンレスケトルをおそらく最速レビューしていきます。
万能なソロ焚き火台のピコグリルの欠点に気付いてしまったという話!
薄くコンパクトに仕舞え、約400gと軽く、大きな薪を乗せることができてよく燃える、さらに調理もしやすいと完璧焚き火台なためソロキャンプでは使ってる人も多い焚き火台ピコグリル398。そんなピコグリルの良すぎる燃焼効率が欠点でもあるということに気づいてしまいました。なんで燃焼効率良いのが欠点なのか?そんな焚き火の話です。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] TOKYOCRAFTSの新作焚火台マクライトをレビュー!調理がしやすいスタイリッシュ焚き火台! […]