ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

【レビュー】軽量コンパクトなソロ焚火台ピコグリル398と最強の網!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

スノーピークやユニフレームというしっかりした万能で頑丈な焚火台から、モノラルやB6君といった軽量タイプまで焚火台は種類多すぎて選べないですよね。

それぞれメリットデメリットあるし何個か使ったけど、結局不満が見えてきて何が自分に合ってるかわからないって人多いと思います。ぼくもそうでしたし。

今は「ピコグリル398」が焚き火から調理までいけるソロキャンの焚火台の一つの答えだと思っています。

そんなピコグリル398の魅力と気を付けることと、純正品レベルにフィットする網を紹介していきます。 

 

 

ピコグリル398のこと

pi-ka-ri.com

 

ピコグリル398はスイス製の焚火台です。

極薄のステンレス製で、軽量で強度に優れ、自然へのダメージを最小限にするように設計されています。

大きさの違いで一回り大きいピコグリル760、少し形状の違うネイチャーストーブでピコグリル239とピコグリル85という商品もあります。

ちなみにピコグリルのあとの数字は重量のことかと思われます。実際と少し違うのであれですが。

 

軽量コンパクト

f:id:zetuenlife:20180905183856j:plain

ピコグリルには収納サイズで34x23x2cmくらいで専用の袋もついてます。組み立てると38.5x26x24cmです。

ぼくが別に用意した網もセットで620gです。網無しで500gくらいです。

A4用紙より少し大きいくらいですね。

 

f:id:zetuenlife:20180905184242j:plain

網もセットだとスマホより少し厚いくらいですが、ザックに入れるときは背中側にフィットしてパッキングするのであまり邪魔にはなりません。

 

簡単な組み立て

f:id:zetuenlife:20180905184339j:plain

新品のときの姿です。ステンレスの光沢がかっこいいです。

組み立てと言っても、「足を開いて本体をのせる」だけなので組み立てが早いのがピコグリルの魅力です。

ステンレスが若干鋭利なので手を切りそうなのが怖いです。ただよっぽど雑にしなければ切らないですし、2度目からは汚れているので手袋をしての組み立てになるので心配するほどでもないです。

 

割と頑丈

f:id:zetuenlife:20180905184500j:plain

キャンプ場で売っている薪は大体40cm位なのですが、ピコグリル398は横幅が38.5cmあるため買った薪をカットせずに乗せることができます。

広く空いているためどの角度からでも薪を入れることができます。また強度がしっかりしているため大きい薪を何本も載せることができます

ペラペラなので壊れるのかな。と思っていたのですがノートラブルですし壊れる気がしないです。使っていくと熱でベコベコにはなりますが使用上問題はないです。

ピコグリルはかなり頑丈です。

 

圧倒的な燃焼効率

f:id:zetuenlife:20180905185138j:plain

穴の開いたステンレスの天板と左右がフルオープンなので、ものすごい燃焼効率が良いです。

横から見るとわかりやすいですが、U字になっているため左右の薪が真ん中に落ちていくためほったらかしでもどんどん燃えてくれます。

いじる楽しみが減りますが、楽で便利です。気付いたら灰しかないってこともあります。

端のほうが燃焼しにくいので真ん中が燃えたら内側に薪を押し込んでやるといいです。

 

料理がしやすい

f:id:zetuenlife:20180905185503j:plain

網やパーセルトレンチを使うと薪をのせるところではなく、足の部分に荷重をかけて調理ができるため重いものをのせたりいろんな網を使って調理をすることができます。

足が細いのに抜群の安定感で様々な料理をすることができます。

また適度な高さがあるため高温すぎてすぐこげる。ということもないのがピコグリル398の良い所です。

 

f:id:zetuenlife:20180905190400j:plain

お湯を沸かすときなど火力を上げたいときは直接突っ込むと高火力です。

ただ薪をのせる天板部分はあまり重量をかけると危険なので注意ですよ。

 

f:id:zetuenlife:20180905185740j:plain

スピットという専用の五徳になる串もあるのですが、強度が弱いため別に網を用意するといいです。

パーセルトレンチは直火での焚火の時も活躍してくれます。コンパクトでダッチオーブンも載せれる強度があるので焚火好きキャンパーにはオススメですよ。

 

主張せずサイトになじむ

f:id:zetuenlife:20180905190621j:plain

だんだんと焼けて黒くなってワイルドになっていくのですが焚火をするソロキャンプに自然となじみます。

サイトの雰囲気を崩さずにそれでいて存在感のある焚火台です。焚き火をしていないときにも置いてあるだけでもかっこいいです。

 

ピコグリルの欠点

欠品が多く値段が高い

スピット込みで約13000円します。単体でも税込み11800円です。また欠品のことが多く欲しくても買えないということが多いです。

ただ今は在庫ありますので気になる方は売り切れる前に買いましょう。

 

芝生の時は気を付ける必要がある

f:id:zetuenlife:20180905191407j:plain

天板部分の溝からは灰は落ちないですが、左右から灰や薪が落ちやすいです。

またペラペラなので焚火台の下が輻射熱でかなり高温になり芝生だと燃える場合もあります。

ピコグリルの下に薪を並べると地面にダメージを与えずに使うことができます。

あとはカーボンフェルト製のスパッタシートを下に引くと軽量コンパクトですよ。 

  

風の影響を受けやすい

f:id:zetuenlife:20180905190509j:plain

かなりオープンな構造になっているため風の影響を受けやすいので風を送らなくてもどんどん火が大きくなる、というとメリットになります。

しかし風で灰が飛びやすいと思うとデメリットですかね。

ブッシュクラフト風に薪で風防を作るのも楽しいですけどね。強風のときはなにかしら対策が必要です。

www.zetuenlife.com

 

2人で使うには小さい

f:id:zetuenlife:20180905193154j:plain

ソロキャンなら最強の焚火台だと思ってますが、ソロ以外では少し小さいです。どんどん焼いて食べていくようなスタイルではなく、料理したり少しづつ焼くスタイルなら2人でちょうどいいくらいです。

A4サイズの焼き台で小さいな、と思われた方はピコグリル760という2倍の大きさの商品があるのでそちらを検討するといいかと思います。

またピコグリルを焚火用にして、別に炭で使う調理用の焚火台を用意して二刀流というのも贅沢で良いと思います。ぼくは人数が増えた時はピコグリルを焚火+焚火料理用に、ほかの焚火台をBBQ用にする使い方があります。

 

オススメの網

f:id:zetuenlife:20180905192121j:plain

今までは100均の折り畳みの網を使っていましたが、最近見つけたのですがノースイーグルの23x29cmの網がベストフィットでした。

 

f:id:zetuenlife:20180905192253j:plain

ピコグリルの足にうまく引っかかってずれにくくなってくれます。鉄製でしっかりとした作りになってます。

 

f:id:zetuenlife:20180905192708j:plain

なにがすごいって約4kgのダッチオーブンをのせることができます!網なのに!

しかもほぼ反らないです。色んな調理に対応してくれます。

 

ただオンラインショップで売ってるのを見つけれなかったです。

ホームセンターかアウトドアショップで見つけれたらラッキーという感じです。

NE1458 イーグルアミ 23×29 | バーベキューアクセサリー | North Eagle

 

まとめ

ピコグリル398は値段も高いですがその分強度もしっかりしてます。焚き火を楽しむという焚火台の本来の楽しみ方から料理をするようなシーンまで1台で全部こなせる万能型の焚火台という印象です。

バックパックキャンプやバイク、自転車などの軽量化したいキャンプでもいいですし、車でいくソロキャンプでも使いやすいです。

キャンプ芸人のヒロシさんも使われていますし、信頼性は高いです。ソロキャンプ用の焚火台を探されてる方は一度検討してみてください。

 

↓購入サイトです。

pi-ka-ri.com

www.zetuenlife.com