ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

Moon Lenceのテーブルが購入前の3倍は満足するほど良かったのでオススメ!

9月20日9時~23日23時59分までAmazon増税前のタイムセール中です!

オススメ商品を紹介してますこちらもどうぞ!

 

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20190815230850j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

ぼくはほとんどソロキャンプでテーブル使うことはほぼないんですが、友人とキャンプに行くシーンなどテーブルが欲しくなるシーンもあるわけです。

軽くて、天板がしっかりしてて、割と大きい、それでいて安いテーブルないかなーと探してたところでMoonlenceのテーブルがセールで安かったので買ってみました。

この夏で使ってましたが、思ったより使いやすくしっかりしてて、購入前の3倍は満足しているのでレビューしてみます。

 

Moonlenceのオススメギア紹介記事もどうぞ!

www.zetuenlife.com

 

 

Moonlence

Moonlence Amazonページ

Moonlenceは中国上海の企業のようです。

細かいことは調べてもわかりませんでしたが、Naturehikeについで有名なAmazonでアウトドア用品を売っているメーカーではないでしょうか?

コットや焚き火台、椅子が主力ですが、コットはかなり評判がいいですね!

 

Moonlenceアルミテーブル

Moonlenceアルミテーブル
重量 1.6kg
天板サイズ 56(幅)x40(奥行き)cm
展開サイズ 56(幅)x40(奥行き)x36(高さ)cm
収納サイズ 45x12cm
耐荷重 30kg
材質 A6063ジュラルミン

このテーブル構造の元祖はSnowlineというメーカーです。軽量性と剛性、収納性と拡張性に優れた形状でNaturehikeも同じの作ってますね。

元祖は足と天板側のポールを固定する斜めの筋交いがないので、安定感悪そうです。

細いポールの割にかなりしっかりした剛性を感じる構造です。

天板がアルミで上でバーナーを使えるのも地味に魅力

高さ36cmは地べたーなときは少し高いなーという高さ。

チェアワン系の椅子に座ればちょうどいい食事テーブルの高さです。

 

組立にはコツがいる

組み立てるのが意外とめんどくさいのがデメリット。

ただ慣れてどこがどこにくるのかわかってくれば組み立てが早くなります。

f:id:zetuenlife:20190815235710j:plain

ポールはショックコードでつながっていて1塊になっています。

最終的な構造をイメージして組み立てるのが近道じゃ!

f:id:zetuenlife:20190815235824j:plain

こんな感じになっていきます。

天板側のポールと足側のポールをつなぐ斜めの金具が内側に来るように組み立てくと失敗しない。

f:id:zetuenlife:20190816000020j:plain

これでフレーム完成。あとは天板を乗せるだけ。

f:id:zetuenlife:20190816000058j:plain

天板も2種類あって左の板は真ん中側。右の板は左上が角にハマるので左右の端にくる天板です。

f:id:zetuenlife:20190816000244j:plain

全部で5枚の天板をはめて完成です。結構しっかりと天板がはまってくれるので、つけるときは手でバンッとたたいてはめます。

f:id:zetuenlife:20190816000340j:plain

あと足にフックをひっかけるとメッシュの棚ができます。

足のポールが多くて組み立てが少し手間取るけど、慣れれば早くなりますので!

 

コンパクトに収納できる

f:id:zetuenlife:20190816000542j:plain

5枚ある天板も同じ向きで2枚ずつ重ねて最後の一枚の上に束ねたポールを乗せてしまうだけです。

f:id:zetuenlife:20190816000638j:plain

ほぼヘリノックスな収納袋は口が大きく開くのでしまいやすいです。

f:id:zetuenlife:20190816000731j:plain

最近は椅子もテーブルも似た感じなものが多いですが、収納袋もどれも同じに見えてくる。ただ簡単にコンパクトに収納できます。

 

天板が大きい

f:id:zetuenlife:20190816001017j:plain

天板が56x40cmとヘリノックステーブルワンとほぼ同じ。ソロなら十分な大きさです。

バーナー+お皿+マグカップを置いても余裕があります。

フィールドホッパーに慣れたソロキャンパー感覚だと広すぎて使いきれないテーブルサイズです。

車中泊ではこのテーブルの上でパソコン+マウスという組み合わせもできて便利です。

 

メッシュネットがひたすら便利

f:id:zetuenlife:20190816001541j:plain

弱そうだし、すぐ壊れそうだし、別に置く場所に困ってるわけでもないし。

とか買うまでは思ってたんですが、テーブルの下にあるメッシュって物入れたくなる魔物が潜んでいました

ちょっと使った後のウェットティッシュとか、モバイルバッテリー入れてテーブルの上でスマホ充電したり、便利すぎるでしょメッシュ。わいのメシアや。

 

拡張性もあるらしい

f:id:zetuenlife:20190816001913j:plain

出典:Moonlence

 同じテーブル2つ+接続天板で3倍の広さになります。

また同じテーブル2つか3つで縦に重ねて棚にすることもできるようです。安定感悪そうですけどね。

ランタンハンガーも良さそうなんですけどレビューで刺さりが浅い、というのが何件かあったのでビビッて買いませんでした。

ここだとAのパターンが一番便利そうです。

ソロ用~数人用を同じテーブルで使い分けれます。使いまわしの幅が広いのは魅力的です。

 

類似品

同じ構造のテーブルが他にも出ています。

ランタンハンガーあるか、筋交いがあるか、というのが大きな違いです。

Soomloom

最も買いなのがSoomloomのテーブル。
ランタンハンガーついてMoonlenceよりも安いです!

snowline

この形状のテーブルの元祖です。
値段が少し高く、意外とぐらつくようで。
周辺パーツが多いのが魅力!

Naturehike

はめる板の多さで横の長さが最長です。

周辺パーツも多く、遊べるテーブルでしょう。

FLYFLYGO

天板3枚とコンパクトなモデル。

ソロで省スペース性を求めるとこのサイズが良さそう。

でもこのサイズならローテーブルがいいかな。 

 

まとめ

ぼくがテーブル使うと感覚的にはグランピングなんですが、いいですねテーブル!

木製のテーブルは雰囲気はいいですが、重くかさばります。

ザックに入れることもできるこのテーブルは今後も重宝しそうです。

この金額でこのテーブル!と思うとモリモリ満足度があがっていくんですよね。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

 

www.zetuenlife.com