ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

Amazonの格安なラインロック風金具が理想の自在金具という話!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20191030174806j:plain

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

最近ぼくが愛用しているもので「Lineloc(ラインロック)風金具」と呼んでいる金具があります。Amazonで買いました。

安くて汎用性も高く、かなり使い勝手のいい金具でタープやテントの張り縄に使えます。

今回はLineloc風金具の使い方と、こんなシーンで使えるよ!というのを紹介していきます。

 

ハンモックのギアスリングでも活躍しています!

www.zetuenlife.com

 

 

Lineloc(ラインロック)とは

f:id:zetuenlife:20191030163513j:plain

そもそもラインロックってなに?という人も多いでしょう。

Lineloc(ラインロック)はプラ樹脂素材のロープ調整金具で、従来の自在金具とは固定方法が少し違うのが特徴です。写真だと輪になっている部分を引っ張ると長さを調整し固定できます。自在金具と違い、ロープが重なる部分が必要ないのがいいところです。

UL系のガレージブランドやMYOGをしている人が好んで使っているイメージがあります。そのためか単体の販売も自作素材ショップのOutdoor Material Martさん位です。

 

f:id:zetuenlife:20191030163208j:plain

ぼくが使っているWANDERLUST EQUIPMENさんのカンパラパックの調節金具はラインロックです。

ちなみにカンパラパックはバックルもラインロック状の固定ができる優れものです。

 

f:id:zetuenlife:20191030163851j:plain

KAMMOKのKuhliもラインロックで固定するタイプです。ぼくはKuhliの使い勝手が良すぎたことからラインロックにハマってしまいました。

ザックやタープ、テントで使われることが多いパーツです。 

 

格安Lineloc風金具

f:id:zetuenlife:20191030170633j:plain

出典:Amazon

Amazonで見つけた格安のラインロック風金具はこれです。

ラインロックはバンドでしか固定できませんが、こちらはパラコードで固定できるのが嬉しいところです。

穴の直径は5㎜で固定できるパラコードは3~4㎜です。

2㎜だと固定力が低く固定できません。3㎜だと簡単に通せますが固定力が少し心配。

4㎜はパラコードの末端処理の仕方次第で通しにくいですが、固定力は高いです。

一度付けたら外すこともないので、個人的には4㎜がオススメです。

 

f:id:zetuenlife:20191030170905j:plain

テントの張り縄用の自在に使っていますが、テントと固定するのに1本パラコードが必要です(写真では赤と黒のモノ)。

ぼくはここを2㎜のものを使っています。

そして張り縄としてのパラコードも別に必要です。こちらは4㎜を使用。

 

f:id:zetuenlife:20191030171109j:plain

固定するとこのようになります。

垂れているロープを引っ張るとピンと張れ、金具を起こすと緩みます。

テント側で固定するのが自在金具との違いですね。

また自在金具と違い、パラコードが重なっている必要がないため長さを短くすることができます。極端な話、2メートルのパラコードで作れば2メートル先で固定することができます。

 

f:id:zetuenlife:20191030171246j:plain

緩めるときのやり方です。

金具につまみ部分がありますので、そこを起こす、感覚になります。

 

f:id:zetuenlife:20191030171619j:plain

ちなみにテント側のコードを長く、つまみのあるほうを短くする接続です。

 

こんなシーンで活躍

タープ

f:id:zetuenlife:20191030172610j:plain

一番使えるシーンはやはりタープでしょう。

最初のラインロック風金具に付け替えるのが手間ですが、それさえ終われば設営が圧倒的に楽になります。

注意点はタープ側で長さを調節することになるので位置が高すぎると使えないことです。

伸長次第ですが、180cmのポールなら手を伸ばせば使える場合が多いでしょう。ですが200cm以上のポールを使う場合は厳しいと思います。

そのため長いポールを使う人は、ポールを使う場所以外をこの金具に変えるといいでしょう。

 

テント

f:id:zetuenlife:20191030172436j:plain

テントもかなり楽になります。ただ4㎜と太いパラコードを使うことになるので、ソロテントで元のロープ径が細い場合はパラコードの重量が増える場合もあるので注意です。

テントの場合はペグ側ではなく、テント側で自在を調節できるようになるので積雪期に有利になります。

 

ギアスリング

f:id:zetuenlife:20191008170626j:plain

ちょっと変わり種ですが、先日考えたKAMMOKのギアスリングJoeyの接続簡略化にもこの金具を使っています。

無段階で調整ができるようになるため重宝しています。また耐荷重10㎏ほどなら問題なく使えています。

タープやテントでもかなり強い固定量があると思うのでファミリーテントや大型タープでも使用可能でしょう。

 

現在Amazonで買えるのは1種類ですが、10個入りと4個入りの2パターンあります。

ただ2つともほぼ同じ価格なので、10個入りの購入をオススメします!大体10個入りで300円前後を行き来しています。

在庫無い場合も別の出品者から送料無料で購入できることがありますので、そちらも見てみてください。

ぶっちゃけ手持ちのタープやテント全部これにしたいレベルなので、ぼくは10個入りを4つ購入して40個持ってます。足りなくて困ることがあっても多くて困ることはないですよ!

10個入り!

 

パラコードは4㎜がオススメですよ! 

 

EXPED WEBSTORE / Slide Lock (set of 8)

類似品にEXPEDのSlide Lockという物もあるのですが、どこも在庫がなく手に入れることが難しいアイテムもあります。手に入るならそちらもオススメ。

 

まとめ

そういえば中国発送のようで届くまでだいぶ日数かかるのを注意してください。

アイディア次第でそんなとこにも!?という使い方のできる金具です。

工夫して、考えて、作って、キャンプする。そんなキャンプが大好きです。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.comwww.zetuenlife.com