ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

ツリーストラップと木の接続を簡単にするロープワークを考えてみた!

スポンサーリンク

f:id:zetuenlife:20191019170901j:plain
こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

ぼくはハンモックを設営する時にハンモックとツリーストラップを一度外さなくていいようにカラビナを使用していました。同じようにしている人は多いと思います。

ただカラビナだと重くて邪魔だなと思いパラコードでカラビナの代わりになるロープワークを考えてみましたのでその紹介をしていきます。

 

他のハンモック記事もあわせてどうぞ

www.zetuenlife.com

 

 

カラビナの問題点

f:id:zetuenlife:20191018211141j:plain

これがもともと使っていたツリーストラップのループを使わずにカラビナで固定する方法です。

このカラビナがあることでハンモックとツリーストラップを一度外さなければいけないという手間を省くことができていました。

デメリットとしてはかなりの自分の体重がそのままかかるため耐久力のあるクライミング仕様のカラビナを使う必要があるということ。そんな耐久力の高いカラビナは大きく、重く(といっても20~30gx2つ)、そして嵩張ります。

 

f:id:zetuenlife:20191008135924j:plain

個人的にはこの嵩張るのが嫌でした。

ハンモックのスタッフバッグは縫い付けられているため取り換えることができません。そのためハンモックによってはツリーストラップやカラビナが大きくなると収納しにくくなってしまいます。 今回はそのカラビナ邪魔だね?問題を解消するロープワークの紹介です。

ただカラビナを使ってもそこまで大きいわけでも、重いわけでもなく、圧倒的に楽です。特段不便を感じてなければカラビナで問題はないでしょう。

 

カラビナよりも軽量化、簡略化を考える方はダッチウェアギアのチタンダッチクリップもオススメです。1つ7.5gと軽量で約136㎏まで耐えれます。デメリットでは国内の取り扱いがハイカーズデポくらいしかないこと。

hikersdepot.jp

 

ロープワーク説明

完成系

ではさっそく紹介していきます。

細かいロープワークの説明はないので、ロープワークの名前で検索してください。

ダブルフィッシャーマンズノットとエイトノットを使います。

 

f:id:zetuenlife:20191018134140j:plain

まずは最終的な完成系はこれです。1つ3gほどです。これの作り方と使い方を説明していきます。

 

ロープワーク

f:id:zetuenlife:20191018134041j:plain

今回はパラコード4㎜を使います。耐荷重は250㎏。もっと太い分には問題ないですが、4mmよりも細いものは少し不安があります。

4㎜パラコードを50cm位を2本、そしてライターとハサミが必要です。

実際には30cmほどしか使わないのですが、ロープワークがしやすいように長めにとってます。

 

f:id:zetuenlife:20191018134051j:plain

まずは両端をダブルフィッシャーマンズノットを固定します。

写真は片方だけフィッシャーマンズノットをした状態。反対側も同じようにフィッシャーマンズノットをします。

大変ですが、この時一周が30cm程度になるように調節しながら結びを作ります。

 

f:id:zetuenlife:20191018134056j:plain

両側をフィッシャーマンズノットをして締め付けた状態です。ここから両側の結びがつながる位置まで引っ張ります。

 

f:id:zetuenlife:20191018134101j:plain

これがダブルフィッシャーマンズノットです。この時点で一周30cm程度になるようにします。

 

f:id:zetuenlife:20191018134106j:plain

次にダブルフィッシャーマンズノットを作った反対側にエイトノット(二重八の字結び)を作ります。

この輪は小さめに作ります。個人差もありますが、小指が通るか通らないか程度のサイズです。

エイトノットはあとあと調節もできるのでなんとかなります。ダブルフィッシャーマンズノットはあとあとの調節が面倒です。

 

f:id:zetuenlife:20191018134110j:plain

そしてダブルフィッシャーマンズノットの余った末端をカットします。ほどけにくいように2cmほど余らせてカットしましょう。

 

f:id:zetuenlife:20191018134114j:plain

末端は焼いてほつれてこないように処理します。そして、これでロープワークは完成です。

 

使い方

そしてこの道具の使い方も。

 

f:id:zetuenlife:20191018134118j:plain

ダブルフィッシャーマンズノットした結び目をエイトノットでできた輪に通していきます。

末端のロープから通していくと上手に通ります。

エイトノットの輪の大きさは、ダブルフィッシャーマンズノットがギリギリ通る太さにしたいです。通してみて太すぎたり、細すぎた場合はその都度調節しましょう。

 

f:id:zetuenlife:20191018134122j:plain

おらぁ!って感じで通し切ります。

 

f:id:zetuenlife:20191018134126j:plain

通し切るとダブルフィッシャーマンズノットの結び目が引っかかり簡単に抜けないようになります。

逆に外すときは末端のところから抜いていきます。

 

 

f:id:zetuenlife:20191018134021j:plain

16cmのペグと比べてこのサイズ感。

これでもうカラビナの代わりにツリーストラップを固定することができるようになります。が、もう一工夫。

 

ツリーストラップとの固定

f:id:zetuenlife:20191018134016j:plain

このままでは、このパーツが独立しているため無くす心配や設営の時に地面に落としたりする手間がかかります。

なのでツリーストラップに固定してしまいます。

 

f:id:zetuenlife:20191018134130j:plain

 使うのはこれ、モビロンバンド。ゴムじゃない輪ゴム。どっちやねん。

モビロンバンドはゴムではなく、熱可塑性ポリウレタンエラストマーという素材を使った輪形状の輪ゴム、です。輪ゴムです!

伸縮性があり、-20~80度まで使えて、ゴムのようにべたつかず、張り付かない、そして高強度です。ペグやスマホ充電ケーブル、クッカーやパラコードをまとめるのにも使えるためあるとなにかと重宝します。

ぼくが愛用している14gの財布トレールワレットもモビロンバンドで固定しています。

 

f:id:zetuenlife:20191018134135j:plain

これがモビロンバンド、そう、輪ゴムです。

 

f:id:zetuenlife:20191018134144j:plain

これを使ってツリーストラップにぐるぐる巻きつけて固定します。それだけです。

ぼくはモビロンバンドですが、ここは負荷のかかる場所ではないので、1~2㎜のパラコードや同じ4㎜のパラコードなど固定できれば問題ないですよ。

ぼくは透明な見た目にしたかったのでモビロンバンドを使いました。

 

f:id:zetuenlife:20191018134140j:plain

これで完成です。

ツリーストラップを木に一周させて、あとはこの金具で固定するだけです。

 

注意点

実際にこのロープワークで張ったハンモックで何度か寝て試してみました。簡単に抜けるものではないですが、まずハンモックに乗る前に手で引っ張り抜けないことの確認をしてください。

そして結び方で強度が変わってきます。またカラビナなどの金属パーツに比べて紫外線、雨、擦れでの劣化は大きいです。

そのため長い期間仕様しているときは時々劣化がないか確認してください。

 

動画

使い方の動画も撮ってみました。参考にしてください。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

 

 

まとめ

便利な道具を買って快適になるのもいいですが、ハンモックは知恵と工夫でなんとでもなるのがすごく楽しいです!

もっと楽に接続できるロープワークや道具などもあるのかと思いますが、自分で考えて作ると得るものが大きいです。皆さんもオリジナルのアイディアで快適なハンモックライフを送ってくださいね!

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com 

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com