ぜつえんアウトドア

ソロキャンプの話をメインにギアや登山や外遊びのあれこれを書いてます

MENU

中国製の格安充電式LEDランタンがスマホも充電できてコスパ最強だった!

スポンサーリンク

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

Amazonが大好きなキャンパーのぜつえんですこんばんわ。
最近Amazonを見ていると、怪しい中国製品が色々あるんですが、ほんとにパクり品や目新しいモノなど見ていて飽きないです。そんな中国製品を見るのも好きですし、もちろん買うのも大好きです。

買うとわかるんですよね、中国クオリティというやつが!一回目で壊れるバーナーや、ベルトのちぎれるポーチなど様々あるわけです。

そんな中でも2000円くらいと安く、かなり当たりな充電式LEDランタンを愛用しているので紹介していこうと思います。

 

 

製品スペック

f:id:zetuenlife:20190119235544j:plain

Amazonには似た見た目で同じ性能で色違いなランタンがいくつもありますがぼくはsuperwayというところのものを買ってます。

性能に差はないので気に入った色やセールで安くなっているものを買うと良いでしょう。

 

f:id:zetuenlife:20190120000511j:plain

・5200mAhのバッテリー内蔵でモバイルバッテリーとしても使用可能。

・5つの点灯モードで明るさが3段階と点滅2モード。

・IP65防水機能(防塵+あらゆる方向からの水に耐えられるという意味、水没はダメ)。

・磁石内蔵で金属にくっつけることができる。

 

5つある点灯モード

f:id:zetuenlife:20190120003659j:plain
点灯モードが5種類あります。

明るさ3段階で、

ハイモード196ルーメン 点灯8.5時間

ミドルモード64ルーメン 点灯35時間

ローモード24ルーメン 点灯100時間

さらに点滅モードが2種類あり、高速点滅低速点滅です。

 

電源長押しでライトがついたあと電源を押すごとに5つのモードをループしていきます。また電源長押しでライトを消すことができます。

順番に、ミドル→ロー→ハイ→高速点滅→低速点滅→ミドル→ループ

という風になってます。

 

個人的には一人用テントなどではミドルでも十分な明るさですがキャンプで外で使う場合はハイモードになるかと思います。

ずっとハイモードでも8.5時間点灯するので1泊のキャンプでは充電なくなる心配はなさそうです。

バッテリー残量も青いランプで4段階で表示されるので目安程度にはなります。

 

USB充電式でスマホ充電も可能

f:id:zetuenlife:20190120001422j:plain

USB充電式のランタンなので家で充電してから持っていく必要があります。

前後にOUTPUTINPUTと書いてあるシリコンの蓋がありこれを外すと充電のプラグが出てきます。

これをしっかりはめておかないと防水の意味がなくなるのではめ込みはしっかりです!

 

f:id:zetuenlife:20190120001516j:plain

INPUT側を外すとマイクロUSBの差し込み口が出てきます。充電するときはこちらからですね。

感覚的にはランタンというよりモバイルバッテリーに近いです。

 

f:id:zetuenlife:20190120001806j:plain

OUTPUT側はUSBの差込口があります。

手持ちのスマホ充電ケーブルで充電することができます。

雨の中で充電する人もいないと思いますが、充電中は防水にすることができないので水が掛からないところで充電しましょう。

 

f:id:zetuenlife:20190120002059j:plain

充電しながらランタンを光らせることもできます

あまりすることがないシーンなのですがいざという時に同時使用できるのは便利ですね。ただ充電多い方だとランタンとしての点灯時間も減るので充電切れに注意です。

 

どこにでも吊るせるカラビナフック

f:id:zetuenlife:20190120002322j:plain

便利なカラビナ型のフックがついていてどこにでも吊るしたりひっかけることができます。

個人的にここのフックの強度が一番中国クオリティな気がしてて怖いのですが中々壊れないのでうれしい誤算です。

また上の面に磁石も入っていて金属面があると張り付けることもできますが、あまり磁力が強くないのでおまけ程度です。

 

f:id:zetuenlife:20190120002804j:plain

木やランタンハンガー、ロープなど何にでもつけることのできる形状のフックのためつけれなくて困ることがないです。ほんと便利です。

 

置いても使える

吊るすだけでなくテーブルなどでは置いて使うこともできます。

 

f:id:zetuenlife:20190120002935j:plain

目がまぶしくなる置き方ですが上向き置きはテント内に置くときや、タープ面を照らすときに使うことがあります。

 

またフックを起こして置くスタイルが便利です。

f:id:zetuenlife:20190120003115j:plain

f:id:zetuenlife:20190120003150j:plain

フックの角度を調節することで照らす角度をつけることができます。

テーブルに置いて焚火側を照らすときや夜にテントの撮影でテントを光らせるときに使う置き方ですね。

間接照明的な使い方をするときもこの置き方が良さそうです。

 

軽量コンパクトでかさばらない

f:id:zetuenlife:20190120003334j:plain

重量は153gほど。

 

f:id:zetuenlife:20190120003359j:plain

手持ちのブラックダイヤモンドのモジと比べてもモジより気持ち一回り大きい程度ですね。モジが汚いのが恥ずかしいですね。

 

f:id:zetuenlife:20190120003510j:plain

裏返すと少し大きく見えます。

大きさの分もあり、モジは100ルーメンなので196ルーメンある中国ランタンのほうが明るいです。

登山なら気にしますが、キャンプなら気にしないサイズ感ですね。

 

白い光がキャンプ向きではないが明るい

f:id:zetuenlife:20190120000450j:plain

写真で色を伝えにくいのですが、気持ち黄色入ってるかな?程度な白です。

キャンプでは暖色系の灯りが雰囲気もよく好きですが、暖色系と寒色系のランタンを比べると同じルーメンでも寒色系のほうが明るく感じます

状況での使い分けですが虫よけ用のランタンに寒色系を使うのもいいですし、メインの明るいランタンとして使ってもいいと思います。

ソロキャンプならこれ1台で主役級の明るさですよ。

 

買う時の注意

Amazonで類似品でも微妙に性能の違うものなどもあるので以下の点を確認するようにしてください。

IP655200mAhになっている商品が同じ商品です。その中で好きなカラーのモノを探してください。2000円前後でセールなどで1000円台になってるものもある感じです。

まとめ

ルーメナーなど買えればいいんですが、ちょっとお高いし勇気がでないよ。という方にオススメの中国製LEDランタンの紹介でした。

ルーメナー7個買えるくらいの安さなので初めてのキャンプやソロキャン、コスパ重視の方にはオススメできるランタンです。ソロ以外ではメインランタンにはなりにくい明るさですがLEDランタンは何個持ってても困ることはないですよ!スマホも充電できますしね。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com