360度全天球カメラRICOH THETA現行3種類の比較と選び方!

カメラ

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

手軽に360度写真を楽しむことのできるカメラRICOH THETA(リコー シータ)

180度の魚眼レンズが前後に付いたシンプルな見た目で手で持ちやすく、ワンボタンで撮影をすることができます。

今選ぶならTHETA SC2・V・Z1の3種類のいずれかとなるでしょう。

SC2とZ1を実際に使ってTHETAの機種ごとの特徴がわかってきました。値段差だけでなく性能差も大きく、用途次第で向いてる機種が変わってきます。

今回はあなたに合うRICOH THETAを見つけるために現行3機種を比較して選び方を紹介していきます。

RICOH THETAとは

ペンタックスやGRなどのカメラを開発販売しているリコーイメージング(RICOH imagine)。

そのリコーから出ている360度全天球カメラがRICOH THETA(リコー シータ)です。

肉眼ではとらえきれない前後左右を映しきることができる360度の世界がこのカメラの先に広がっているのです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

360度撮影可能

theta-sc2

周囲180度の範囲を映せる魚眼レンズが前後に2つ付いているのが最大の特徴です。

表面180度+裏面180度=360度の範囲を映すことができます。撮影後自動でスティッチング(2枚の画像を合わせること)され全天球360度の写真が撮影できます。

前も後ろも一枚の写真に収めることができるので、絶景や人の多いシチュエーションでは非常に楽しいカメラです。

ワンボタンでお手軽撮影

RICOH THETA Z1 レビュー

THETAの中で一番大きなZ1ですら片手の中に納まるグリップの良いサイズ感。

そして中央のボタンを1回押すだけで360度の写真を撮影できます。

数ある360度カメラの中でも手軽に360度写真を楽しむならTHETAがベストでしょう。

ぐりぐりと動かして楽しい

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

360度カメラの何が楽しいって撮った後にぐりぐり動かせるのが一番楽しいです。

回してみたり、引いてみたり、寄ってみたりと思うままに動かすことができます。

好みの止めた位置で静止画として書き出すこともでき、超広角な写真として使うこともできるのも便利なところです。

スマホに簡単転送でシェア

THETA全機種でスマートフォンとWi-Fi接続が可能で、専用アプリを使うことでライブビュー撮影や撮影モードの細かい設定、撮影した写真の転送などがすぐに行えます。

 

theta リトルプラネット

「THETA+」というアプリを使うと見たままではない、さらに不思議な写真を作り出すこともできます。

インスタグラムで使われるTHETAの写真はこのアプリのリトルプラネットという小惑星風なモードで作られたものが多いです。

正方形の写真との相性が良く、インスタとの相性が良いからでしょう。

スポンサーリンク

THETA SC2

内蔵メモリ 約14GB
有効画素数 約1200万画素(x2)
撮像素子 1/2.3(x2)
静止画解像度 JPEG:L:5376×2688
M2048x1024
1回の動画記録時間 最大3分
ISO感度 静止画:ISO64~3200
動画:ISO64~6400
外部インターフェース microUSB:USB2.0
Bluetooth
重量 約104g
カラー ・ホワイト
・ブルー
・ベージュ
・ピンク

旧モデルSCからグレードアップしたエントリーモデル

内蔵メモリも8GB→14GBへと増量し、容量への心配が減っているのも嬉しい点。

他にも4K動画対応、Bluetooth接続、プリセットモード対応など大幅に性能アップしたSC2は上位機種と比べてもTHETAを存分に楽しめ、カジュアルに360度写真を楽しめるカメラでしょう。

好みに合わせてポップな4色の本体カラーから選ぶことができるのもSC2魅力です。

 

thetaSC2 自撮り棒 三脚

自撮り棒や三脚と合わせることで観光地やアウトドアシチュエーションで気軽に使っていくのが楽しいSC2。

4K動画が撮影可能になりましたが、最大3分しか撮れないこと、容量が14GBで動画には物足りないこと、マイク性能の低さで動画に向いた機種とは言えないのも事実。そのため写真メインで楽しむ方にオススメなのがSC2です。

そしてV、Z1はandroidベースのOSが積まれていてプラグインを使うことで拡張性を出せますが、SC2ではプラグインを使えません。

その代わりSC2は1.5秒高速起動で撮影開始できるメリットがあります。

良くも悪くも“手軽に”を重視しています。そのためスマホのみで使いきることができ、パソコンと繋ぐ必要もありません。

最もコスパが良く、気軽にTHETAで360度写真を楽しんでみたいならこのSC2がベストです。

THETA Z1

内蔵メモリ 約19GB
有効画素数 約2000万画素(x2)
撮像素子 1.0型(x2)
静止画解像度 JPEG,RAW:6720×3360
1回の動画記録時間 4K5分,2K25分
ISO感度 ISO80~6400
外部インターフェース USB Type-C:USB3.0
Bluetooth
360度空間音声記録(4ch)
ライブストリーミング
リモートレリーズ
ジャイロセンサー
プラグイン対応
重量 約182g
カラー ・ブラック

最上位モデルのZ1。

1型センサー採用・RAW撮影可能・シリーズ初液晶パネル搭載・マグネシウム合金製・絞り機能といった他のTHETAとは一線を画すハイグレードで高画質なカメラです。

またシリーズ唯一Type-Cを採用しているのもポイント。

 

theta z1

動画性能はVと同程度ですが、センサーサイズの違いでよりキレイな動画に仕上がります。

静止画はRAW撮影ができ、Adobe Lightroomと専用プラグインを使うことで現像+スティッチングすることができ、より画質にこだわった360度写真を作り上げることができます。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

センサーサイズのおかげでより暗所に強くなり、日没後の景色や星空撮影でも力を発揮してくれます。

欠点をあげるとするならその値段の高さ、そしてmicroSD非対応なことでしょう。

THETAは全機種内蔵メモリのみで、外付けに対応していません。データサイズの大きなRAW撮影が可能なZ1は特に容量が厳しく、RAW+JPEG撮影では19GB容量で350枚ほどしか撮ることができません。

それでも360度RAW撮影できるZ1は他とは比べられない機種でもあります。

THETAで作品作りをしたい方にこそ使ってもらいたいのがZ1です。

スポンサーリンク

THETA V

内蔵メモリ 約19GB
有効画素数 約1200万画素(x2)
撮像素子 1/2.3(x2)
静止画解像度 JPEG:5376×2688
1回の動画記録時間 4K5分,2K25分
ISO感度 静止画:ISO64~3200
動画:ISO64~6400
外部インターフェース microUSB:USB2.0、MIC端子
Bluetooth ×
360度空間音声記録(4ch)
リモートレリーズ
ジャイロセンサー
プラグイン対応
重量 約121g
カラー ・ブラック

SC2とVの中間に位置するミドルグレードのTHETA V

SC2に比べ動画性能が高く、撮影時間が3分→5分に、360度4chマイク搭載で音質アップ、ジャイロセンサーの手振れ補正付きです。容量が14GB→19GBなのも嬉しい性能。

またプラグインを使えるのもVの特徴。前後時差撮影や単レンズ撮影などユーザが作る豊富な拡張機能でTHETAの楽しさを倍増させてくれます。

静止画の画質はSC2と同じなため、動画はあまりとらない、必要最低限で十分ならVの魅力が薄れてきます。

Z1が発売されるまでは最上位グレードだったVなためTHETAを過不足なく楽しむことができるのがVです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

THETA比較表

THETA Z1 THETA V THETA SC2
ここがイイ! ・ハイエンドモデル
・RAW撮影可能
・1型センサー
・絞り機構で解像感UP
・モード確認パネル搭載
・マグネシウム合金
・ミドルエンドモデル
・4chマイク搭載
・ライブストリーミング対応
・ランプでモード確認可能
・エントリーモデル
・電源ONから
約1.5秒で撮影可能
・4色のカラーバリエーション
・モード確認パネル搭載
定価 ¥129,250 ¥57,750 ¥36,800
発売日 2019年5月 2017年9月 2019年12月
内蔵メモリ 約19GB 約14GB
有効画素数 約2000万画素(x2) 約1200万画素(x2)
レンズF値 F2.1,3.5,5.6 F2.0
撮像素子 1.0型(x2) 1/2.3(x2)
静止画解像度 JPEG,RAW:6720×3360 JPEG:5376×2688
撮影可能枚数 静止画:RAW約350枚
JPEG約2400枚
動画:4K約40分
静止画:約4800枚
動画:4K約40分
静止画:約3000枚
動画:4K約32分
電池寿命 静止画:約300枚
動画:約60分
静止画:約300枚
動画:約80枚
静止画:約260枚
動画:約60分
動画撮影サイズ 4K(3840×1920)
2K(1920×960)
1回の動画記録時間 4K5分,2K25分 最大3分
動画解像度 4K,H264:3840×1920/29.97fps/56Mbps
4K,H265:3840×1920/29.97fps/32Mbps
2K,H264:1920×960/29.97fps/16Mbps
2K,H265:1920×960/29.97fps/8Mbps
ISO感度 ISO80~6400 静止画:ISO64~3200
動画:ISO64~6400
シャッタースピード 静止画:1/25000秒~60秒
動画:1/25000秒~1/30秒
外部インターフェース USB Type-C:USB3.0 microUSB:USB2.0、MIC端子 microUSB:USB2.0
Bluetooth ×
360度空間音声記録(4ch) ×
ライブストリーミング ×
リモートレリーズ ×
ジャイロセンサー ×
最短撮影距離 約40cm 約10cm
外形・寸法 48mm(幅)
×132.5mm(高さ)
×29.7mm(奥行き)
45.2mm(幅)
×130.6mm(高さ)
×22.9mm(奥行き)
重量 約182g 約121g 約104g
カラー ・ブラック ・ブラック ・ホワイト
・ブルー
・ベージュ
・ピンク

価格帯からもわかる用途の違いでZ1は別格な存在と言えます。

もちろん誰が使ってもいいカメラですが、よりハイクオリティな写真を撮ることができるため、写真好きでカメラ好きな人が選ぶであろうカメラです。

特に1型センサー、RAW撮影がポイントとなります。Z1を選ぶ人なら説明しなくても言葉の意味がわかっていることでしょう。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

悩むので多いのはSC2かVかということでしょう。

ポイントは動画を撮るかどうかです。

もしTHETAで360度動画を積極的に撮りたいのなら動画性能に優れるVにしておくべきです。

反対に動画はあまり撮らないと思う、見た目のカラーが大事、静止画メイン、安いほうが良いならSC2がベストです。

THETAを楽しむという意味ではSC2が最もカジュアルに身構えずに楽しめるカメラであると思います。

Z1→THETAで作品作りまでしたい人向けの高画質カメラ

V→静止画はもちろん、動画性能が高く、動画を撮りたい人に選んでほしい

SC2→カラバリ豊富で最安価、スマホとTHETAで手軽に360度を楽しみたい人向け

まとめ

アウトドアをしていると見渡す限り絶景というシチュエーションが多くあります。

そんなときに周囲全てを映せるTHETAがあると楽しさは膨れ上がります。

また観光や旅行の思い出用としても楽しいカメラです。友人や家族との思い出を360度で残すのもいいですね。

是非自分にあったRICOH THETAを選んでみてください。

 

ぼくがTHETAで撮影した写真と動画は公式のTHETA360から見ることができますよ。

 

絶景テント写真が撮れちゃう!キャンプ用のカメラにはミラーレス一眼がオススメな理由!
キャンプの写真いっぱい撮ってますか?朝昼晩と一日中外にいるキャンプでは様々なロケーションで写真を撮ることができます。そんな最高のロケーションの中で大好きなキャンプギアに囲まれた自分のサイトの写真を撮るのが楽しくないわけないんですよ!サイコーですよほんと!写真を撮るときにスマホでもいいですが、ミラーレス一眼があればさらに凝った写真を撮ることができるようになります。ミラーレス一眼がオススメな理由、スマホでは撮れない写真が撮れる理由、オススメのミラーレス一眼を紹介していきます。
高画質360度カメラTHETA Z1をアウトドアで使用したレビュー!
全天球360度カメラのTHETAの中でもフラグシップモデル『Z1』。画質や動画性能が上がるだけでなくRAW現像もでき、作品作りという意味で360度写真を楽しめるカメラです。今回は1ヶ月と少しアウトドアフィールドでTHETA Z1を使って撮った写真とSC2との違いを交えてレビューをしていきます。
【レビュー】360度全天球カメラRICOH THETA SC2を使って遊んでみた!
アウトドアでは360度自然で180度映せる対角魚眼ですら全部写しきれないことも多いです。それがこのTHETAなら一度のシャッターで周囲のすべてを写すことができます。撮った写真をスマホにも簡単に送り編集してSNSへシェアできるサイコーのアウトドアカメラです。今回はTHETA SC2の使い方と作例を紹介していきます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました