ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

KAMMOKが全天候に対応するオールインワンハンモックセットを発表してるよ!

スポンサーリンク

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

ぼくが使っているKAMMOKというハンモックメーカーがオールインワンなハンモックセットを発表し、Kickstarterで資金を集めています。すでに目標額に到達しているため支援をすれば商品を受け取ることができるはずです。

2019年3月6日に支援を締め切り、4~6月の間に手元に届くとのことです。

英語でちんぷんかんぷんでしたが、グーグル翻訳と動画のおかげで少しわかりました。

ハンモック+蚊帳+タープ+ツリーストラップが基本のセット。かなり良さそうな内容だったのでわかった部分を紹介していこうと思います。

 

↓ハンモック記事もどうぞ

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com

 

 

製品内容

www.kickstarter.com

Kickstarterページか動画を見るのがわかりやすいです。

今までのKAMMOKはハンモック単体やタープ単体、蚊帳単体などの個別製品でそれぞれ互換性はありましたが、今回はそれが最初からセットになっているという部分が注目点です。

 

f:id:zetuenlife:20181228203818j:plain

今までのKAMMOKのドラゴンフライという蚊帳は全体をすっぽりと包むように被せるタイプでした。

メリットは全方位を覆うことができるため背中側を刺される心配がなく、様々なハンモックに合わせることができるところ。

デメリットは設置がめんどくさいこと、サイズが大きく重くなること、下の垂れる部分が地面と干渉するところです。乾いてる地面ならいいですが、雨でぬかるんでるときはちょっと嫌です。

 

f:id:zetuenlife:20190213092239p:plain

出典:KAMMOK

今回のMantisの蚊帳は上のみを覆うタイプです。

動画で見ると蚊帳とハンモックはジッパーで接続しています。そして横に引っ張り広さを出すこともでき、そこが小物入れにもなっています。ただ横に引いてるとヘネシーハンモックっぽいですね。

画像で見た感じギアを吊り下げれるような金具やループがあるので色々つけれるような作りなのですかね。

ただ座ったりするときにハンモックのジッパー部分が痛くならないか、という部分が気がかりです。

 

f:id:zetuenlife:20190213093133j:plain

そして本体とつながっている収納袋の位置がハンモックの横からツリーストラップとの接続位置にきてます。

横にあるときに小物入れとして使ってますがハンモックが傾きのでなんとかならないかなーと思っていて、あまり好きではない部分でした。

 

f:id:zetuenlife:20190213095121j:plain

出典:KAMMOK

Mantisではツリーストラップ部に収納袋がくることで雨水が流れてくるのの防止になるのでは?と思います。

さらにセットの内容を個別に見ていきます。

 

Mantis/MantisUL

f:id:zetuenlife:20190213093739p:plain

出典:kickstarter

ハンモックが2種類あります。

カマキリを意味するマンティスという名前のハンモックでULはウルトラライトの意味だと思います。軽いタイプですね。

大きな違いは生地の厚さとその素材のようです。

・Mantisが40Dナイロンで耐荷重226kg、柔らかくより触り心地の良い生地です。タープ蚊帳などセットで1250g。オートキャンプ仕様

・MantisULが20Dナイロンで耐荷重136kg、通気性と軽量性を重視した生地です。タープ蚊帳などセットで950g。軽量キャンプやハイキング仕様。ハンモック単体で311gかな?

300gほどの違いですが、だいぶ違うはずです。この2種類ならバックキャンプスタイルのぼくはMantisULですね。寒い時期やオートキャンプでの寝心地重視ならMantisでもいいかもという感じ。

超軽量ではないけれど、オールインワンで1kg切るならテントよりも軽いですし、キャンプやハイキングでも実用範囲。用途次第で蚊帳なしやタープなしなど使い分けれます。

ツリーストラップやスタッフサックも素材が違うみたいです。タープは同じかな?

色展開もMantisのほうが1色多いですね。

 

MantisRainFly

f:id:zetuenlife:20190213095933j:plain

出典:KAMMOK

セットのタープです。

おそらく6角形のヘキサ型ですね。ハンモック用と思うとこの形状が最適。

上の画像の木で引いてる2カ所と側面に3カ所ずつで8カ所張り縄をつけれます

タープのサイズは345x223cm重量は360gほど。かなりライトウェイトな作りです。

色もシンプルだし普通にソロキャンタープにしたりハイキングで使いたい!

 

WinterBarrier

f:id:zetuenlife:20190213101123p:plain

サイトに詳細が見つからずほとんどわからないウィンターバリアというアイテム。上の絵のSNOWのやつです。正直ほとんどわからないのですが寒さに敏感なハンモッカーとして何なのか気になってしまいます。

ぼくのおそらくな予測を書きますが参考程度に見てください。

このウィンターバリアは単体だと$69で7500円ほどで販売するようです。金額的に保温材入りではないはずです。

上の絵的にはタープなしで単体で使っている。張り縄が本体から出ていないので蚊帳と付け替えてハンモックを覆うように取り付けるものではないかと予想。

外側の黒面で熱を集め、裏面の銀面で体温を反射してくれるんじゃないかという感じ。

ダウンキルトだと寝袋の中みたいなせまい状態ですが、それと比べて保温して中の広さもあれば快適度が格段に増しそうです。どうなんでしょうか。気になりますね。

 

・追記

Kickstarterのページのコメント欄にウィンターバリアへの質問がいくつかあり、KAMMOKが答えてましたので箇条書きで。

・ウィンターバリアは防風防水性のあるシングルウォールテントのようなもの

・3シーズン用ハンモックを4シーズン用にします。

・風、雪を防ぎ、使用者の熱を利用して周りを温める

・Patagium15DシルナイロンDWRダイヤモンドリップストップナイロン生地(防風防水生地)

・結露防止のベンチレーション

・2カ所の収納ポケット。

・雨雪はタープとの併用がオススメ。

みたいなことがかかれてました。

通気性と防虫の蚊帳に対して、防風防水熱反射をするウィンターバリアという気温で付け替える感じですね。

薄い生地でも内側が銀だったりで熱反射仕様だと見た目以上に暖かくなります。シングルウォールテントだと広く通気性重視のために温まりにくいですが、保温目的のウィンターバリアはすごい暖かくなりそう。アンダーキルトと併用すれば快適な冬ハンモックキャンプができますね!

外の風景が見えなくなり、ハンモック引きこもり状態になりそうですが、寝るときや読書やスマホを見るときなんかは格段に快適になりそうです。

すごいほしい。使ってみたい!Mantis以外での使えるウィンターバリア開発してほしいです。

 

セット

f:id:zetuenlife:20190213095709p:plain

出典:KAMMOK

8つの支援プランがあります。

主にMantisかMantisULどちらかということと発送時期の違い内容物の多さが違います、順番に書いていきますね。

また日本への発送はプラスで$30(約3300円)かかります。

Give Time Outside

・金額$5(約550円)

・KAMMOKのはがき

・KAMMOKのデカール(ステッカー的な転写シート)

 

KAMMOKがんばって!応援してるよ、的なプラン。

 

Mantis・April 2019

・金額$185(約20500円)$44 OFF

・Mantisセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・色が

・4月に届く

 

Mantis UL・April 2019

・金額$215(約23700円)$ 44OFF

MantisULセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・色が

・4月に届く

Mantis・June 2019

・金額$189(約21000円)$40 OFF

・Mantisセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・色が4色から選べる

・6月に届く

Mantis UL・June 2019

・金額$219(約24200円)$40 OFF

MantisULセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・色が3色から選べる

・6月に届く

Explorer'sKit・June 2019

・金額$295(約32600円)$58 OFF

・Mantisセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・マグカップ

・ツリーストラップ延長ストラップ

・ポストカード

・6月に届く

 

Ultralight Explorer'sKit・June 2019

・金額$325(約35900円)$58 OFF

・MantisULセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

・マグカップ

・ツリーストラップ延長ストラップ

・ポストカード

・6月に届く

Four Season Camp Kit June 2019

・金額$495(約54740円)$177 OFF

・Mantisセット(ハンモック+タープ+蚊帳+ツリーストラップ+ペグ+スタッフサック)

 

Mantis Winter Barrier(冬用のなにか)

・Puffin Camp Pillow(ダウンまくら)

・Firebelly Trail Quilt(750FPダウンブランケット、224x138cmアンダーキルトにも使用可能で708g)

・6月に届く

 

オススメ

個人的には「Manteis UL・April 2019」か「Four Season Camp Kit June 2019」 が候補かなと思います。

ハンモック泊をこれから始めようと思う方で冬想定しない人ならMantisULセットで、冬用もハンモック泊がしたい!という方はアンダーキルトやウィンターバリアついた4シーズンキットがオススメですね。
 

↓KAMMOK公式サイト

kammok.com

 

まとめ

KAMMOKは少し高いですが、永久保証がついていて最高の寝心地を提供してくれます。それにキャンプ場で他人と被ることはまずないというところもオススメポイントです。

3月6日までだとだいぶ安く買うことができます。これからハンモック泊を始めたい方にはオールインワンでオススメのセットだと思いますよ