ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

冬キャンがしたい!北海道の冬に営業してるキャンプ場を調べてみた!

こんにちわ、ぜつえんです!

だいぶ寒くなってきて冬季休業のキャンプ場が増えてきてましたね。

でもキャンパーなので冬もキャンプがしたいです!

というわけで冬も営業をしている北海道のキャンプ場を紹介していきます。

調べ漏れなどがあるかもしれないですがそのときはごめんなさい。知名度低いキャンプ場はいいことです。

www.zetuenlife.com

 

 

エルム高原

公式サイト

北海道で冬営業しているキャンプ場の中で一番オススメなのがここエルム高原です!

ぼくも毎年雪が積もるとエルム高原に出没するようになります。

f:id:zetuenlife:20181030102050j:plain

なんといっても500円という利用料の安さと徒歩圏内に温泉があるのが魅力!

札幌市内から冬でも2時間弱というアクセスの良さも何度も行ってしまう理由ですね。

冬季は管理棟の横のサイトが除雪されていて車を止めてすぐ横にテントを設営できるようになってます。

車を止めて少し歩いて林間サイトや上の段の広場まで行くのも有りです。人のいるときやふわふわの雪に張りたいときなどはそれもいいでしょう。

f:id:zetuenlife:20181030102103j:plain

またエルム高原は見晴らしが良いので空が広く見えます。そのため日の出や夕陽もキレイに見ることができます。

光害が少ないので夜は星を見るのにも向いています!

f:id:zetuenlife:20181030102845j:plain

初めての冬のソロキャンには行きやすいのでオススメです!

山側で標高が少し高く積雪が多い地域なのと除雪があまりされていないこともあるので、スコップは絶対忘れないようにしましょう。

 

ファミリーパーク追分オートキャンプ場

あびら町公式サイト

↑町の公式サイトです。フリーサイト1泊1000円です。

昨シーズンから冬営業が始まったキャンプ場!

名前が長いのでぼくは「追分キャンプ場」って呼んでます。

半面はゴルフ場という変わったキャンプ場で、広大なサイトが魅力です。

暖かいシーズンは犬連れキャンパーに人気があります。

f:id:zetuenlife:20181030102122j:plain

まだ冬営業期間にいったころがないのですが今シーズンは一度行ってみたいですね!

今年の3月の残雪期に行ったときは雪解けでべちゃべちゃサイトで地面に座った時にすごい濡れてしまいました。

f:id:zetuenlife:20181030102129j:plain

札幌市内からのアクセスが良いのもあるので今シーズンの冬はここに来るキャンパーがすごい多いのではないかと予想してます。

欠点は、公式サイトがないこと、高速道路が近いため走行音が少しうるさいことです。

今年も冬営業してるはずですが初めての方や不安な方は一度連絡してみると安心できると思います。

お話好きな管理人のおじさんが出てくれると思います。

 

定山渓自然の村

公式サイト

バンガローやロッジが低価格で利用出来るので初めての冬キャンにオススメのキャンプ場です。

ただ薪持ち込み禁止というところと周りがファミリーキャンパーという状況になりやすいのであまりソロキャン向けではないです。

f:id:zetuenlife:20181030102148j:plain

ただ暖かいトイレやシャワー室もあるため初めての冬キャンで逃げ場がほしいときはいいところです!

f:id:zetuenlife:20181030102154j:plain

そして、おしゃれな見た目のバンガローが安く使え、中にはストーブもあるためぬくぬくキャンプができます。

横にはスクリーンタープやテントも張れるためBBQや一人だけ外で寝るなんてこともできます。

友人や家族で行くキャンプでは定山渓という一応札幌市内ですし、行きやすいところです。定山渓の温泉街では温泉に入ったり雪の中の足湯を楽しむこともできます。

ぼくも去年の家族とのクリスマスパーティーがこのキャンプ場でした!

 

遊び屋コニファー

公式サイト

ずっと行ってみたいと思っているのですが未訪問のキャンプ場です。

札幌から向かって帯広の少し手前にあります。

個人経営のオーナー様が自ら森を開拓して開いた珍しいキャンプ場です。自然豊かなキャンプサイトと気さくなオーナー様のようでキャンパー達との交流も盛んなようです!

自らが好きだからだと思いますが直火ができる貴重なキャンプ場でもあります。

冬に直火ができる。というだけで行く価値があるというものです。

色々な体験イベントなどもあるようなのでやはり一度行ってみたいですね!当然冬に!

いくときはソロでも予約をしておくといいでしょう。

 

アサヒの丘キャンプ場

公式サイト

2015年オープンのキャンプ場です。こちらもまだ未訪問です。

北海道最高峰の旭岳のふもとという最高の自然の中にあるキャンプ場です。

こちらも個人経営のキャンプ場ネイチャーガイドをしているオーナー様が開拓を進めているところのようです。年々サイトが増えて広がっていっているようですがとても情報が少ないです。

サイトごとに直火用の焚火炉があるようです。冬にするまったり直火は寒いほどにサイコーになっていきます!

2017年の冬は水不足で営業できていなかったようですが、今年はおそらく11月~冬営業をしていると思われます。

また完全予約制で7日前までには要連絡です。

 

ニセコサヒナキャンプ場

公式サイト

ニセコの高規格キャンプ場です。

冬期間は暖房代で利用料金が増えるということです。

焚火炉があったり、ニセコという遊びのベースにもいい場所で、最高の羊蹄山ビューなのですが、利用料金の高さとソロキャンパーということで未訪問です。

だれかに誘ってもらえたら暖かいシーズンに行くかもしれないなーというレベルのキャンプ場ですね。

バンガローなどもあるので数人での冬キャンプならオススメですよ!ニセコでスキーも楽しめます!

 

オートリゾート苫小牧アルテン

公式サイト

苫小牧の有名な高規格オートキャンプ場です。

冬期間は利用料半額というのはすごいうれしいのですが、暖房やバンガローが必要ではないソロキャンパーがあえてここに行くことはないので今後も行く予定はないキャンプ場ですね。

太平洋側なので北海道の中でも比較的雪も少なく暖かい地域なので、ソロキャンパーじゃない方にはオススメですよ!

 

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

公式サイト

去年くらいにできたばかりのスノーピークが運営する十勝のキャンプ場です。

雪のない時期は電源サイトなどの区画サイトもありますが、冬場はフリーサイトのみのようです。

冬期間は10張りほどのスペースのみとなりあまり広くはないですが、積雪の多い十勝なので雪遊びが楽しくできそうです。また料金も3000円と高額なのでソロキャンプというよりは1家族のファミリーキャンパー向きですね。

駐車場や管理棟までの導線以外の除雪はしてないためサイトの除雪圧雪はご自身で、と書いてあるのがちょっと好感が持てるのは冬キャンパーだからですかね。なんでも自分でやりたいです!

冬期間は臨時休業などもある可能性もあるため行く前に予約か連絡は必ずいれるようにしましょう。

 

まとめ

年々冬営業のキャンプ場が増えてきて手軽に冬キャンがしやすくなってきています。

ただソロキャンパーとグループキャンパーでは冬キャンでもキャンプ場の選び方が変わるということに自分でも驚きでした。

夏に比べて防寒具が増えるので積載や金銭面でも負担が増えますが夏とはまた違うキャンプを楽しめます

是非一度冬キャンプしてみることをオススメしますよ!

 

www.zetuenlife.com

 

北海道キャンピングガイド 2018

北海道キャンピングガイド 2018