ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

赤いソロテントが欲しくてたまらない僕の赤いテント探し!

こんにちわ、ぜつえんです!

アウトドアの道具を選ぶ基準がという方も多いと思います。

色を統一するとサイトに統一感が出ますし、好きな色に囲まれてのキャンプは最高に気持ちがいいです!

ぼくはもちろんです!レッドです!RED!!目立つしかっこいいし、やる気が出る色です!

新しいテントほしいと思い調べてテンションが上がってきたので、赤いテントの候補をご紹介していきます。

f:id:zetuenlife:20180727224433j:plain

 

 

選んだ基準 

・赤いテントであること

・日本国内で取り扱いがあること

・登山でも使えるレベルの作りであること

この3つが基準です。

登山での使用はできなくもないけど、きっとしない。というのも混ざってるので割とざっくりです。

それなりに軽い作り、というところです。

欲しいモノから順番に並べてますが正直全部欲しいです。

 

【hilleberg】ソウロ

・金額:96,000円

・重量:2.4kg

・特徴:4シーズン対応で風に圧倒的強いヒルバーグのソロテントです。全てが高すぎるヒルバーグですが、夏も冬も山からキャンプまで安心して使えそうで何かの拍子に買っちゃいそうで怖いです。そのくらいほしい!

 

【Bergans】ウィグロLT4

・金額:92,880円

・重量:4.1kg

・特徴:変形ワンポールテントで真ん中のポールと外側にアーチするポールが3本あるので中が広くなり居住性をあげてるテントです。いまだとスノーピークのスピアヘッドやキャンパルジャパンのトレスが似た構造で出てます。

ワンポールテントの狭いという欠点を解消してる画期的な作りだと思います。

北欧産の個性的で色鮮やかで雪の中で使うことを想定された作りにそそります!

ただソロだと広すぎるのと少し重いので2~3人のファミリーキャンプなら良さそう。実物を一度見てみたいです。

 

【MSR】エリクサー3

・金額:46,085円

・重量:2.6kg

・特徴:今年モデルチェンジして前室がペグ2本固定で広くなり、色も白から赤になりました。金額もそれなりに手ごろで何よりかっこよく、2人での登山なら重量的にも実用範囲です。ソロでしか山行かないので関係ないですが。

またインナーテントのみでカンガルースタイルで使うのが快適そうで使ってみたいテントです。

ソロのゆるキャン用に3人用くらいの広さの前室少し広いテントが欲しいと思ってる最近です。その中の第一候補がエリクサー3です。

並行輸入品だと少し安く買えますが保証が利かなくなり修理費用が高くなります。自分で何とかできる方なら選択肢に入ります。

 

【ZEROGRAM】El Chalten 1.5P Tango Red

[rakuten:sakaiya:10080087:detail]

・金額:53,460円

・重量:1.5kg

・特徴:韓国のウルトラライトなメーカーゼログラムのフライとインナーが一体になって設営がスピーディな軽量テントです。

横幅110cmで1.5人用という不思議な表記が目に留まります。ただ広めの一人用で狭めの2人用というところですね。ソロ登山なら良さそうです。

素材が少し薄いのが気になりますが、それなりに強度もありそうで金額的にも初めての登山用テントに良さそうです。

 

【テンティピ】ジルコンLight

Tentipi(テンティピ) ジルコン 9 light

Tentipi(テンティピ) ジルコン 9 light

 

・金額:172,800円

・重量:6.5kg

・特徴:てっぺんを開閉できるため薪ストーブを使いやすいワンポールテントです。ぼくがこれ使ったら完全にグランピング何じゃないかってなるレベルの大型テントですね。でも渋い赤が大人の赤でカッコいいです!雪の中でこのテント立てて薪ストーブでぬくぬくしてみたいです。

 

【NatureHike】名前不明

 ・金額:21,900円

・重量:2.8kg

・特徴:中国産の怪しい中では有名なNatureHikeのテントです。テントの固有名称がわからなかったです。

圧倒的な低価格、広い前室、吊り下げ式のインナー、クロスしたポール構造が特徴です。

ポールが固いとか、通気性が悪く暑いとか、生地の強度が不安とか、細かい不安もこの金額なら許せる範囲と思えてしまいます。

初めてのソロキャンプにはそれなりに建てやすくしっかりしたテントをオススメしたいけど、今自分がキャンプするならこのレベルのテントで十分と思えるグレードです。

冬仕様も想定してスカートついてたらよかったです。

 

【Husky】Fighter

・金額:29,800円

・重量:4.5kg

・特徴:楽天で時々見るHuskyというメーカーのテントです。楽天だと広告がうるさすぎて途中でスクロール諦めるレベルですが、細かく見ると割と良さそうです。ソロなら大きめですが2人ならちょっと広いくらいな大きさのテントです。

耐水圧が6000mmと以上に高く、スノースカートもついていて、前室もそれなりに広いので本当に良さそうです。

個人的に一番の欠点はHuskyのロゴが大きすぎる。あとはデザインがちょっと安っぽいのと少し重いのが気になります。

ただこれからキャンプ始める方の初めてのテントにはいいんじゃない?と思いますよ。

 

【tent-Mark DESIGNS】PANDA RED

・金額:14、904円

・重量:2.2kg

・特徴:こいしゆうかさんプロデュースのソロワンポールテントの火付け役な存在です。建てるのが楽で早く、女の子が初めてのソロキャンプでも使いやすい作りとかわいらしさが魅力です。

個人的にはもう少し軽くしてスノースカートを付けてくれたらよかったです。

とはいえ、現在30%オフでこの金額でこのテントが手に入るのは確実に買いです。

初めてのキャンプ用のテントにオススメです。

 

【BIGAGNES】フライクリークLX2

・金額:45,360円

・重量:1.5kg

・特徴:北米の軽量テントが多く出てるビッグアグネスの2人用山岳テントです。

真ん中が1本で左右が2本に別れた変形吊り下げ式で少ないポールで広い居住性を実現しています。ビビットなカラーと実用的なスペックで初めての山用テントにオススメです。

普通に山で使えるテントですが、逆に言うと可もなく不可もなくであえてこれを選ぶ理由も色くらいしかないテントかと思います。

黄色いラインが微妙なイメージですね。

 

まとめ

物欲キャンパーの新しいテント探しでした。

赤いテントはそこまで多くないですが個人で選ぶには多すぎます。

でも迷ってる時もサイコーに楽しいですよね!

 

www.zetuenlife.com