ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

【レビュー】KAMMOK ROO!包まれる寝心地が最高のハンモック!

こんにちわ、ぜつえんです!

ぼくはKAMMOKのROOというハンモックを使っています。

アメリカのハンモックメーカーの商品なのですが、日本国内ではあまり出回ってないためレビューもほとんどないです。

デザインに惹かれて人柱になったら、寝心地がすごく良いハンモックでテントで寝る回数が減ってしまったほどです。

少し値段が高く、軽量とは言えないのですがそれでもなお包み込まれるような寝心地が最高なのでオススメしていきたいと思います。

 

 

KAMMOK

f:id:zetuenlife:20180830111357j:plain

https://kammok.com/

KAMMOK(カモック)はカンガルーの可愛いロゴが目印のアメリカのメーカーです。

KAMMOKのハンモックはマラリア(蚊)対策として考えられたのは始まりでハンモックを作り始めたそうです。そのため蚊帳やタープやアンダーキルトなどのハンモック周辺道具も非常に充実してます。

売上金の1%は非営利団体に寄付しているというところもいいです。

さらに、生涯保証というのがついていて期間関係なしに保証してもらえるそうです。まだお世話にはなってませんが、商品一つ一つにタグがついていて公式サイトで商品登録をすると保証の対象になります。

送料や修理代金、どこまで修理してもらえるのか英語が読めないのでわからないのですが、生涯と言われると安心感が違いますね! 

 

スペック

f:id:zetuenlife:20180830112758j:plain

ぼくの使っている2人用サイズのROOは旧モデルで、今年モデルチェンジして若干色が変わっていますが性能はそこまで変わらないようです。

 

本体重量:690g

最大容量:226kg(500ポンド)

収納サイズ:直径12x高さ15cm

素材:70Dダイヤモンドリップストップナイロン

撥水:1200mDWRコーティング

f:id:zetuenlife:20180830112945j:plain

サイズ感が27cmx27cmの焼き網があったので比較対象に。

ロールトップ式の収納袋で袋は本体に縫い付けられているためなくすことはありません。またハンモック使用中は飲み物やスマホなどを入れるケースにもなります。

690gで結構ずっしりとした重量感です。しかしテントに比べると圧倒的に軽いですが、そしてこれ単体で使用することはできなくて、ツリーストラップという木に結ぶロープが別途必要になります。

 

f:id:zetuenlife:20180830113233j:plain

360gの専用のツリーストラップを使っていますが基本的にハンモック用ならなんでも大丈夫です。ROOの袋が大きいため一緒に収納することもできます。

セットで重量が1kgジャストくらいになります。まだ普通のテントより軽いですね。

 

f:id:zetuenlife:20180830113349j:plain

頭でっかちでかっこ悪いのが欠点ですね。

ただ本体とツリーストラップをつなげたままにしておくと設営が楽になります。

 

f:id:zetuenlife:20180830113456j:plain

クライミングにも使えるほどの強度のカラビナが付属してます。安心して毎晩体も心も預けることができます。カンガルーロゴかわいいですし。

 

f:id:zetuenlife:20180830113823j:plain

本体の生地は70デニールというハンモックではかなり分厚く頑丈な生地を使っていてダイヤモンドリップストップナイロンという通常のナイロンよりも強いモノを使ってます。

他のパラシュート生地などのハンモックに比べると、伸びない素材なため寝心地が非常に良くなっています。公式サイトにナイフを刺しまくってから寝る動画もあるほどのものすごい強度です。

 

f:id:zetuenlife:20180830114155j:plain

ハンモックには何カ所かギアループがついているため冬用のアンダーキルトや小物をぶら下げるのに使うことができます。

荷物の管理が大変なハンモックだけに助かります。

 

包まれる寝心地

f:id:zetuenlife:20180830114251j:plain

ダブルという2人用のサイズなので大きいです。真ん中に埋まれば左右の生地で上まで覆えますし、斜めに寝ても余裕があります。

横に広いといろんな姿勢を取りやすいので寝がえりもしやすいです。

 

f:id:zetuenlife:20180830115216j:plain

ダブルサイズだと真横に座った時に頭からひざうらすっぽり入ります。

ここから全身ハンモックの中に入ってアグラをかくのがぼくのリラックススタイルです。読書などにいいです。

このサイズ感や座り心地もKAMMOK限定です。

 

豊富なカラーバリエーション

f:id:zetuenlife:20180830114606j:plain

2018年8/30現在でROOは10色のカラーバリエーションがあり、自分のキャンプサイトのカラーに合わせた色を選択することができるのもKAMMOKの強みです。

ぼくがKAMMOKでハンモックを買った理由でもあります。

 

圧倒的耐久力

他の軽量ハンモックだと130kgとかなのに対してです。耐荷重が226kgあります!

大人3人乗って揺らしても問題がなかったですし、子供4人乗せてブランコみたいにゆすってもまるで問題がなかった強度です。

公式サイトでナイフさす動画があるほどですし、耐久力には自信があるのでしょう。

 

他の人と被らない

KAMMOKという日本ではほとんど取り扱いがないメーカーなのでキャンプ場でもまず被ることがないです。

ハンモックを使っている人に会うことすら稀ですし、その中でもさらに希少種です。

日本で使ってるの人は数えるほどなんじゃないですかね。レビュー記事もほぼないですし。

 

eno sub6と比較して

f:id:zetuenlife:20180830115740j:plain

ぼくは160gの一人用ハンモックenoのsub6も持っているのですが、sub6軽くてすごい便利なのですが、時々ですが横から落下します。

寝心地も悪くはないのですがどうしてもROOと比べてしまいます。また薄すぎるので強度も少し心配です。圧倒的に軽いですが。

ROOではまだ落ちたことはないです。横幅が広く包まれる感じになるためです。

なので寝るためだけで軽さ重視のときはsub6、キャンプや歩行距離の少ない時は断然ROOです。

 

豊富なハンモック周辺道具

f:id:zetuenlife:20180830120107j:plain

左から順にタープ、蚊帳、ツリーストラップ、ハンモックです。

ハンモックメーカーというだけありハンモック周辺アイテムが非常に豊富です。

使い勝手や色合いも統一されるのでKAMMOKで全部そろえるとハンモックライフが充実します。

  

f:id:zetuenlife:20180830120257j:plain

蚊帳はすごい伸びるので寝るときに引っかかることもなければまとわりつくこともないです。

それでいて星を見ることもできるので気に入ってます。

 

f:id:zetuenlife:20180830120400j:plain

ハンモック以上に気に入ってるタープはなかなか良い色味のタープでものすごい伸びる素材なこと、張り縄が備えつけで調節がとてもしやすいのでお気に入りです。

大きさもハンモック用ですが、ソロキャンでテント泊の時にも使い勝手がいいので重宝しています。

 

f:id:zetuenlife:20180830120510j:plain

あとは最近購入したギアスリングというのですが、ハンモックの下に荷物を置くスペースを作ることのできる道具です。

荷物の置き場に困るハンモックならではの道具でカラーも同じですし快適さが増します。

 

購入方法

https://kammok.com/

amazonや楽天で購入すると割高になります。

少し手間ですが、公式サイトから購入すると送料を入れても安上がりですし、日本未発売のカラーやモデルもあります。

英語表記ですがgoogleの翻訳を使ってみて行けば思ったより簡単です。

 

初めてのハンモックにオススメな理由

今は、amazonで取り扱われている格安ハンモックから200gを切る軽量ハンモックまであります。

それでもKAMMOKのROOをオススメする理由としては積極的に寝る用に使える寝心地圧倒的強度可愛いカラーバリエーションです!

生涯補償で長く使うことができますし、そもそも普通に使って壊れることのない強度なのがいいです。

 

まとめ

ハンモックがあるとキャンプサイトがオシャレになりますし、雰囲気がいいです。

実用性も十分にあり休憩から睡眠まで使い分けることができるため1つもっておいて損のない道具です。

キャンプがマンネリしてる方は特にオススメできます。
www.zetuenlife.com

カモック(Kammok) ルー ハンモック ゴールドコースト KM0039GC

カモック(Kammok) ルー ハンモック ゴールドコースト KM0039GC