ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

【レビュー】プリムスP-153!キャンプから登山までいける万能選手!

こんにちわ、ぜつえんです!

プリムスのP-153はシングルバーナーの大定番です。

ぼくは登山でご飯を食べるために買った初めての山用シングルバーナーでもあります。

山からキャンプまで幅広く使えるので、これまで使い続けてきたぼくが良いとこ悪いとこ、使える小技と着火装置を外して軽量化したのでそのやり方を書いていこうと思います。

 

 

スペック

f:id:zetuenlife:20180826233641j:plain

・出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)

・ガス消費量:245g/h

・燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)

・ゴトク径:大148mm/小90mm

・収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm

・本体重量:115g(本体重量100g+着火装置15g)

 

特徴

良いとこ

頑丈な五徳

f:id:zetuenlife:20180826234546j:plain

4本五徳があるため安定感がよく重量のあるものを載せて調理することもできる。

ぼくはキャンプの時に8インチダッチオーブンを載せて調理しますがぐらつく感じはあるけど壊れてないですし、普通に使えます。オススメはできませんが。

 

分離したバーナーヘッド

f:id:zetuenlife:20180826234655j:plain

火の出るところが4か所で分かれていて、風が吹いても1か所消えても3カ所は使うことができる。でもお湯の湧く速さは遅くなる。使えはするが、風に強くはない

長所か短所か。

 

収納ポーチ付属

f:id:zetuenlife:20180826234826j:plain

しっかりした作りのロールアップ式のポーチがついてくる。かっこいいし所有欲も満たされます!

 

悪いとこ

強風時は火力がすごい下がる風

長所で風が吹いても使えると書いてますが、使えるだけで火力はすごい下がります。

実用できないレベルでお湯が沸かなくなります。山頂などで使う場合は風防あると安心です。

 

着火装置が速攻壊れる

周りでP-153を使っている人も着火装置壊れている人が多いです。

この機材特有なのかプリムスの着火装置なのかはわからないですが、ほんとすぐ壊れるのでないものと思っていいと思います。

自分でパーツ取り寄せすれば着火装置交換もできますが、無くてもいいものだと思っています。

 

ノーメンテノートラブル

着火装置が壊れるのはトラブルのうちに入らないという認識で行きます。

構造が単純ということもありますが、沸かしたお湯が吹きこぼれたり、重いものを載せたり、冬にテントの外に置いておいたら雪で埋まってたりといろいろ雑に使ってますがノートラブルです。

そして一切手入れはしていません。ノーメンテです。

 

ガス缶の種類の多さ

暖かい時期の平地用のGガス

250G、500Gの2種類

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ノーマルガス(小) IP-250G [HTRC 2.1]

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ノーマルガス(小) IP-250G [HTRC 2.1]

 

 

山などの高所や寒い時期などオールシーズン用のTガス

IP-110、250T、500Tの3種類

IP-110は何も書いてないですが中身はTのタイプと一緒です。

Gは火力出にくいのでぼくは平地でもTタイプを使ってます。

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]

 

 

厳冬期用の

250U

「-20度以上では使わないでください」の注意書きがあるほどの冬山用。

ぼくは使ったことがないです。 

プリムス ウルトラガス 250g

プリムス ウルトラガス 250g

 

 

www.zetuenlife.com

 

小技

ガス缶の下にテープを張る

f:id:zetuenlife:20180826235354j:plain

登山などでクッカーの中にガス缶をいれる時にそこにテープを貼るとクッカーに傷がつくのを防止することができます。

テフロン加工がされてるクッカーだと傷がつくと鍋がダメになってしまうため、保護することをオススメします。

 

ガスの残り容量を調べる

ガス缶は中身が見えないのであとどれくらい使えるかわからない。ということがよくあります。キャンプなら新しいものを持っていけばいいのですが、荷物の減らしたい登山では致命的です。

そんなときの小技というより知識ですが

新品の重量ー空の重量=内容量で調べることができます。

250Tでいくと大体、380g(新品)-150g(空)=230g(内容量)くらいになります。

ざっくりですが、これで残りの使える時間がわかります。

 

ちなみにぼくは耳元で振って音を聞いて判断します。

 

着火装置を外して軽量化

着火装置はどうせ壊れるし、低温では着火しづらいので必ずライターは持ちます。

なら着火装置いらないよね。外していいよね。ということで外してみたらすっごく簡単でした。

f:id:zetuenlife:20180826232346j:plain

着火装置外す前のP-153で、115.1gです。

少し小さめのドライバーが必要になりますが、部分のネジを裏表2つ外します。

f:id:zetuenlife:20180826233337j:plain

ネジを取ると分解できて着火装置は下に引っ張るっととれて、4つのパーツと2本のネジに別れます。

で囲った2つは必要なくなりますので、それのバーナーヘッドと火力調節部分を組み立てネジでつけます。

f:id:zetuenlife:20180826230147j:plain

100gジャストになりました。15.1g軽量化です。

重さ的には誤差みたいなものですがコンパクトになり収納性が向上するのが大きいです。

 

注意点 

必ずライターは持っていく

高所や寒いところにいくと着火装置が付きにくくなります。

着火装置は合ってないものという認識で新品でもライターは必ず持参しましょう。

壊れてへこむくらいなら最初からライターで使う癖をつけてしまったほうがいいです。

 

テント内で使う時は換気する

雨や冬の場合はテントの中で使うシーンが来るかもしれないです。

もしテントの中で使う場合は、安定した場所において火を使っているという認識を忘れずに絶対こぼさないように気を付け、周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。

そして一酸化炭素中毒の危険があるため換気をすることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

P-153は耐久力が高く、(着火装置以外)故障も無いですし、高火力です。

お湯を沸かすだけでなく料理を作るのにも向いているため登山とキャンプを1つのシングルバーナーで済ませたい方にはとてもオススメできるものです。

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー