ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

キャンプ場の種類と選び方!そしてソロキャンパーとして選ぶキャンプ場!

こんにちわ、ぜつえん(@zetuenonly)です!

次の連休はどこのキャンプ場にいこうかな?って悩みますよね。

キャンプの回数が増えるほどにお気に入りのとこも増えていきますが、新規開拓もしたいわけです。

そんな時にぼくがどこのキャンプ場に行くかの選び方を書いていきます。

 

 

キャンプ場の種類

キャンプ場と一言で言ってもいろんな場所があります。

林間サイト

森の中にあるキャンプ場です。

木漏れ日が美しく、日差しをさえぎる木が多いため涼しく、雨にも強いですが、雷は怖いです。木があるおかげで風も比較的弱いことが多いです。

大展望ではないですが自然の美しさといろんな遊びがしやすいオススメのシチュエーションです。

あとハンモックが張りやすいです。

f:id:zetuenlife:20180826093622j:plain

 

湖畔サイト

湖沿いに張れるキャンプ場です。

北海道だと支笏湖や洞爺湖、朱鞠内湖などでカヤックをやる人が多いイメージです。

そしてロケーションが最高なのと子供と水遊びができるため夏場の土日は激混みです。

ぼくは湖畔のキャンプ場が一番好きです。

f:id:zetuenlife:20180727224027j:plain
www.zetuenlife.com

 

芝生サイト

公園のような原っぱで平坦でテント、大きなタープが張りやすく、遊びやすいためファミリーキャンパーが多いイメージです。

BBQだけして帰るデイキャンなどもしやすく選びやすいキャンプ場です。

ただ他キャンパーとの間の視界を遮る障害物が少ない分、ソロキャンパーにはあまり向いてないところでもあります。

張るなら端っこの木陰とか、人目をさえぎるようにテントとタープを張りますね。

f:id:zetuenlife:20180727224003j:plain

 

海辺サイト

海水浴や釣りをセットで楽しめるキャンプ場です。

砂浜なサイトが多くテントを張るのに向いていないのと塩風が強い所が多いため個人的にはあまり好んでいくことのないキャンプ場です。

 

サイトの種類

キャンプ場よってテントを貼れる場所が違います。

フリーサイト

キャンプ場内の決められた範囲なら自由に張っていいというキャンプ場です。

値段も安いところが多く、水辺や森の中、自由に張れます

大人数で場所を取りやすかったり、ソロキャンパーが誰も来ないような端っこに張れたりと個々に合わせて楽しめるが良いところです。

GWや3連休、お盆などは本当にびっくりするほどぎゅうぎゅうになるのがデメリットです。

区画サイト

10mx10mや大体この辺などと仕切られた範囲でテント、タープを張ることができるキャンプ場です。

隣のテントとの距離をしっかり置けてプライベートが保てるので数人で行くキャンプでは選びやすいです。

入場料+駐車料+サイト代など値段が高いところが多く、予約しないといけない場所も多いです。

数人でいけば一人当たりの金額はそこまでなのですが、一人で行くと高くつくためソロキャンパーにはあまり縁のないキャンプ場だったりもします。

 

アクセス面で選ぶ

家から近いというのはその分出発を遅くでき、ギリギリまでキャンプ場にいれるのでメリットです。

そして欠かせないのが温泉の有無です。

テントから徒歩で行けるのと車で数分では別世界です。お酒を飲める飲めないの違いがあるからです。温泉が近いだけで良いキャンプ場と呼べる場所がたくさんあります。

 

天気で選ぶ

天気が良い日はどこでキャンプをしても楽しいのですが、真夏に芝生サイトや海辺サイトを選ぶと太陽をさえぎるものがなく暑さに悩まされるため、木が多いサイトが良いです。

そして夜も天気が良さそうな時は街頭の少ない暗いサイトで星空を楽しめます。

雨の日は林間サイトに行くことが多いです。

木がある分ダイレクトに雨が当たらなくなります。ただ木から水がたれやすい場所にテントを張ると夜通しポタポタと雨の落ちる音に悩まされるのでテントを張る位置はしっかりと選ぶ必要があります。

www.zetuenlife.com

 

遊び方で選ぶ

登山をするときは登山口にあるキャンプ場や近場のアクセスしやすい場所にテントを張ってから登山に行きます。ごはんも簡単なものを準備しておくと山を降りてきて疲れてる時もすぐにごはんを食べれるのがいいです。

ハンモックを張りたいときは行き慣れた林間サイトに行きます。

行く前に大体あの辺の木と木の間に張ろうと思って行くことが多いです。初めてのキャンプ場の場合はテントとハンモック両方持って行ってハンモックが張れなければテントで寝るという方法をとります。

ぼくは持っていないですがカヤックをやる方は湖畔や海辺がいいでしょう。

事前にカヤックOKかどうか調べて行くようにしましょう。

 

ソロキャンパーとして選ぶ

ぼくが一番重視することは静かであることです。なのでファミリーキャンパーが多いとこは自然と避けてしまいます。

林間サイトや芝生サイトのあるキャンプ場の端のほうだと駐車場やトイレ、水場が遠いため人気がなくそんなこと気にしない荷物が1人分なソロキャンパーにはオススメです。あ、ぼくです。

1度に全ての荷物を運べる量にすると自由度が一気に上がります。

端っこの端っこが特等席になってしまい、孤独感すらご褒美な気がしてきます。

www.zetuenlife.com

 

北海道のオススメキャンプ場

良い場所はたくさんありますが、ぼくのよく行くオススメのキャンプ場3選です。

エルム高原家族旅行村

1年間中やってるので北海道でも貴重な冬も来れるキャンプ場です。

温泉が徒歩圏内で、高低差のあるキャンプ場で駐車場の近い芝生サイトと斜面にある林間サイトがある。

駐車場横のサイトは平たんで景色もよく、適度にほかテントとの距離が取りやすいのでオススメ。

林間サイトは斜面というキャンパーには辛い環境ですが、ハンモックキャンパーには至高です。

夏は人が多いため晩秋から初春の利用がメインですが毎年行きます。。

星がキレイに見えるのも良いとこです。

f:id:zetuenlife:20180728001624j:plain

 

www.zetuenlife.com

 

白老ふるさと2000年ポロトの森キャンプ場

f:id:zetuenlife:20180728003424j:plain

 4月~11月までと長期間営業してるキャンプ場です。

テントサイトの奥のほうだと静かにキャンプできるのと薪にできる木が多くあるため、まったり焚火をしながらソロキャンプするのに向いてます。

かなり長い散策路があるのと鳥がたくさんいるためそれ目的で来てる人もいます。

ただクマの出没も多いので散策路を歩くときは鈴などの熊対策をしておきましょう。

去年行ったときはもう水が止まってたり、トイレのシャッターが下りてたりとなかなか経験できないことが多々あるのもここの魅力(?)です。

ここも街頭の明かりがオレンジ色なのが気になりますが星がキレイです。

f:id:zetuenlife:20181019095058j:plain

 

南幌町三重湖公園キャンプ場

ファミリー向けなところなのですが、橋を渡って中州のところにもテントを張ることができ、そこが張る人が少ないため穴場です。

朝日と夕陽が湖越しに見えるのが嬉しいのでついつい行ってしまいます。

ここは野鳥と釣りが有名です。

f:id:zetuenlife:20180728004057j:plain

 

まとめ

キャンプ場にもいろんな種類がありますね。

行く人数や遊び方など何を重視するかで良いキャンプ場というのは変わってきます。

自分に合ったキャンプ場をその都度選ぶことで素敵なアウトドアライフを過ごせるようになれるためいろんなキャンプ場に訪れてみましょう。

www.zetuenlife.com

www.zetuenlife.com