ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

ハンモックキャンプは圧倒的に涼しいので夏キャンプにオススメ!

こんにちわ、ぜつえんです!

北海道も30度を超える日が多くなってきました。真夏ですね。

キャンプシーズン真っ盛りなので土日はキャンプという方も多いでしょう。

でも夏キャンプといえば、ただ暑いです。虫も多いですし。そして暑いです。テントの中は灼熱ですし、日差しが当たり暑くて起きるなんてあるあるですよね。

そんなあなたにハンモックキャンプが最高に涼しくて今すぐ導入すべき魅力を伝えていこうと思います。

 

 

なぜ涼しいのか

そもそもなぜハンモックは涼しいのでしょう?

ぼくの体験した感想としてですが、

テントで寝る場合は地面の上にテントのフロア部分があり、マットがあり、その上で寝ています。なのでまず背中側が蒸れやすいです。

そして、テントだから当たり前なのですが、壁がある分外と空気の流れが少ないです。

ハンモックだとタープはあることもありますが、空中に浮いているので背中側を空気が通ります。周囲も常に空気が循環するため新しい空気に入れ替わるため涼しいという理由だと思っています。

夏でも寒いと思うことがあるほどに涼しいです。

 

素材について

大きく分けてハンモックは2種類の素材のどちらかで作られています(細かくするともっとたくさんあります。)

綿タイプ

・メリット

ハンモックと言われて想像するものはおそらく綿(コットン)でできてるタイプです。

服でもそうですが肌触りの良いのが特徴です。

強度もあり、伸びない素材なので沈み込む感じがなく初めてでもあまり怖くなく使えます。

・デメリット

重たく、コンパクトにならないためアウトドア向きではなく、室内に吊るしたり、庭でハンモックスタンドを使って張るときに向いています。

吸水性がよく汗を吸ってくれるのですが、乾くのが遅く雨でぬれたりすると家で時間をかけて乾燥させなければいけないです。

 

ナイロンタイプ

・メリット

パラシュート生地や○○ナイロンなど最後にナイロンと書いてあるものです。

軽くコンパクトになるためアウトドア向きです。濡れても乾燥が早いのも特徴です。

キャンプで使う場合はこちらがオススメです。

デメリット

慣れてくるとメリットになるのですが伸びやすい生地なので沈みこむ感覚で初めての方だと怖いです。慣れると包み込まれる感覚が病みつきになってテントで寝たくなくなります。

肌触りが綿と比べると良くなく、吸水性もないので汗で若干べたつくような滑るような質感になります。

 

張り方

物にもよりますが、基本的には幅4~5mの木の間に張ります。

木の太さは両手の親指同士、人差し指同士をつなげ、輪を作った時に入るくらいの太さ以上の木が望ましいです。それ以上細いと折れる危険があります。

太い気でも腐ってる木などは強度がないためこちらも危険です。

ツリーストラップ(ハンモックを吊るすロープ)は太めの物だと木にダメージを与えにくくなります。タオルなどで養生するとより良いです。

ハンモックの高さは真ん中に座った時に足がしっかりつくくらいの高さが理想です。

そのくらいの高さだと乗りやすく、椅子として使うことができるようになります。そして落ちた時のリスクも減ります。

 

夏なら蚊帳付きをオススメ

夏に使う場合は虫が多いので蚊帳がついているものだとより快適に過ごせます。

本体の上にだけつけるタイプと本体を覆うタイプがあります。

上にだけつけるタイプはコンパクトで一体型なので張りやすいメリットがありますが、背中側はハンモックの生地だけになりますので虫に刺される心配があります。

 覆うタイプは少し張るのがめんどくさい場合がありますが、全体を包み込めるため虫刺されとは無縁になります。

f:id:zetuenlife:20180727224409j:plain

 

周辺道具で快適に

一気にマニアックな部分になるのですがハンモックには専用の周辺道具があります。

そして、自作することでさらに広がっていきます。

メーカーが出してる専用のものだと蚊帳もその一つなのですが、タープも蚊帳の次に導入すべきアイテムですし、テントを張らずにハンモックで一泊するとなると必須なアイテムとなります。

元から持っているものでもいいですが、ハンモックメーカーが出してるものだと4~5mの木の間に張りやすいタープが出ています。

そして純正でついているものもあるのですが、初めての自作ではロープをオススメします。

ハンモックの上に一本ロープを通すだけなのですが、ここにカラビナなどを付けると物を吊るすことができます。

ザックや靴を吊るすこともできます。

ハンモックはシンプルな分、自作で補えるとこが多いです。

思いついたら自分で作り、オリジナルのスタイルができていくのも魅力の一つです。

f:id:zetuenlife:20180727224433j:plain

 

ハンモック泊にもチャレンジ

まずはテントの横にハンモックを張るところから始めてみて、お昼寝をして寝れることを確信したら、テントなしでハンモックで一泊するハンモック泊にチャレンジしてみましょう。

ハンモック泊をするようになったころにはハンモックなしでは生きていけない体になっていることでしょう。

夏なら寝袋無しでブランケットだけでもいけますし、少し寒い時期なら寝袋とマット、冬ならアンダーキルトという保温道具を使うとオールシーズン使うことができます。

f:id:zetuenlife:20180830114251j:plain

 

まとめ

少しでもハンモックの魅力が伝わったでしょうか?欲しくなったでしょうか?

通販だと蚊帳付き2000円~3000円ほどでも買えます。

初めてのハンモックは1人用ではなく、2人用の幅広タイプが寝心地がよくお勧めです。まずは安いものを使ってみて欲しくなったらもっと軽いものだったり、寝心地のいいものに手を出してみるのもいいでしょう。

そして、スタンド式のハンモックですが寝るというより座ったり休む程度の用途に向いているものなので、ここでは説明しませんでしたが、どこにでも張れるため木のないキャンプ場でも使えるため万人にオススメできるものです。

マンネリ化したキャンプに新しいスタイルとして導入しやすいものでもありますので、今年はハンモックでゆったりお昼寝から初めてみるのはどうでしょうか?

 

www.zetuenlife.com

 

www.zetuenlife.com

 

(Orange) - ENO Eagles Nest Outfitters - Sub6 Hammock

(Orange) - ENO Eagles Nest Outfitters - Sub6 Hammock