ぜつえんアウトドア

キャンプをメインに登山や外遊びのあれこれを書いています。

MENU

雨キャンプで対策をしっかりして泣かないで楽しく乗り切る方法!

こんにちわ、ぜつえんです!

せっかくのキャンプでの雨、嫌ですよね?

ですが自然の中でのキャンプなので雨は切っても離せないものです。

そんな雨の中でも泣かずに済む方法を紹介しようと思います。

 

 

タープは必須

雨の中でのキャンプではタープは必須です。

タープにはいろんな形がありますが、オススメはスクリーンタープかスクエアタープです。

スクリーンタープは4辺を下せるタイプだと雨+風にも対応できるので便利です。

虫も入れないので夏の快適さは計り知れないです。

欠点は、解放感がなくなるのと重いことです。

 

スクエアタープは解放感や軽さを求める方にオススメします。

張り方の自由さ、ヘキサタープなどに比べてタープ下の面積が広いので雨の日は重宝します。

流行りのポリコットン(TC)タープやコットンタープもスクエアタープでの展開が多いです。

コットン系のタープだと火の粉で穴が空きにくいので雨の日でもタープ下で焚き火をすることが可能です。

雨の日のタープは大きいは正義です。快適さが違います。

シワがよっていたりするとそこに水がたまってしまうのでピンの張るようにしましょう。また水が落ちるように角を下げて張るとそこから水が落ちていくようにすることもできます。

f:id:zetuenlife:20180727224143j:plain

 

雨具の準備を

夏でも体が冷えると低体温症になる危険もあります。

なのでしっかりと防水ウェアを着ましょう。

アウトドアショップではいろんな可愛い雨具が売ってます。

上下セパレートタイプだと自由に動ける分テントやタープを立てる作業がしやすいです。

ポンチョタイプは頭からかぶるだけでいいので突然の雨や少しの移動時は便利です。

 

設営と撤収

設営

雨の中で設営という機会は意外と少ないんじゃないか?と思います。

雨降ってる中キャンプに行くもの好きも少ないですもんね?ぼくはいきますけどね。

しかし、キャンプ場について雨が降ってる状況もいずれはあるはずです。

まず張る場所を決めますが低くなっているとこや溝になっている雨の通り道になるところには設営しないことが大事です。最悪テント内に水たまりができることもあります。

そして、雨というのは一見同じペースで降ってるように思いますが強弱があるものです。弱くなった隙に設営をしましょう。

雨具を着込んで、まずはタープを張ります。

テントはタープの下で袋から出してポールも伸ばしできるだけ組み立てます。

そして全速力で建てます。

 

撤収

撤収時はタープを最後にしまうようにます。

テントも畳み、タープの下に荷物をまとめて車に積み込みます。

残りタープだけという状態にしてからタープをたたんで撤収です。

テントとタープ、他濡れてるものはごみ袋があると車が濡れず便利ですので数枚常備しておくと安心です。

 

小規模にする

雨の日は物を散らかすとなくなったり濡れたりといいことがないです。

必要ないものは出さない。使ったらしまう。を徹底することで濡れ対策になります。

オートサイトで車が隣まで来れる場合はテントと車をタープに隣接させると便利で、使用頻度の少ないものは車に乗せたままでよくなります。

サイトの規模を小さくすることで設営と撤収も早く雨の中での作業時間を減らすことができるのであまり濡れずにキャンプできます。

 

あると便利なもの

ごみ袋

先ほども出てきましたが、ごみ袋は濡れたものを分けるのにも使えますし、穴をあけると簡易ポンチョを作ることもできます。

 

折り畳み傘

トイレに行くときや、炊事場に行くときに非常に便利です。

夜トイレに行こうと起きた時に雨で走って行って濡れて帰ってくるのは嫌ですよね?

 

テント用グラウンドシート

夜背中側から雨が浸水してくるのは本当につらいです。

グラウンドシートがあれば汚れ防止だけではなく雨にも強くなります。

テントより小さく張るのがコツです。

 

長靴

芝生など草地を歩くとそれだけで靴はビチャビチャになりますし、雨の中でサンダルを使うと泥だらけになってしまいやすいです。

長靴があれば安心して歩くことができます。

防水のローカットやミドルカットの靴でもいいでしょう。

 

タオル

濡れたモノや撤収前のテント、自分のこともですが濡れたすべてを拭けます。

速乾で絞るだけでほぼ乾くタオルもあるのでそれを使うと便利です。

 

気を付けること

濡れたタープやテントは後日よく乾燥させましょう。

そのまま放置するとカビの原因になります。

カビが生えると完全に取り除くことは厳しいです。

張れた日に外で一度張って乾燥させるのが一番ですが、大変なのでベランダに干したり、お風呂場に吊るして干すのが時間はかかりますが乾かすことができます。

 

まとめ

雨でも快適にキャンプができるようになると幅が広がります。

よりスリリングで非日常な体験ができるというメリットもあります。

しっかりと雨対策をして雨キャンプも楽しめるようになりましょう。

 

ランキングに参加しています。

↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村